つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年9月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2017/09/19 夜が楽しみ!?
2017/09/16 まだ名付けられてない感情と共に
2017/09/08 白露の明け方の旅立ち
2017/08/30 介護タクシー、初体験
2017/08/27 父のおまるを買いし夕暮れ

直接移動: 20179 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2015/09/28(月) 明日から始動
先週の土曜に再度検査をしてもらい、
肺炎の影はほぼ消えているとのことで
咳はまだまだしぶとく残っているけど、
無罪放免!
だもんで明日から17日ぶりに始動。

明日は大船に。
→ http://ameblo.jp/aroma-lokahi-lomilomi/entry-12050217515.html
宿泊の荷造りが面倒なので日帰りにした。

1日講座の朝はモーニングセットを
どこかで食べてその日の確認を
することにしている。
だから日本全国色んな所のを食べた。
その中で私のモーニングのメートル原器のような店が
明日行く大船の駅ビルにある神戸屋キッチン。
おいしいパンとハム、新鮮なサラダ、
感じの良い店員さん、清潔な店内、ほどよい太陽光。
明朝もきっとここにいるはず。(*^^)v

「おいしい」の感覚の中には
「うれしい」が入っている。
そして今日の私には
「ありがたい」の感覚も入っている。
「おいしい」を追求するときは
「うれしい」と「ありがたい」を考えなはれ。
(何故か関西弁)(#^.^#)

実は昨日は久しぶりりにオフィスまで行って
電車と雑踏を歩く予行練習(笑)もした。
では明日からゆっくり再開しますので
よろしくお願いいたしま〜す。

【補記】
(1)会社のHPを9/25付けで更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(2)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/

2015/09/22(火) 読書という水辺
人はみな水辺を持ち、
そこから何かの意欲をもらっている。

疲れても苦しんでも、
もう一度再生して新しい自分を目指す力の源みたいなもの。

私にとっての心の水辺の一つは
好きな作家の小説を読むこと。

ということで、咳が出るが徐々に回復しているので
積読だった本を読むことに。

それは好きな作家の中の一人、ジュンパ・ラヒリ。
ロンドン生まれだが両親がベンガル人なので
インドと西洋文化の葛藤、混沌を描き出す名手。
読んでいるのは昨夏に翻訳された「低地」。

話はカルカッタ郊外の年子の兄弟のうちの弟が
革命運動に身を投じたため、
両親と身重の妻の眼前の自宅近くの低地で
警官に射殺される、というところから始まる。

お話しとはいえ40年くらい前のインドでは
頻繁に起こっていた出来事。

この出だしはどうしても今の安保法案をめぐるデモを思う。
その表決やデモの是非について私には正直わからない。
どちらの意見もそうだなと思うほど無知な私。
ただ沢山の人がデモに行き、
お子さんも連れてデモに行く若いお母さんたちを見て、
テレビである韓国籍のコメンテーターが
「国会議事堂の前であんなに騒いでも逮捕されない
成熟した日本がうらやましい。
この地球上ではあんなことをしたら
その場で撃たれたり、
家族も逮捕される国がまだまだある。
誰も投石しないし
催涙弾が飛び交わないデモが出来るのはすごいし、
デモ後にゴミが無いのも素晴らしい」
と涙を浮かべて語っていた、

このコメントは今回の長編小説の内容とリンクして
より物語の世界に引っ張って行かれる。

さてまた読書の水辺に戻ります。
ずぶずぶ〜。。。。

【補記】
(1)再開の目途は9月29日(火)の大船での
   ワンセルフアカデミーからを予定。
 
   なお、教材やカードの発送作業は従来通り。
   
(2)会社のHPを9/1付けで更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(3)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/

2015/09/19(土) 大浄化を振り返る夜
体調をこじらせてからのこの10日間、この国も大荒れ。

豪雨水害、遠雷、津波、安保法案、
国技館では座布団がぶんぶん、等々。。。。。

午前は医者に行き、咳の量が減ったので軽い薬に変えてもらい、
まだまだ安静の明日からのシルバーウィーク。

今日は朝から久しぶりの晴天だっだが19時を過ぎたところで
この東京のはずれは天気予報に反して雨が〜!

浄化、浄化の感慨深い小雨の夜。

ここ数日で老け込んで人相が変わった。。。。
髪の毛もずいぶんと抜けた。。。。
体重も数キロ減った。。。。
(今後お会いする方、よろしくです)

まぁ、病気でなくても歳をとるごとにこんなふうに失うものはある。
でも歳を取るごとに得るものもある、と思いたい。
失うものより得るものを多くしたいと思うのが誕生日の晩の宣言(?)。

では、何を?という具体性はまだあまりに頭が回ってなくて。。。。
ここ数日、最低限のメール処理と発送作業のみで、
あとはひたすら寝ているという、脳減る(ノーベル?)レッスン。
と、いつになくダジャレが浮かぶところも
脳の回路が違ってしまったかも。
((+_+))

朝からFacebookにたくさんのお祝いコメント、
ありがとうございます。
m(__)m

返事がなかなか書けなくもどかしいですが
一つ一つ読ませていただいています。

【補記】
(1)再開の目途は9月29日(火)の大船での
   ワンセルフアカデミーからを予定。
 
   なお、教材やカードの発送作業は従来通り。
   
(2)会社のHPを9/1付けで更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(3)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/

2015/09/17(木) カムバックを待つための睡眠
ブログをこんなに書かないのも
おそらくブログを始めて15年くらいの中で初ではないか。

心配してメールをくださる方もいるので
現状報告。

既に「ワンセルフカードの広場」に書いたように
http://ameblo.jp/oneself2012/entry-12073190826.html
今週の月曜に肺炎と診断されてひたすら家でおとなしく療養。
熱はないのと食欲もあるのだけど、とにかく眠たく疲れやすい。

咳がひどくて実は一昨日くらいまで
ここ10日間くらいはずっと座って寝ていた。。。。((+_+))
よく考えればそれでは病状も悪化するわねぇ。。。
反省。
だいぶ咳が収まり横になって寝れるように。

幸い出張と出張の合間。
仕事はお申込みの方々に中止を連絡し
ご迷惑をおかけしたが。。。。。

雨の音を聴きながらひたすら寝た、
この体験をいつか別のところで懐かしく思う日が
またやってくるだろう。

それまでにこれ以外にも
もっと色々なことがあり、私は何度も何度も沈み込むだろう。
勿論よきこともあって、私は何度も何度も有頂天にもなるだろう。

何度も苦しみ、何度も笑い、何度もカムバックする。
そんな日々が待っている気がする。

また寝ます〜。


【補記】
(1)再開の目途は9月29日(火)の大船での
   ワンセルフアカデミーからを予定。
 
   なお、教材やカードの発送作業は従来通り。
   
(2)会社のHPを9/1付けで更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(3)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/

2015/09/08(火) 僧侶でありアカシックレコーダーのつうりさん
1か月前の野尻湖リトリートセミナー
http://ameblo.jp/oneself2012/entry-12058063668.html
が前世のことのように遠い昔に感じるのはなぜだろう?

とにもかくにも楽しく新鮮な体験だった合宿。
そこでの講師の一人、
齊藤つうりさんの本をやっと読了。

つうりさんは山梨にあるお寺の僧侶でありながら
様々な人間探求をなさっていて、
ときにはアカシックレコードセミナーの
講師もしている。

野尻湖のセミナーの中では
10分だったけれどつうりさんの
個人セッションを受けることが出来た。
そこでギョギョ!!(@_@)
私しか知らない2〜3歳の頃のある体験を
話された。
なんで、なんで、それを知っているの〜!
詳細は秘密。(#^.^#)

ちなみにアカシックレコードとは
地球を包み込む情報がぎっしりと
詰まっているネットワークだから
上記の流れも当たり前なのだけど。

さてそんなつうりさんが書かれた本が下記。

『自分探しのアカシックリーディング入門』
 齊藤つうり:著 (説話社)

決して奇をてらわずクライアントの魂の奥底に
迫っていく逐語記録は安定したエネルギーで
読みやすかった。

特に下記が素敵!


”僕がやりたいことって決まっていて。
 
 僕は人が本当の自分に気づくのが好きなんです。
 セッションでも、スクールでも、
 ワークショップでもやっていることはみんな同じ。

 人が本当の自分に気づくことが大好きなんです。”

自分がやっているものを広げて
〜千人〜万人にしたいとか、
自分のやっている〜が一番素晴らしいという
偽スピリチュアルや
ビジネスモード全開の講師に辟易としているが、
つうりさんはまったく違う次元で仕事をなさっている。

さすがこの世界では息の長い第一人者、
ゲーリー・ボーネルさんが認めるだけのことはある。

きっとこんなふうに書いても
つうりさんは飄々と受け流していくわね。
(#^.^#)

蛇足だけど、退院直後の15年くらい前に
せっせと通っていた仏教塾で
なんとつうりさんのお兄様と私はお会いしていたことが判明。
世の中、狭いわね〜。

写真はサインをしていただいた頁。
「宇宙の中心に今、乗りました」という意味だそう。
一生のお守り。(*^^)v

【補記】
(1)会社のHPを9/1付けで更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(2)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/

2015/09/07(月) 学びと長距離レースの関係
週末はTC公式勉強会関係を
午前午後と合計4コマ開催。

一日参加の方や午後から参加の方などいろいろ。
他校出身の方や弊社で学んでくださった方などいろいろ。
初参加の方や久しぶり参加の方などいろいろ。

とにかくいろいろな方がいらした。

私自身、カラーの本格的な学びは
50の手習い。
ある日、TCカラーに出会って、
そこに集まってくる方々のエネルギーに触発されて、
そして何よりも代表のSAIKO先生のあり方に惹かれて、
今日に至る。
始めた当初はすでにカラーで
沢山資格を持っている方に出会うと
正直クラクラしたり、オドオドしたりした。

で、およそ5年経って思うこと。

それは、
「大人になっての学びは長距離レースみたいなものだ」
ということ。
だからどれだけ長い時間を走れるかが重要。

実際のマラソンで考えてみると、
途中で誰かに抜かれたり、
誰かを追い越したり。
でもそういう攻防は大きな時間軸の中ではあまり関係がない。
そんなせめぎ合いより、
自分のペースを守ってゴールを目指すことが大事。
つまり自分のペースをつかむことが
こうしたことの極意ではないかと思う。

自分のペースを守って走って行けば
優勝は出来ないかもしれないけど、
後悔はしないと思うから。

幸いにも週末にいらした方々は
それぞれ家庭や仕事の事情があって
週末でないと参加が出来ないので
弊社や他のスクールでの日程もチェックして
自分なりに学びを続けたい、
と穏やかにおっしゃって帰って行かれた。

そんな姿を見て
またよかったらお会いしたいと思った。
そんな清々しい方たちだった。
ご参加ありがとうございます。

【補記】
(1)TCカラー関係の講座、勉強会は
  http://homepage2.nifty.com/oneself2001/color.html
  (今、10月分まで日程をUP)
  ↑
  初参加用から、
  卒業後の勉強会など様々なものがございます。

(2)会社のHPを9/1付けで更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(3)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/

2015/09/04(金) 終わった出張、これからの出張
広島出張の残務処理もろもろをを終え、
ほっとしたところで、
ふと先の出張がザワザワと気になってきた。

というのも秋は観光シーズンなので
都市部はホテルが多いとタカをくくっていると
シングル部屋は予約が取れなくて
青くなったことがあったから。
その動物的な(?)嗅覚は的中し
神戸は2か月も先なのに
リーズナブルな宿は残室1だった。ホッ。

この勢いで年内出張の宿泊先を探すことにした。
とはいえ結構こういうのに検索して悩んで
時間がかかる私。
さっきやっとすべて完了!

出張は結構好き。
その理由はいくつかあるが
まずは日頃の掃除とか
事務作業から解放されるから。
それに満員電車にも乗らなくてすむから。
そして見知らぬ土地での夕飯、晩酌は
気分転換になるから。

とにかく予約をすべて終えて
それぞれの出張がより楽しみになったなぁ♪

写真はこの前の福岡での一人夕飯。
http://ameblo.jp/oneself2012/entry-12068803000.html
お野菜の日(8月31日で語呂合わせでヤサイ)
にちなんで、そして胃を休める意味も込めて(?)、
焼き野菜。
安かったので1人分と思ったら
2人分くらい出てきた。。。。
しかし完食。(#^.^#)
そしてもちろん、冷えたビールと共に。

先の楽しみがある人は
明日が好きになれる。
ちょっと前の思い出を頬ずり出来る人は
人に優しくなれる。
そんな気がする。

【補記】
(1)年内の出張は下記。
  この期間は発送、メール対応が出来なくなります。
  http://ameblo.jp/oneself2012/entry-12061096836.html
   
(2)会社のHPを9/1付けで更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(3)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/

2015/09/01(火) 原点に戻る気持ち
出張&リフレッシュから無事に昨晩帰宅。
今、雪かき的な留守の間のメール作業中。

そしてそんなふうにお仕事があることはありがたいこと。
m(__)m

毎月1日は会社のHP更新日。
(そのほか、1が付く日、11日、21日前後に主に更新)
そして一言メルマガ配信日。
今月号のメルマガは
「360度回ると元の位置に戻るけど、
でもそれは同じじゃないよね〜」という内容。
詳細→ http://archive.mag2.com/0000079336/20150901090000000.html

広島での講座(ワンセルフ・アカデミー)もそうだったし、
昨日の福岡の卒業生のsalon訪問でもそんな話をしたので
きっと私の今秋のテーマね。
ぴんと来る方はご一緒にこのテーマでこの秋を。(*^^)v

広島&福岡の模様は後ほど「ワンセルフカードの広場」にて。

【補記】
(1)上記の1日の朝に配信の250文字メルマガ
   「ONEパラダイム」は下記にて無料登録できます。
   http://archive.mag2.com/0000079336/index.html
   
(2)会社のHPを本日9/1付けで更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(3)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.