つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2021年7月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2021/09/24 銀河からやってきた犬
2021/09/20 天国からの臨時収入
2021/09/18 瀬戸内海のオリーブ園に惹かれて
2021/09/07 大福大名
2021/09/04 赤い食べ物の夏

直接移動: 20219 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2021/07/17(土) メロン
父は生前、なにはなくとも
「好物はメロン」
という人だったが
スーパーで安易に買うと
当たり外れがあることや、
気づくと私も母も
メロンアレルギーになっていて
食べると口が腫れ上がるので
たまにカットしたのを
父のためだけに買っていた。

しかし数年前、
ある人の披露宴の最後に供されて
その香りに我慢できなくなり、
思い切って食べたら
なぜか全然大丈夫になっていた。

という話を友人にしたら
その人の故郷で作っている
メロンを送ってくれた。

折しも7月がお盆の東京で
その前日に届いたので、
珍しく仏壇の前がにぎやかになった。

食べごろは18日と書いてあるが
(↑明日!)
まだ芳香を放つほどではない。

このところ毎朝メロンを抱き上げ
くんくんと鼻を近づけ、
お尻を押し、
はたまた話しかけ(苦笑)、
とまるでメロンという
卵の孵化を待っているよう。

レース刺繍のような
美しい網目を持った大玉なので
相当な高価品と思われ、
これを大人食いするのを
虎視眈々と待つ日々。

彼女は折に触れて
美味しそうなものを送ってくれる。

そのたびにお礼メールをすると
「美味しいのをおすそ分けしたくて」
というような返事が来る。
 
人が人に気持ちを贈る、
ということの尊さ、素晴らしさを、
こうして私はいつもこの友人から
教えてもらっているような気がする。

もう後戻りのできない
アンビバレントなこの世界で、
私達に出来ることは、
ただこうして人間らしい心を送ったり、
育て続けることなのかも。

【補記】
(1)7/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)認定トレーナーの開講日程 を6/27付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.