つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年6月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/01 手帳は未来の扉
2019/11/20 久しぶりのバスチー
2019/11/10 今年も酉の市詣
2019/11/04 イヤミスに嵌り中
2019/10/28 秋をけりけり北千住

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2019/06/21(金) generous(ジェネラス)さん
「もうすぐ一年?」
と地元のスーパーの入り口で
母と仲の良かったご近所さんに
ばったりと会い話しかけられた。

「この前、1周忌を」と伝えると
「お昼まだならランチしない?」
と駅前レストランでお昼をご馳走になった。

思えばこの方は母よりだいぶ年下なのに
母と馬があったようで
父の葬儀には不慣れな私たちを察して
当日即興で受付をやってくれたり、
母の葬儀の時は事前に
遺体安置所にも来てくれた。

久しぶりのハラミ定食を頬張りながら
遠縁のNYのおばさんが
こういう人を
「generous (ジェネラス)」
というけれど
英訳辞書に書いてある
「気前のよい」という意味とは
少し違うと教えてくれたことを
ふと思い出した。

このNYのおばさんも
ふらりと押しかけた30過ぎの私を
色んな形でもてなしてくれた。
そこで恐縮している私に
下記のような解説してくれたのだった。

故KIMIKO女史(←おばさんの名前)曰く、
「generous」の本来のニュアンスは
「自分の持つものを惜しみなく
他人と分かち合う」。

この言葉が今日は身に沁みる。

というのは実は
仕事で大変お世話になった人が
「謎の全身けいれんで入退院を繰り返し
今検査をしている」とメールが来て
弱音を言わない人なのに
珍しく「へこんでいる」とも書いてあった。

そこで先日何か贈ろうと都心に出かけたが
いざ買う時になって
「何か好きなものを贈るのがよいよね」と
「結果が出てからのほうがいいのでは」
の賛否両論が頭の中をかけめぐり、
最終的に「いくら位がいいか」
とケチな私が登場し
何も買わずに帰って来てしまった。。。

今日のランチのお会計を
済ませてくれたW子さんは
「去年ご馳走してもらったから」。
そうだったっけ?
この言葉にちょっと救いがあったけど
ジェネラスさんへの道は遥か遠いわ。

【補記】
(1)HPを6/1付で更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)5/26付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」更新
   https://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.