つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年12月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2017/08/14 お盆のお客様
2017/08/07 泣いてないよ、ただ・・・
2017/07/30 最近、私、トマトフリーク
2017/07/27 夜の救急車はさながら嵐の中の軽飛行機だった
2017/07/22 料理は小学校一年生並の私

直接移動: 20178 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2006/12/29(金) 顔にあざが!そして天使が〜!
27日はカード講座としては初の
「感謝の食事会」を無事に開催。
神田とはいえ、空間的にもムード的にもゆったりのアンドー
http://r.gnavi.co.jp/g457401/ は
お店の人もノンビリで、飲み放題2時間だったのに
追い立てられもせず、気づけば3時間、
がんがんと飲み、喋っていた。

新しい仕事の展開や卒業生との関りが出来た
感慨深い2006年が終わっていくと思うと、
ついつい飲み、(その前の晩のアルコールも残っていたか?)
結構、酔っ払ってしまった。
帰り道はところどころ、記憶がなく、
気づけば風呂場で転倒し覚醒。(^_^;)
そして翌朝、顔にあざが!!

昨日は今年最後のヒーリング・カフェがあったが
http://homepage2.nifty.com/oneself2001/schedule/healing.html
顔にあざがあるままやった。(^_^;)

村上春樹熱狂的ファンとしては「ねじまき鳥」の
主人公のように顔にあざが出来て、不思議な
新展開が始まっていくと思おう!(無理やりすぎ?)

ヒーリング・カフェでは、
おもいがけずお客様からプレゼントを頂く。
年末の天使からの労いと思い、ありがたく遠慮なく頂いた。
淡い素敵な色合いの素敵なお花。

嬉しくて昨晩からじっと眺めてしまう。
自分の日常生活の中に
このような心温まり、心輝くものたちを
育てていけるような来年にしたいなぁ。
その存在がほどよくまぶしく輝き、心栄えを
暖かくしてくれるもの(人、もの、目に見えぬもの)を
見つけていこう。

今日はこれからバイト先で今年最後のメールチェックに
今から出発。

2006/12/26(火) 私の年の瀬リスト
師走のもろもろの仕事や野暮用がほぼ終焉を迎えてきた。

最近気になっている曲に
平原綾香の新曲「クリスマス・リスト」というのがある。

♪戦争が起きないように
 引き裂かれないように
 時よ感じて
 友達がいて
 正義が勝つこと
 愛は終わらない

ということを「私のクリスマス・リスト」としている。

さて、私のクリスマス・リストならぬ
年の瀬リストは何であろうか?

自分のことばかりの私は、
やっぱり「再発転移しないで、来年も平和な年の瀬を
よい仲間と共に迎えたい」が第一。

このところ、芸能人がバタバタと亡くなり、
同じ頃の入院で同じような症状だった同世代の患者仲間が
来月から骨転移の本格的な治療に入る。
自分のことのように、いやそれ以上に祈りたい気持ちだ。

写真は太極拳教室の仲間、といっても全員、三周り以上
年上の高齢者ばかりの教室で、
あるお年寄りが皆に自主的に配ってくれた干支の置物。

長く生きた人をすごいなぁと思うとき、
それよりも短命だった沢山のほかのものにも
目を向ける気持ちを持っていきたい。

今日はバイト先の忘年会に土砂降りの中、行く。
美味しい韓国料理(恵比寿にあるユンソナがよく来るらしい)店で沢山飲み、大いに食べた。
その後も駅前の立ち飲みワインバーへ行ったせいか、
ほろ酔いで日記が支離滅裂な気がするが、
寝るのがもったいなくて。

明日はカード講座の忘年会で神田のイタリアン。(^_^)/~

2006/12/18(月) 東京すぴこん、ありがとう!
昨日の東京すぴこんは開場前から長蛇の列。
始まると人気のチャネラーさんの下へ お客様が走っていくのを一緒に出典のカード講座卒業生と
共に「ふ〜ん」と思って見ていたが、その後10数分すると我がブースも予約がドンドンと入りだし、
あとはマラソン状態で対面セッションをし、夜になった。

すぴこんの間、隣で我が卒業生が頼もしくセッションをやっているのを見ながら
自分もお客様の話を聞き、幸せの波動が渦巻く数時間であった。(*^_^*)

今回が出典デビューのSさんは「夜、あんまり寝れなかった」 と朝は言っていたが
蓋をあければ堂々とやっていたし、
Nさんは横浜すぴこんから二度目なので 更にぐっと落ち着き、そして自然な笑顔でやっていた。

って、身内のことや自分のことを褒めるのって、
日本では何か恥ずかしいというか、幼稚なことというか、おめでたい馬鹿のように思われているが、
私は断固、言いたいっ! 「我が講座の卒業生、素晴らしかったよ〜っ!」て。(*^_^*)

昨日は昼下がりになると、カード講座の卒業生や知り合いが
お茶や小さなパンなどをガンガンと差し入れてくれた。
こんなによく気がつく人々が私の周りには一杯いて、ありがたいな〜。

最後、集計をしたらすぴこんでのセッションは予測を超えた数をこなしていた。
チラシや資料のプリントを大目に持ってきたつもりが足りなくなってしまった。

その後、昨日は心地よい疲れと共に、いざ、養老の滝へ!
飲み終えてほろ酔いで店を出ると、他のブースで出展していたTさんが
別の飲み屋で打ち上げを終えて帰るところ。どこまでもどこまでも繋がっているね〜。(^_^)/~

すぴこんの「そこに行けば、たのしいんです」というエネルギーを
いっぱい浴びたせいか、今日も結構元気に仕事が出来た。
とはいえ、風邪に気をつけよう。

あといくつかの講座の波を超えてお正月だ〜。(って、まだ先ね)

2006/12/16(土) 書道占いを体験
今日、12月の第三土曜は特別な日、私のがん宣告記念日。
正確には1999年12月18日(土)。7年前の今頃は彷徨って
やっと帰宅し、泣いて泣いていた。不思議な7年の年月。

そんな記念日(?)を前に昨日はすぴこん事務所で
仕事だったので、事務所の隣のビルのギャラリーの窓に
http://www.tokyoartbeat.com/venue/B2902208
「書道占い、1,000円」という文字が前から
気になっていたので、昼休みにやってもらった。

自分の好きな漢字を一文字、大きくわら半紙に書き、
(私は名前の字、「雅」と書いた)
あとはトランス派の画家 村松恒平氏という、不思議な
オジサマが中々素晴らしいリーディング(?)をしてくれた。

何もこちらの情報は伝えないのに
「あなたは生き急いでいる感じがあるが、
あなたには事情があるみたいだからそれでええよ。
子供性がすごく出てきているね。毎日楽しいでしょ。
社長さんとかリーダーみたいな人をサポートして
その下で本領を発揮しているみたいだけど、
それが楽で合っているみたいだからそのまんまでええよ」
というようなことを伝えてくれた。

最後に色紙にその人に合う漢字をプレゼントしてくれる。
私には『会』という文字を書いてくれた。

村松氏曰く「会うの字の中には『云う』が入っているね。
人と会って何か云うのがあんたの仕事ね」とのこと、正に!

さて今日はセルフ・セラピー・カードのお茶会、67回目。
http://homepage2.nifty.com/oneself2001/schedule/healing.html
毎回、見知らぬ方からお申し込みが入り、ドキドキするが
実際お会いしてみると殆ど、どの方も気さくで誠実だ。

実際に会う。会ってみる。話してみる。聴いてみる。
これが大事だなぁ。

会う前に色々と考えたり、その人の会社のHPを見たりすると
頭がグルグルして、どっと疲れてくる。
IT年増、頭でっかちはやっぱり駄目だ。
人っていうのは実際に会ってみないと。
会うとドキドキしたり、息苦しかったり、嬉しかったり。
その苦しさと楽しさの価値を忘れないようにしないとな。

明日も東京すぴこんでいろいろな方と会えますように。
よろしくお願いします。

写真は書いてもらった文字。

村松氏の書道占いに興味ある方は下記を。20日までらしい。
http://www.tokyoartbeat.com/event/2006/B2B8

2006/12/14(木) すぴこん出典&告知
17日(日)のすぴこんは出展者になることにした。
東京すぴこんではいつも事務局をしているのだが、今回は
「当日スタッフの応募も多いし、慣れてきているスタッフも
多いので、たまには出典も」と言われお言葉に甘えることに。

思えば今年は横浜のすぴこんセミナー&出典を皮切りに、
展示会という新分野にチャレンジをすることが出来、
その締めくくりとして12月に
東京すぴこんに出れるのはありがたいことだ。

横浜、仙台、愛媛と3度のすぴこん出典の大きな成果の一つは
20分前後で人間ドラマとシンクロニシティの連続、
という不思議な時間の流れ。

もう一つは卒業生と共に出典が出来たこと。
卒業生が頼もしくカードの対面セッションをする姿を
目の当たりに見ることが出来たこと。

先生であり生徒である、
生徒であり先生であるという、正にその醍醐味。

これからも私は自分の人生の舟の舵が向かうところに
ズンズンとブラボーに進んで行きたい!

下記は17日のすぴこんの告知。よかったらいらしてね〜。
↓ ↓ ↓

【東京すぴこん】 http://spicon.org/ 
12/17(日)大田区産業プラザ(最寄り駅:蒲田)
11時〜19時 入場料1,500円(前売り「ぴあ」1,300円)
出典名「セルフ・セラピー・カードのヒーリング・カフェ」
 3枚並べ1,000円(15分前後)/5枚並べ2,000円(25分前後)
出典場所(4番) http://spicon.org/kaijou_shousai.htm

〜〜〜〜★〜〜〜〜〜
写真はオリジナルのマサコ・カード。
今回もセッションを受けた方、全員にプレゼントします〜♪

2006/12/11(月) ビジョン・マップで来年の準備
9日(土)は雨女としては当然(?)の冬の雨の中を 沢山の方にお集まりいただき、
ワークショップ 「ビジョン・マップ★2006年バージョン」開催。

今年は外会場で一気に大勢でやってみたら 本当に楽しかった。
って、主催の私が楽しんでいた(^_^)/~

30数名が持ち寄った雑誌を私もちょっと拝借し(*_*)、 超特急でで作ってみたのだが、
とっても気に入ったビジョン・マップが出来た。

気がつけばピンクの桜の下地に 「きょうは、どうもありがとう」の文字が…。

自分で作るとはいえ、何か瞑想(?)状態で ぼわーんとして作るので、
気づいたら どこからかの机から勝手に持ってきて出来ていた。

今年の夏はこのワンセルフ流ビジョン・マップを フリースクールの高校生にも実施したのだが、
17年の研修業で色々な形でこれを実施し思うことは、
ビジョン(=将来的展望、実現していく夢)を描いて 人生を歩むコツは、
ビジョン・マップ作りにも 十分に現れる、ということ。

 ↓ ↓ ↓

(1)完璧であろうとしない
(2)まずはやってみようという意欲を持つこと
(3)楽しみながら子供時代に戻った気持ちで取り組む
  (高校生は正味30分くらいで全員、製作できた)(今回の9日WSは何と、小5も参加!)
(4)必ず時間の中で終わらせるコミット(=やると決めること)を持つ
(5)捨て上手になること(沢山握り締めていると訳わかんなくなる)
(6)人の出来を気にしてやっていると、どんどん楽しくなくなる

という感じがするなぁ。

とにかく私のビジョン・マップは 「きょうは、どうもありがとう」という
切り抜きが予期せず、私の手中に降ってきた。

この言葉を忘れずにいこう。

星や月が、太陽と交代し、 東の窓を満たす光に目を覚ます。
そんな毎日の積み重ね、
そんな、きょうの繰り返しを大事にしていきたい。

「きょう」を心の片隅に 真ん中には「ありがとう」を置いて、
キャンサー・サバイバー暦をまた更新していきたい。

明日はまた病院だ。 先月の大きな検査(骨)の結果を聞きに行く。
午後からは聖路加で訪問ボランティアだ! 早朝から忙しい一日が始まるのだ!!

2006/12/03(日) 研修の仕事&秋を満喫
京都、奈良での研修と観光であっというまに日が過ぎている。

今回の研修の仕事は実は高校のクラスメートが
何年か越しで上司に掛け合い、タイミングを熟させて、
予算を取り、実現してくれた合宿研修だった。
その会社は非常に固い会社で、 受講生はほぼ全員私より年上
という、中々スリリングな状況。
クラスメートの顔をつぶしては…、ということもあり、
いつもと勝手が違ったが、やってしまえば、
結局は自分のペースで進み、その後の紅葉の鮮やかさや
帰りの新幹線の缶チュウハイは、感謝の気持ちで格別だった。

バイトも東京での講座も、このために前倒しでやり休みにし、
中学の友人のいる奈良も訪ね、ピンポイントだが、
常々見たいと思った所は見て回れた旅と仕事だった。

今回の研修の簡単な感想が今日、友達からメールで入り、
オジサマ達の評価もおおむね良かった様子。ホッ。(@_@;)

ちゃんと自分を見てくれた人から
けなされもせず、褒められもすぎもせず、
ちょうどよく自分を認めてもらった時が
この仕事では一番うれしいものだと改めて思う。

写真は、京都一のパワースポットと雑誌に載っていた通り、
圧倒的なエネルギーを放って、広大だった下鴨神社。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.