つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年5月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2017/11/11 切り山椒を食べながらつらつらと
2017/11/06 何も願わない手を合わせにお酉様へ
2017/11/03 布巾が話しかけてきた?
2017/10/25 雨の日は古い写真がよく似合う
2017/10/22 「淋しいでしょう〜?」は愚問也

直接移動: 201711 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2013/05/25(土) 高視聴率『あまちゃん』に思うこと
読売新聞の先週のTV視聴率ランキングを
たまたま見たら、一位はNHKの連続テレビ小説
『あまちゃん』 http://www1.nhk.or.jp/amachan/ 
だと書いてあった。
そこでここ数日、夜の再放送を初めて見てみた。

軽快な流れ、喜劇、懐かしき1980年代等など。
しかし今一つ、一位、20%越えの要因が???

そこで番組サイトの中の「執筆にあたって」という
脚本、宮藤官九郎さんのメッセージを
http://www1.nhk.or.jp/amachan/info/ 読んでみたら
大いに感じることがあった。

それは一言で言うと
「自分のよいところを知らないままでいる魅力」。
 
仕事柄、ついつい
「自分や組織のよいところを見つけ、それを伸ばす」
というギアだけになってしまう。

勿論このギアは王道なのだけど、
『あまちゃん』の主人公や町の人々は
自分達のよいところを全くわかってない。
でもそれをずっと見ていたい。
画面の前で
「うんうん、あんた、いいとこ、いっぱいあるよ」
と話しかけたくなる。

思えば私の住まいは東京のはずれのありきたりな土地。
でも少し歩くと広重や小林一茶の墓があり、
そして路地裏には古いポストがあり、
豆腐屋のラッパの音が聞こえる。

ビジネス的に考えれば
もっと胸を張って自分や会社の強み
(←この言葉が元々私は苦手(*_*;)や
住んでいる町の美点を言えないといけないのかも。

でも自分で気づいてなくて、
お互いに見つけあいこしていくような、
そんな柔らかい流れがあってもいいんじゃないかな?、
とも思う、ランチ休憩。

【補記】
(1)会社のHPを5/23付で更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(2)公開講座のカレンダー
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.