つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年11月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/14 母の日に捧げる名文
2024/05/08 今さらな話が出来る相手
2024/05/05 最高で最強のアサリとひじき
2024/04/24 風が吹き、雨が降り、花が咲く
2024/04/20 真面目な整体院

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2006/11/05(日) 身近なサンクチュアリ
先月の江原さんの講演会に感化されて(^^ゞ
すぐに出雲や伊勢といった日本人の心の屋台骨には
行けないので、「身近な、東京のサンクチュアリ(聖域)
を大事にしよう」を最近の密かなマイテーマ(?)にした。

3日はヒーリング・カフェの後、祭日の午後の空気の
あまりの気持ちよさに、お茶会に参加してくれた友人と
近くの神田明神へ足を伸ばした。
神社に着いたら、早々に結婚式のために篳篥(ヒチリキ
っていうんだと思うんだけど)の生演奏が始まった。
一瞬、テープかと思ってしまうわが身の想像力の貧しさ。
とにかく、宇宙に向かって奏でるようないい音色に
二人でしばし聴き入り甘酒を飲んで帰宅。

4日の昨日は早起きできたので、仕事の前に一の酉の
入谷のお酉さんに行く。

どちらも地域の人が大切にしいるのが、
そこへ向かう商店街からもよく伝わってくる。

神田明神は実は自分は中学が神田だし、仕事のオフィスも
ずっとこの秋葉・神田界隈なのに、4年前の姪の七五三で
初めて行って、場所のエネルギーのよさに
今更ながら感激するお馬鹿さんの私。(@_@;)

どうも私は土地というものの本当の意味を知らないで
生きてきた気がする。

両親は広島を半ば捨てたような形で、東京のこの片隅で
地域の人々とはあまり交わらずに今も生活をしている。
長女である私を地元小にはやらず、私立小に入れた。
とにかく土地のエネルギーというものをあんまり実感せずに
私は大人になってしまったと、今更ながら思う。
常にお金のようなものに頼って生きてきた気がする。

根っこがない。
がんになったとき、スピリチュアル・コーチと呼んでいる
Tさんが「マサコさんの地元で一番の桜の名所に行き、
木のエネルギーをもらおう。どこに行こう?」と言っても、
???の情けない私。
弟が父の後を継ぐに当たって従業員が全く決まらないときも
「地元の祠(ほこら)を詣でるように」と言われても
家族共々全くどこにそんなものがあるのかという状態。

だから簡単に引き裂かれ
枯れてしまう部分があるのかもしれない。

根っこである土地を
慈しむ気持ちをこれからは大事にしよう。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.