つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年10月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/11/10 今年も酉の市詣
2019/11/04 イヤミスに嵌り中
2019/10/28 秋をけりけり北千住
2019/10/22 赤坂の夜は更けて
2019/10/14 やれやれ、、、

直接移動: 201911 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2019/10/28(月) 秋をけりけり北千住
豪雨で雨漏りした我が家の
修繕という野暮用等で
あっという間に日々が過ぎている。

そんな中、1週間以上前になるけれど
中学の時の友人と久しぶりに
北千住で待ち合わせて
ランチ&散策をした。

ランチタイムのドリンクが
アルコールも同じ値段と知ると
即ビールを頼むところは
やっぱり気が合う証拠。
(#^.^#)

昼のビールでポワンとなった頭が思うこと、
それは「友人とは〜」という
堅苦しい定義は置いておいて
(先日行ったムクティ第四章は
 友人の範疇をユニークに広げる内容)
「友達とは
しょっちゅう会ってなくても
そう呼んで構わないではないか」
ということ。

中学生当時はお互いに
東武線沿線だったので
千住は何かと思い出があるので
食後は新旧入り混じる
千住ウォーキングをすることにした。

歩きながら3月に「秋をけりけり」
の詩のことを書いたことも思い出した。

http://diary.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/masako-9/?Y=2019&M=3&D=21
そしてやっと(?)この詩の通り、
「秋に友と散歩だ!」と悦に入る。

散歩をしていると
無理に沈黙を埋めるために
喋らなくてもよいことにも気づく。

あえて言わないこと、
うまく言えないこと。

そういうことのほうが
多いのだということを
つい忘れそうになるのを
古い友との散歩は
気づかせてくれたという
誠に豊かな秋の日曜日だった。

【補記】
(1)HPを10/1付で更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)10/27付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」更新
   https://ameblo.jp/oneself2012/

(4)がん体験をベースにしたブログは
   http://masako9.cocolog-nifty.com/blog/

2019/10/22(火) 赤坂の夜は更けて
あきのよるは たびを しよう

きっぷも ぼうしも 
かばんも なしのたび

とびらをあければ 
めのまえに ひろがる 
はるかで ちかい あおいくに

そこは わらって はなせば 
じくうも こえる ばしょ

〜〜〜〜〜〜★〜〜〜〜〜〜


気取って書いてみたのは
高校のクラス会が土曜にあったから。
(#^.^#)


アメブロに書いた「終わりは始まり」が
私のこのところのテーマのようで
その続きを味わうような時間だった。

還暦を過ぎてのそれぞれの近況報告は
定年退職、再雇用、
仕事をいずれ畳む算段、体の不調等と
下山の思想そのもの。

でも「それでいいではないか」と
誰もがノホホンとそれを聞いて
あっという間の2時間だった。

会場は高校の敷地の中にある
飲食が出来る会館だったので
(↑昔はそんなものはなかったが)
学校のあった地下鉄の駅の階段をあがって
まっさきに目にする広い道路と
東急系のホテルの外壁のタイルの色と
デザインはあの頃のまま。

だからそれらを見ていると
60歳を過ぎた自分なのに
その中に17歳の私がいるような気になる。

大都会の学校に通っていたのねぇ・・・。
どおりで勉強しなくなったわけねぇ・・・。
(って、それは言い訳だけど
自分は高校からとんと成績が落ちた)

そして学校の下に伸びる
遅刻坂と呼ばれた坂は
土曜の夜なので
ひとっこ一人いなくて
まるで異国の田舎の坂道を
歩ているようだった。

会の後は話したりないメンバーで
ハイボールが売りのお店に繰り出し
ホロ酔いで昔話と最近の世界情勢と
この国の行く末と
米国の離婚裁判事情という
縦横無尽(?)な話をして
赤坂の夜は更けた。

【補記】
(1)HPを10/1付で更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)9/27付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」更新
   https://ameblo.jp/oneself2012/

(4)がん体験をベースにしたブログは
   http://masako9.cocolog-nifty.com/blog/

2019/10/14(月) やれやれ、、、
“大雨に あかんべぇする 神無月”

“長き日や 悲観と深謝 紙一重”


この度の台風で亡くなられた方々に哀悼の意を捧げ、
被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。
 
この19号のことで何件かメールを頂いた。
はい!、私と我が家はお陰様で無事。

とはいえこの前の15号で玄関の上がちょっと雨漏りしたのに
怠け者でそのままにしていたら
ハギビスさん(←怖い名前ねぇ)は許してくれなかった。
土曜の夜中に玄関が水浸しに。

慌てて洗面器やボールを出して
雨だれの音を夜更けに一人聞いていると
昭和の漫画の世界に迷い込んだようだった。

連休があける明日には修理屋さんに電話しないと・・・。
一体いくらかかるのか?
(;'∀')

しかしこのくらいで済んで
感謝しないとならないほどの甚大な被害。

今回の台風で初経験が二つ。
一つは出張が延期に。
もう一つは「ただちに命を守る行動を」と区からメールと電話が。
(@_@)

村上春樹さんの小説の主人公たちは
「やれやれ、、、」とよく言うが
今回の台風で何度かこれを心の中で繰り返した。

そこで気づいたことは「やれやれ」は
完璧なプラス思考ではないけれど
目の前の状況を受け入れるための
第一歩の奥深い言葉ということ。

とはいえもう「やれやれ」は呟きたくない!

【補記】
(1)HPを10/1付で更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)9/27付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」更新
   https://ameblo.jp/oneself2012/

(4)がん体験をベースにしたブログは
   http://masako9.cocolog-nifty.com/blog/

2019/10/07(月) 食べてます、いえ、飲んでますよ〜!
家の電話はめったに鳴らない。
鳴るのは主にセールス。

だから思いっきり不機嫌に出ると
稀に親戚とか、
両親の友人だった人からで
慌てて声のモードを切り替える。
(;^ω^)

その中で言われて嫌なのは
「淋しいでしょ」
「怖くないの?」。

逆に嬉しいのは
「ちゃんと
 ごはん食べている?」。

勿論これを煩わしく感じる人も
いるだろうが
(特に親から)
今の私にはたとえこれが
社交辞令であろうと
心に届く言葉。
それはどんな助言よりも。

はい、食べてます!!
というか正確には
ちゃんと飲んでます!、、かな?
(;'∀')

画像は昨年仙台に
行ってしまった友人が
誕生祝にと送ってくれた地ビールと
夏の陶芸体験の創作食器。

粗雑な性格なので
割る可能性が高いので
週末の夕飯にだけそっと出して
ちょっとだけ自分で作った惣菜を盛り、
あんまり酔っ払わないようにして
(苦笑)
食べ終えたら
即座に大事に大事に洗う。

【補記】
(1)10/12(土)〜10/14(月)は出張のため、
   メールの返信が遅れます。
   https://ameblo.jp/doremero/entry-12532436895.html

(2)HPを10/1付で更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(3)9/27付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」更新
   https://ameblo.jp/oneself2012/

(5)がん体験をベースにしたブログは
   http://masako9.cocolog-nifty.com/blog/

2019/10/03(木) 駆け込みショッピング
増税直前の9月の
下旬のことになるけれど
テレビで報道するほどは
何の行列もない我が町だったが
ちょっと用事があって丸井に行ったら
「マルコとマルオの〜」をやっていて
皆さんの何か買う熱気に感化され
想定外の洋服購入。

まぁ、いいか、
ちょっとした衝動買いが
資本主義の世界を
やさしく回転させるから。
(そう!皆が「もったいない」を
やると資本主義は成り立たない)

それに一つ歳をとった秋だから。
(#^.^#)
(誕生日がいつかは内緒)

それにしても今回普段買わないような
シックな幾何学模様を選んでしまった。
それは8月にたまたま見た番組で知った
リン・スレーターさんの存在。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/4933/2294014/index.html
NY在住の66歳のインスタグラマ―。
65歳まで社会福祉関係の
大学教授をしていたというのも
カッコいい〜!

世界には色んな歳の取り方があるけれど
彼女を見ていると
それは決意と努力によるものだと
いうことがよくわかる。
そして精神のあり方が
大きく関わってくることも
ひしひしと伝わってくる。

足元にも及ばないけど
魅力的に年齢を重ねている女性を
見るのは今の私には結構な喜び。

【補記】
(1)一言メルマガ「ONEパラダイム」を10/1配信
   https://archives.mag2.com/0000079336/index.html?l=sih0002de5

   バックナンバーサイトが無くなったので
   読んでみたい方は10/1号のみ下記(2)のHPで↓

(2)HPを10/1付で更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(3)9/27付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」更新
   https://ameblo.jp/oneself2012/

(5)がん体験をベースにしたブログは
   http://masako9.cocolog-nifty.com/blog/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.