つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年3月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2017/06/20 ヴィンテージ・グラスからのメッセージ
2017/06/15 希望と辛抱のぬり絵
2017/06/08 LIFE is 不安タスティック!?
2017/05/30 ともし火チョコ
2017/05/28 缶詰に囲まれて考えてみた幸せの値段

直接移動: 20176 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2017/03/26(日) 今の私を助けてくれているもの
相も変わらず踏んだり、
蹴ったり、つねったりの日々。
凶の余韻が続く春。
苦笑。。。。

先週の検査で母のがん転移が発覚。
デイケアが先日から
やっと始まったというのに。。。

父は突如腰が痛い痛いとのたうちまわり、
昨秋に続いての圧迫骨折で
昨日は父の介護の申請に行っていた。

そして私はそんなこんなが原因なのか
収まっていた花粉症が数日前からぶり返し
顔がまたまた腫れあがっている。。。。

ふ〜〜〜。。。

ちょうどこんなタイミングで
中学時代からの唯一の友人が
やはり親の介護で嫁いだ関西から
こちらに頻繁に帰っていることがわかり
北千住で息抜きランチをした。
それぞれの状況を
ユーモアを持って話してしばしの憂さ晴らし。

帰宅すると長く来てくださっている
卒業生のM子さんから陣中見舞が届いていた。
ハーブティーや、
虹色に輝く手作りサンキャッチャーに
固まっていた気持ちが解きほぐされていく。

彼女らのようにいつのまにかそばにいた。
そういう人たちの存在が今は一番心和む。

谷底状況の時に勢いよく急に近づいてくる人は
たいてい急に去っていく。
と、17年前の退院時の経験を踏まえて
シビアに思う。

すぐの見返りを期待しないで
静かに自分の出来ることをしている人との絆が
長い年月では一番強い。
(これは会社等でどんなスタッフが
最終的には貢献してくれるか?
ということにも当てはまることね)

とにもかくにも今の私は
古くからの人間関係の存在に助けられている。
その換えのきかなさをひしひしと感じて
なんとかやっている。

【補記】
(1)会社のHPを3/1付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

   ↑

   両親のがんと痴ほうで講座は今休止状態。
   4月から少しずつ再開予定。
   リクエスト受付中。

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/

2017/03/21(火) みんなに訪れるもの
今日は午後から母の病院の付き添いなので
ちょっとした隙間時間。
洗濯も買い物も掃除も雨のせいにして
やらないことに。

部屋で雨の音を聴きながら
母がどこかに行かないかを気を付けつつ、
フェイスブックをチェック。
春の旅行とかグルメ、
そして順調な仕事の様子が満載。
前はそういうのが
ちょっと羨ましかったが
今は「家で楽しめるものはないか」
と思うようになった。

人は慣れる。
慣れてその中で
楽しみを見つけようとする。
それが切ないところであり、
その人を救っていく部分でもあると思う。

母の認知症が晩秋にわかってから
それに関して色々と調べたりしたけど
あまりにくだらない介護本が
多すぎるというのが私の結論。

それはがんになった時も
くだらないがん情報が多い
と思ったのと同じ。
(がんだったらがん闘病記とか
サプリメント情報等)

介護や老化、死といった
右肩下がりのことは
基本的に誰にでも訪れるもの。
本人と周囲にとっては一大事だし、
そうでなくてはいけないのだけれど、
どこかに
「みんなに訪れることだ」という
視点を持っていないとだめだろう。

【補記】
(1)会社のHPを3/1付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

   ↑

   両親のがんと痴ほうで講座は今休止状態。
   4月から少しずつ再開予定。
   リクエスト受付中。

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/

2017/03/13(月) 人生初の凶を引く
(先週のことになってしまうが)卒業生のHさんが
秋葉原まで来てくれたのでランチを一緒にし
ふと思いついて神田明神にご案内。

というのも初詣は行列がすごく断念していたから。
今回お参りをして軽い気持ちでおみくじを引いたら、
なんと、、、人生初の凶!( ;∀;)
正確には半凶。(←というのがあるのね〜)
書いてあったことは主に「じっくり待て」。

気を取り直して参道の天野屋で名物の甘酒を彼女に奢って
げんなおしをしたつもりになったが
あとからジワリジワリと凶のボディブローが。。。

まずは花粉症が悪化し顔まで腫れあがり、
スマホがなぜか電源が入らなくなり、
夜中に足の小指を家具の角にしこたまぶつけ流血。。。

でもやっとこんなふうにカミングアウトして
凶の旅情?に浸ることができるようになった。
苦笑。

こんなときはここで不安になったりさもしくなっても
「日々の暮らしがつまらないものになるだけ」と思うようになると
顔の腫れも随分とおさまり、足の小指の痛みも徐々にだけど回復し、
スマホも動き出した。

怖るべし(?)神田明神のおみくじ。
侮るなかれ、宇宙の摂理、ね。

【補記】
(1)会社のHPを3/1付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

   ↑

   両親のがんと痴ほうで講座は今休止状態。
   4月から少しずつ再開予定。
   リクエスト受付中。

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/

2017/03/04(土) 甘くて辛い日は牛肉
追加で検査をしていた自分のがん検査の結果が出て
無事にすべてセーフ。
(*^^)v

昨秋からスライドしていて
心の隅でずっとひっかかっていたから
霧が晴れたような気分。

そしてそれに合せたかのように
(って偶然なんだけど)
広島にいる従兄が東京出張の合間に
陣中見舞に来てくれた。

だもんでステーキランチを一緒に。

幸せであることと辛いことがないまぜな時は
極上の熟成肉の
あまやかな味が五臓六腑にしみわたる。
(幸せと辛いの字はなんだか似ているわね)

気付くとこの個人ブログはこのところ食べ物の写真ばかり。
苦笑。。。

決してグルメではないけれど、
そして食べ物の写真に流れる日記は好きではないけれど
美味しい物が人の心を和ませる、
その真価を知る日々。

【補記】
(1)会社のHPを3/1付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

   ↑

   両親のがんと痴ほうで講座は今休止状態。
   4月から少しずつ再開予定。
   リクエスト受付中。

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/

2017/03/02(木) 予期せぬことを許すレッスン
外出のたびに母の様子を探るために
自宅に電話をするのが日課になった。
電話口の母は
「どこにも行ってません。
 何も買ってません。
 いい子にしています」
と明るい声で答える。

当初はこれを真に受けて
安心して帰宅すると
私の電話の数分後に出かけていて、
買い物するか、
台所に入り込んで
不思議な味付けのものを作っていて
気持ちがひっくり返っていた。

思い出したのは40年弱前に
一般教養で取った
犯罪心理学の鉄則どおりに
母が行動していること。
苦笑。。。

こんなことの連続で2か月が経った。
だもんで腹をくくりつつあることは
「私の人生はどうも
こうしたトラブルと共に歩み、
このトラブルと共に
生きて行くしかないのだ」
ということ。

最近は急いで帰宅するより
あえて寄り道して
自分自身を意識してノンビリさせている。

昨日発行のメルマガにも書いたが
http://archives.mag2.com/0000079336/index.html?l=sih0002de5
「一番の近道は案外回り道」と
自分に言い聞かせてカフェでノンビリ。

今月は春樹様の新刊をカフェで
読むことにも挑戦(?)してみようかな〜?
(#^.^#)

【補記】
(1)会社のHPを3/1付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

   ↑

   両親のがんと痴ほうで講座は今休止状態。
   4月から少しずつ再開予定。
   リクエスト受付中。

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.