つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年1月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/28 混乱の聖五月を振り返る
2020/05/17 「あなたを見守る」という花が咲く
2020/05/11 女医さんの手作りマスク
2020/05/05 青梅と書いて。。。
2020/04/29 非日常の中の日常雑感

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2010/01/10(日) ちょっと詩人気取りで
4日から和(NAGOMI)アート準インストラクター講座を
3日連続やって、その後は
カードセラピーとパステル画を組み合わせた
カードのお茶会をやって、
と、気付くとずっとパステル画の海を漂っているような日々。
10日も11日もこの展開が続く。

参加者の作品を見ていると、
どんどんと詩人のような気持ちになっていく。
頭の蓋があいて我ながら良い言葉が浮かんでくるので、
メモ書きしておこう。
(五七五にする時間がないのでとにかく覚書)


★森を渡る風は天から降りてくる手紙
 だから鳥よ、
 飛び立つ前に読んで行け

★山一枚の、あの世とこの世

★パステルを描き連ねる日は
 雲にさえ、話しかける

★都会のオフィスの中にも
 季節へと開くものあり

★指先は先へ行くほどさり気なく、細やかになり

★パステル画の穴から覗いてごらん
 いつもと違って見えるはずだから

★画用紙と指先とパステルが出会って歌っている
 歌はまるで空から聞こえてくるようだ
 みんなの歌を聴きながら、私は空を舞う

★絵心という影法師に出会った
 影は言った
 「たまには思い出せよ」と


4日からの集中講座は
たくさんのシンクロニシティを運んできて動いて行った。

大上段に構えなくても
意味ある偶然の通用口はたくさん日常の中にあるんだと改めて痛感。

その一つは、
宿泊で参加の佐賀県と福岡県の参加者は
それぞれに参加でお仲間ではない。
そして県が違うのに車で10分〜15分くらいの距離なことが判明。
一人はホスピスで働く女性。
今後、色んな展開が起きそうで楽しみだ。
がん患者さんや家族がこれを体験できたら
どんなに素敵だろう!

【補記】
★お絵描きコーチング
・新年編
 http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/327
・早春編
 http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/329
・タンポポ編
 http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/330

★特別ヒーリング・カフェ(パステル画も描く限定企画)
 http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/326


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.