つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2023年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/22 大雨の夏至遠足
2024/06/14 丸ごとの幸せ
2024/06/09 夜の銀座
2024/06/02 大変な私と付き合ってくれる人達へ
2024/05/25 銀座で三つのモリ

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2023/04/23(日) 懐かしい仲間との時間
30年前にOLさんだったその人は
(こういう呼び方自体、死語ね:苦笑)
「ジャズ歌手になることが夢」
と語っていた。
起業したての30代だっ私は
笑顔で聞きつつも
内心「フーン」とも思っていた。
(ほんと、失礼な私ね:反省)

でも彼女はちゃんとその夢を実現させて
ジャズバーのようなところで
10数年前から歌っている。

それが気になりつつも
日々の忙しさやコロナのせいにして
そのままにしていた。

昨日は彼女が昼間に
レストランで歌うことを知ったので
やはり昔からのご縁の
Tちゃんを誘って半蔵門へ。

会場のお店には30分前に着いたのに、
既に彼女のファンの人たちが
笑顔でおしゃべりしながら
待っていて大盛況だった。

Qちゃんは堂々とジャズやボサノバ、
昭和歌謡を歌い、
その合間に即興トークもして
生き生きしていた。

一緒に付き合ってくれた
Tちゃんはジャスコ時代から
ご縁が続いている唯一の人。
Tちゃんもセミプロながら、
ユーミン等のカバー曲の
コンサートを歌仲間と
何度も開催している。

歌を聴きながら、
QちゃんもTちゃんも、
そしてこの私も
「いつか」と思っていたことを
長い月日の中で
実現させているんだなぁ、と思った。

そして浮かんできたのは
ずっと前にちらっと読んだ
「こぐまのケーキ屋さん」という漫画。
これは誰でも子供の頃に持っていた
「明日は一体どんな楽しいことをしよう?」
という気持ちで営んでいる
小さなケーキ屋さんの話。

本当は、人生って、
そういうものであるべきね。

今日はあえて「べき」と。

そしてこれは決して
理想論で言っているのではなくて。

誰かのために、
自分に出来ることをする、
みんなの幸せのために。

人生って、ただそれだけ、
そういうものよね。

こんな余韻を楽しみたくて
Tちゃんとは帰る方向が一緒なので
北千住の蕎麦屋の
ほろ酔いセットで乾杯。

昨日はそんな古い仲間とのご縁、
懐かしい思い出、
若い頃の夢を反芻した
豊かな土曜だった。

facebookに3ショットの写真を載せたので
よかったら。
(^^)/

【補記】
(1)4/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)認定トレーナーの開講日程 を3/27付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/

(4)がん体験からの気づきに特化した
   別ブログを4/7付で更新
   http://masako9.cocolog-nifty.com/blog/2023/04/post-a7230d.html

2023/04/13(木) 仰天の朝に
4月は世の中の動きに比例し、
イベント出展のセラピストさんが多いようで
カード注文が増えたり、
認定講座の初開講や数年ぶりの開催、
というトレーナーも多く、
テキスト発送や卒業証書発行といった、
細々した作業が多かったここ数日。

今朝、洗濯物を干していたら
今まで見たことのない
警報の文字がスマホに3回も入った。

「直ちに避難、直ちに避難」
って、何〜っ!?
(*_*;

いやはや、被害が無くて良かった・・・。

こんなことが繰り返されたら、
今にオオゴトになるのでは?。
このイメージだけで恐ろしい。
(-_-;)

気持ちを静めるために
朝食前に少し雑草取りをしようと
庭に出たら小さな白い花、発見。

植えてないのに咲いている、
と3年前に喜んだ鈴蘭とは葉っぱが違う。
http://diary.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/masako-9/?Y=2020&M=4&D=11

スマホで調べたらこれは
「鈴蘭水仙(別名スノーフレーク)」
というみたい。
しばし見とれて鑑賞。

今年は鈴蘭は出てこないようだけど、
それでもこうして植えてもないのに
可愛い花を咲かせてくれる自然のリズム。
それは今日のような日は
ことさらありがたい。

自然の流れだけは、
人間の有様には無頓着に、
前へ前へと進み続け、
花は開き、鳥は囀り、季節は巡るのね。

2020年の春に
鈴蘭を見つけて喜んだ時には
専門家でさえ想定外だった
今の国際情勢のきな臭さや
この国の治安レベルの悪化、
という時代の潮流を思うと
気が滅入ってくる。

でも我が庭には、
それでもぶれずに進み続ける
季節の流れがあることは、
心穏やかになる薬のような存在。

【補記】
(1)毎月1日は一言メルマガを4/1に配信。
  
   バックナンバーはないので
   読み逃した方は
   直近号は下記(2)のHPトップで。

   今月号は「バトンの時代」について。

   まだ未登録の方は
   https://www.mag2.com/m/0000079336.html?l=sih0002de5
  
(2)4/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(3)認定トレーナーの開講日程 を3/27付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/

(5)がん体験からの気づきに特化した
   別ブログを4/7付で更新
   http://masako9.cocolog-nifty.com/blog/2023/04/post-a7230d.html


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.