つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年10月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/01 手帳は未来の扉
2019/11/20 久しぶりのバスチー
2019/11/10 今年も酉の市詣
2019/11/04 イヤミスに嵌り中
2019/10/28 秋をけりけり北千住

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2019/10/28(月) 秋をけりけり北千住
豪雨で雨漏りした我が家の
修繕という野暮用等で
あっという間に日々が過ぎている。

そんな中、1週間以上前になるけれど
中学の時の友人と久しぶりに
北千住で待ち合わせて
ランチ&散策をした。

ランチタイムのドリンクが
アルコールも同じ値段と知ると
即ビールを頼むところは
やっぱり気が合う証拠。
(#^.^#)

昼のビールでポワンとなった頭が思うこと、
それは「友人とは〜」という
堅苦しい定義は置いておいて
(先日行ったムクティ第四章は
 友人の範疇をユニークに広げる内容)
「友達とは
しょっちゅう会ってなくても
そう呼んで構わないではないか」
ということ。

中学生当時はお互いに
東武線沿線だったので
千住は何かと思い出があるので
食後は新旧入り混じる
千住ウォーキングをすることにした。

歩きながら3月に「秋をけりけり」
の詩のことを書いたことも思い出した。

http://diary.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/masako-9/?Y=2019&M=3&D=21
そしてやっと(?)この詩の通り、
「秋に友と散歩だ!」と悦に入る。

散歩をしていると
無理に沈黙を埋めるために
喋らなくてもよいことにも気づく。

あえて言わないこと、
うまく言えないこと。

そういうことのほうが
多いのだということを
つい忘れそうになるのを
古い友との散歩は
気づかせてくれたという
誠に豊かな秋の日曜日だった。

【補記】
(1)HPを10/1付で更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)10/27付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」更新
   https://ameblo.jp/oneself2012/

(4)がん体験をベースにしたブログは
   http://masako9.cocolog-nifty.com/blog/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.