つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2022年4月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/14 母の日に捧げる名文
2024/05/08 今さらな話が出来る相手
2024/05/05 最高で最強のアサリとひじき
2024/04/24 風が吹き、雨が降り、花が咲く
2024/04/20 真面目な整体院

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2022/04/17(日) 雨の銀座(おとといの話)
金曜は久しぶりに銀座に。

この日は冷たい雨降り。
そして未だに外国人観光客は
殆どいないので
(商店の人達には申し訳ないが)
まことに静かだったので
昔のこの街のことを
ちょっぴり思い出せて
個人的には嬉しい流れだった。

私にとっての銀座は
小学校の頃は田舎出の両親が
大変緊張して
連れて行ってくれたデパート群だし、
高校時代は乗換駅だったので
背伸びして寄り道して鑑賞した
ブティックのディスプレイの数々だ。

さて今回の目的は卒業生の
ゆみさんのミクロモザイクの作品が
ギャラリー展示しているというので
それを観がてら彼女と食事。

ランチは創業70数年なのに
敷居が低い銀座らん月にし、
食後のコーヒーは
今どき珍しい回転扉の
トリコロール本店にて。
すき焼き丼もアップルパイも
すこぶるうまし!

そんな時間の中で
少しは仕事の話もし、
(#^.^#)
共に結構熱心に観ているとわかった
「鎌倉殿」についても語り合った。

それは源氏という集団の
崩壊論理と
三谷大河の着衣の色から
推察する作者の意図について。

お察しだと思うけど
盛って書いているので
差っ引いてね。苦笑。

こうして気が許せる人と
おしゃべりすると
つくづく思うこと、二つ。

一つ、
独力独走で乗り切れる
心の安泰というものはない。
二つ、
不運がないと人はおごるのみ。

最後に銀座さん(?)より
「あなたが再び来る時には
もう少し人出がある街に
戻っていたいわ」。
確かにねぇ。

【補記】
(1)4/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)認定トレーナーの開講日程 を3/276付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/

2022/04/12(火) 猛然と咲いたマンサク
大阪出張でスタートした今月。
(アメブロに詳細)
その後こまごましたことを
していたのもあるし、
実は今日決着が付く筈の
ことがあったので
それを待って
ブログを書こうと思っていた。

しかし結論は出なかった。

それは3/9のアメブロの下のほうに
ちらっと書いたけど
乳がん転移の疑い。

とはいえ腫瘍マーカーは
上がってないし、
近所の乳腺クリニックにも
密かに診てもらったら
「おそらく膿疱でしょ」
とのことなのだが
とにかく慎重を期する我が主治医。

22年のお付き合いだし、
そのおかげで
生き延びていることもあるので
仰せの通りにまた来月、
今度は細胞診。
(;'∀')

だからがっくりしながら
帰宅した私を出迎えてくれたのは
玄関のマンサクの鉢植え。
正確には
シロバナトキワマンサク(白花常葉満作)。

生前母が大事にしていたが、
(春に咲く花なのに)
昨秋は狂い咲きしていたから
もう枯れるのでは?
と思っていたら
このところ猛然たる勢いで
蕾が出てきて
うちに来て10数年の中で
最大の数の花をつけた。

家に入らず見つめていたら
「獰猛(どうもう)」という、
この花には
不似合いな言葉が浮かんできた。

しばしこのクレイジーな美しさに
見惚れていたら
「人間だって同じよ」
と言われているような気がしてきた。

つまり人間も本当はこの花みたいに、
誰でも目には見えないけど
凄い力を持っているんだけど、
本人が気づいていなかったり、
余計な物で隠されていたり。

この大事なことを
我が家の玄関の
小さなのこの木が、
改めて教えてくれたように
感じたので
気を取り直して
夕飯をちゃんと作った。

食べながら
このシロバナトキワマンサクの
花言葉は「不思議な力」
だったことと思い出した。

【補記】
(1)4/1一言メルマガ発行
 『ONEパラダイム』配信

  バックナンバーはないので読み逃した方は
  直近号は下記(2)のHPトップで。
  
  今月号は著名な数学者に学ぶ
  今の時代の生きがいの探究。

(2)4/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(3)認定トレーナーの開講日程 を3/276付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.