つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年12月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2021/04/04 自家製山椒粉で自己承認
2021/03/28 トマトとタケノコとガス爆発と
2021/03/21 春分の朝、我が家の前に行列!?
2021/03/14 ひと山越えて味わう牛肉弁当
2021/03/09 オレンジ気分

直接移動: 20214 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2017/12/26(火) 心がこもった便りは人を救う
クリスマスが過ぎた今日。
街の雰囲気が一気に年末ムードになってきた気がする。

そんなムードのせいか、
今年のうちにやっておきたいことや
伝えておきたいことが色々と湧き上がってくる感じ。

今年は父の死去に伴い、
それを気遣って何人かの人から手紙を頂いた。
勿論メールも頂いたが手紙は殊更嬉しい。
まず家に帰って来てポストを見た時に
DMに交じっての手描き文字に心が温まる。
読み進める時はさらに心が躍る

このところ、アメブロのほうで
→ https://ameblo.jp/oneself2012/
二回連続で紹介している古い本に下記のような一節がある。


”一週間に一通でよい。

 この三十数億人の人が心をこめた便りを
 必ず誰かに書くようになったら、
 この地球はどんなに緊密になることでしょうか。”

〜by むのたけじ(反戦ジャーナリスト/2016年没)
 『詞集:たいまつ』昭和51年出版(評論社)より〜

これは昭和51年、つまり41年も前に出た書籍だから、
今のような状況はこの作者は想像だにしなかっただろう。

でも根本は変わってない気もする。
メールであろうと手紙であろうと
心からのものは人の心を温め、
すさんだ気持ちを吹き払ってくれる。

今年もというか、今年は特に
たくさんの人の言葉や気持ちに助けてもらった。

ありがとうございます。

【補記】
(1)会社のHPを12/2付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)12/26付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.