つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2021年12月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/14 丸ごとの幸せ
2024/06/09 夜の銀座
2024/06/02 大変な私と付き合ってくれる人達へ
2024/05/25 銀座で三つのモリ
2024/05/14 母の日に捧げる名文

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2021/12/25(土) 哀愁のゆず
先日ズーム仕事を終えたら
「ゆず、取りにおいで」と
いつものご近所さんから留守電が。

夕方にもらいに行くが
呼び鈴を鳴らしても出てこない。
家の奥から聞こえてくる
水の音を頼りに
家の外を回りこんでいくと、
92歳のその人は
Gパンをめくりあげて
風呂掃除中だった。

聞けば夏に自転車で転んでから
骨にひびが入った手首は
治ったけど時々痛くなり、
今日は芳しくなくて
ごろごろしていたそう。
けれどやっぱり
洗わないとと思い立って
暗くなってやり出したと言う。

おじさんは奥さんには
先立たれているけど、
30過ぎの孫が同居している。
だから「やらせないと!」
と息巻いて言うと
目をしばたかせて
「それが言えないんだよ。。。」と。
「じゃ、やったげるよ」と言うと
「もう終わったから!」と
少年航空兵だったその人は
突如しゃきっとした声を出す。

そして庭になったゆずを
沢山レジ袋に入れてくれた。
「ゆず大根、鍋、ゆず味噌、
と色々できる〜!嬉しい!!」
と言うと、
「でもお風呂にも入れてね」と。
帰り際にももう一度そう言われた。
は〜い!
(^^)/

今の私にはこんなふうな
小さなやり取りは優しい光のよう。

もらって数日経つけど、
大事に大事に使っている。
台所の片隅でそれは
私の行く道を
照らしてくれているかのよう。

あっ、お風呂には1回だけ。
やっぱりのん兵衛の私は
もっぱら晩酌のお供に。
白菜の浅漬けに入れたり、
里芋の味噌味の
ポテトサラダの
アクセントにしたり、
鶏鍋の最後に絞ったり。

【補記】
(1)一年ぶりにがん関係のブログを
   12/17付で更新
   http://masako9.cocolog-nifty.com/blog/

(2)12/7付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(3)認定トレーナーの開講日程 を11/27付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/

2021/12/16(木) 数年ぶりの映画鑑賞
秋葉原にオフィスがあった頃は
午前と夜しか予約が入らない、
なんていう日は
「これ幸い(?)」とばかりに
銀座まで一人で
映画を観に行っていた。

しかし電車に殆ど
乗らない生活になって、
とんとご無沙汰。
シニア割で観れるのにね。
(;^_^A

そこで「感染者が少ない今!」
とばかりに卒業生の
まどりんと一昨日の火曜は
映画鑑賞に。

彼女の好みも考え、
候補は
1.あな番
2.きのう何食べた?
3.エターナル
4.砂の惑星
5.ミラベル

さて、観たのは?
(#^.^#)






お互いにドラマのファン、
ということで
「2.きのう〜」に。

天気はあいにく
今年一番の寒さという
一昨日だったが
その分街はすいていたし、
帰りに雨は上がっていた。

私の「よい物語」を図る
物差しの一つは
「登場人物達がこの空の下で、
ほんとに暮らしていると、
思えてくる」。

そういう意味でしろさん達が、
この東京のどこかの町の
夕方のスーパーで
タイムセールを探しているような、
そんな気がしている昨日今日。

映画の前に食べた
タイ料理のランチも、
お濠のそばの映画館も、
観終わった後のパフェも、
プレゼント交換のようにして
まどりんから頂いた
ナッツとランチョンマットも
全て素敵で
もうすぐやってくる
22回目の
私のがん宣告記念日を
祝うかのような日だった。
感謝。

【補記】
(1)12/7付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)認定トレーナーの開講日程 を11/27付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/

2021/12/12(日) たそがれ丸の内
(先週のことだけど)
オンラインの仕事を終えて
丸の内へいそいそと。

それはシニアトレーナーの
静岡の美和さんが
上京したので。

夕方前に落ち合って
まずは巡回バスで
暮れていく東京駅付近を見物。
(↑これ10数分ごとに出ていて
 プチ観光にお勧め。
 何より無料!)

コロナ前だったら
ごった返している時間帯だけど
人も車も少なかった。

ビルはライトアップされ、
冬の空気の中で
美しく輝いていたけど、
「地面の時代は
 終わりつつある」とも。

考えてみれば
20数年前の丸の内付近は
特殊で素っ気ないビジネス街だった。
20年後は超セレブ組の
住宅とか公園かも。

さて肝心の美和さんとは
バスを降りた後は蕎麦屋で一献。
その後も別れがたく
珈琲スタントで締め。

互いに持っている気持ちとか、
情報とかを出し合ったら、
私の中で気持ちがほぐれ、
うまく言えないけど
小さなよき変化が起こっていた。
こんなふうな関係、
時間って「最高ね」と
実感した月曜の夜。

【補記】
(1)12/7付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)認定トレーナーの開講日程 を11/27付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/

2021/12/02(木) 銀杏がキラキラしていた日
昨日12/1は明け方まで
土砂降りだったが
日の出と共に
それがうそのようにやみ、
暖かくなった。

パンデミックに
揺れ動いた年の
師走の幕開けの
この天気の展開を
吉兆と思いたい。

さてそんな昨日、
卒業生のM子さんと
これまた卒業生の方が出品している
クラフト展を観に、
六本木の新国立美術館へ。

美術館もすいていたし、
近くを散策して見つけた
ランチも当たりで
久しぶりの牛ステーキ。
(^^)/

朝までの大雨で
街の空気、
美術館のガラス窓、
街路樹等、
何もかもが洗われて
輝いていたような一日だった。

東京が一番素敵に
銀杏で色づく季節。
クリスマス前の
高揚感も出てきて、
一年の中で今が
もしかして
一番好きなシーズンかも。

いつか今日のことを
思い出した時、
2021年の銀杏は
どんな色をしてるんだろうか?

【補記】
(1)12/1一言メルマガ発行
 『ONEパラダイム』配信

  バックナンバーはないので読み逃した方は
  直近号は下記(2)のHPトップで。
  
  今月は「好きを仕事に」が
  長続きするために
  プラスすることは何か?

(2)12/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(3)認定トレーナーの開講日程 を11/27付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.