つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年11月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/28 混乱の聖五月を振り返る
2020/05/17 「あなたを見守る」という花が咲く
2020/05/11 女医さんの手作りマスク
2020/05/05 青梅と書いて。。。
2020/04/29 非日常の中の日常雑感

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2018/11/18(日) 秋の恵みをグツグツグツ
「まぁちゃん、柿、いる?」
と名前を名乗らない人が
電話口で言っている。
ああ、近所のおじさんだ。

私のことを「まぁちゃん」と呼ぶのは
ごくわずかの人。
この呼びかけを聞くと
子供の頃に戻るような気持ちになる。

生前母はそこの奥さんと仲がよかったが
そこのおばさんも数年前にがんで亡くなり、
連れあいのおじさんは今年で90歳になるが
ヘルパーも生協も使わず
一人で生活しているしっかり者。

もらいに行くと庭の柿を
おじさんは高枝鋏でざくざくと切ってくれていた
「そんなに一人だから食べれないよ」
と言ったが
「おじさんも一人だし、
カラスが散らかすし」とのこと。

そして「みかんは甘くないけど、いる?」
とも聞いてきたので
「少しだけ」と言ったら
またまたいっぱい切ってくれた。

この町は「東京のマニラ」と
数年前にNHKに言われたけど、
こんなところがいいところだ。
(NHKの「72hドキュメント」で
 このように紹介された:苦笑)

もらった秋の恵みは大分熟していたので
見よう見まねでみかんは果汁を絞り、
柿は刻んで適当に白ワインと黒砂糖で煮て
寒天ゼリーで固めてみた。
色は悪いけど美味しく出来た〜!

だから小さなタッパーに
出来たゼリーの一部を入れて
くれたおじさんのところに持って行った。

今の私はこんなふうに
ただただ暮らしたい。

洗濯して掃除して常備菜を作る。

そんなことをして
ちょっとくたびれた手と頭から
繰り出されることを大事にして
仕事を続けて行きたい。

なんていうことのない
日々のありがたみや、
ここをいつか離れることの
切なさを思い描きながら
暮らしと仕事を続けて行きたい。

【補記】
(1)出張のため11/23〜26は
   メール対応や発送が遅れます。
   → https://ameblo.jp/ayari324/entry-12408341514.html

(2)HPを11/1付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(3)10/27付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」更新
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.