つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2018/11/15 クレンズな日
2018/11/08 話供養と還暦祝い
2018/11/06 たぬきからの手紙
2018/10/29 新しい街と歩む
2018/10/22 100日目指して、あることにチャレンジ中

直接移動: 201811 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2018/06/14(木) ピンクの花と思い出話に囲まれて
昨日の母の告別式会場は
ピンクの花が沢山飾ってあった。

女性だからというのもあるだろうし、
私が葬儀屋さんに「お任せする」
と言ったからでもあろうし、
故人の生前のリクエストで
(「私の出棺の時は
♪泣きなさい〜、笑いなさ〜い〜を かけてね」
とよく言っていたので)
『花』を会場にかけてもらった、
ということもあったと思う。

昨年の父の告別式は晩夏で暑かったし、
男性なのでブルーの花中心だった。
それに比べるとやはりピンクという色は
人の気持ちを和ませるものだと改めて思った。

同じ式は式でも
結婚式は未来を語りあうものだけど、
葬式というのは過去なんだなぁと
控室で集まってくださった方々との思い出話で実感した。

若い時や両親が元気な時は過去しかない葬儀が
じめじめしていて好きでなかったが
昨日はそれがなんか気楽にも感じた。
これもピンク色のカラー効果?

きっとこれからジワジワと淋しさも出てくるのだろうけど。

とりあえず後片付けや事務的な手続き、
地方から出席して下さった親戚のお接待等などで
(今日の午後は都内プチ観光?)
時間が過ぎて行くだろう。

6月に入っての講座はすべて中止していましたが
明日から予定通りに。
(*^^)v

よろしくお願いいたします。

【補記】
(1)会社のHPを6/1付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)5/26付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.