つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年11月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/12/03 展望レストランで3人忘年会
2020/11/15 人間じゃないものと仲間に会いに
2020/11/09 お別れは突然に
2020/11/04 何十年も気になっていた赤いロゴと赤い箱とあの香り
2020/10/25 バブリー北千住でたき火のような時間

直接移動: 202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2015/11/18(水) テロ、白血病、祈り、平和
フランスのテロの報道が続き暗澹たる思いの中、
今度は身近なところで昔の卒業生から
白血病で緊急入院のメール。

ネガティブな知らせが続くと「私は何をしたら?、寄付?、お見舞い?」
と揺れる心の振り子を落ち着かせるのは
「癒し」という日本語を創り出したという
ある文化人類学者が若い時に書いた本の中の文章。

それは彼が高校生の時に携わっていた在日韓国人の救援活動で、
そのリーダー格であった高史明氏(作家)に
高校生であった上田氏は
「世界のいたるところに貧困や戦争や自然破壊があるのに
 自分たちは政治犯の活動だけ していていいのでしょうか?」
という疑問をぶつけたら下記のように言われたそう。
 
 ↓

「確かに世界中に限りない問題があります。
 問題があるところには必ずそれをどうにか解決しようとしている人がいます。

 戦争に反対している人、差別をなくそうとしている人、
 そして君たちのように政治犯の救援をしている人。。。。

 でもそれらの人びとはみな違ったことをしているように見えて、
 実は深く繋がりあっているのではないでしょうか。
 
 だから君たちは君たちの出来ることを日々していることで、
 この世界全体と関わっていることになるのです」

 〜上田紀之(東工大学大学院教授):著
  『覚醒のネットワーク』(講談社+α文庫)より〜

とはいえ、だからといって自分のプロフィール写真にトリコロールカラーの
国旗を重ね合わせるというフェイスブックの呼びかけに
ボタン一つで応えることには違和感を感じる私。

日々自分の仕事と暮らしをしっかりやっていくこと、
これが庶民の強さだし、そうした庶民で世の中は廻っているのだ。

さて今晩は明日からの出張の用意をし、明日から初の地、
三河安城!→ http://ameblo.jp/oneself2012/entry-12089909232.html

【補記】
(1)11/19(木)〜11/21(土)まで出張で不在となります。
   発送やメール対応は11/22(日)以降になりますことを
   ご了承ください。

(2)会社のHPを11/13付けで更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(3)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.