つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年9月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2017/03/26 今の私を助けてくれているもの
2017/03/21 みんなに訪れるもの
2017/03/13 人生初の凶を引く
2017/03/04 甘くて辛い日は牛肉
2017/03/02 予期せぬことを許すレッスン

直接移動: 20173 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2009/09/29(火) 【告知】緊急特別開催のお絵描きコーチング他
月のお絵描きコーチング「FLOW」編の
お申し込みが混雑してきたので、追加日程を決めました。
詳細 http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/320
10/10(土)10時〜に空きが一つ出ました!

そして上記とは別に
毎月変えて飾っているオフィスの洗面所にある和アートに
興味を持つ方が多いのと、
丁度、仕事が11日が空いたので緊急開催を決定!

10/11に描く題材は
豊かさと智慧の象徴である「葡萄」と、
ファンタジックな「月と猫」。

連休の中日となりますがよろしければ
ぜひ、豊かな時間を過ごすために描きに来ませんか?

下記の10/11分は緊急開催なので
HPにアップせず、ひっそり(?)と裏メニュー的開催です。



★ パステルアート◆お絵描きコーチング『番外編』

 〜秋の風物詩を描き「季節感」という栄養を
            心に与えましょう〜

 この10/11の回は大好評のため、緊急開催です。
 ですのでこの回のみの特別バージョンとなり、
 追加開催はございません。

 ★詳細
  http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/321

 ■日時:2009年10月11日(日) 14:00〜16:00(13:30〜開場)
     ※1回完結型。定員6名。
     ※この番外編はこの開催のみです!
     
 ■参加費:一回 3,500円
      弊社のNLP応用コーチング体験者は3,000円
      ※和アートのためのパステル一式を持参して
       ご参加の方は参加費を上記から
       500円引きにさせていただきます。

2009/09/27(日) 曲がり角の9月
「曲がり角」、
そんな言葉がテレビのニュースを見ていて浮かんだ。

日本は、そしてそこに住む自分は
まさに曲がり角に差し掛かったような9月だった。

曲がり角。。。

今月、50歳から51歳という角を曲がった。

「先生(?)」と呼ばれる立場で
初めて大学という角を曲がりつつある。

連続講座のカード講座、
そして和(NAGOMI)アートのインストラクター講座自体も、
いろんな意味で角を曲がっている。
卒業していく人、お免状を手にする人、
羽ばたく人、会えなくなっていく人、疎遠になる人。。。

先日、同業者とこの「曲がり角論」について話していたら
「赤毛のアン」の言葉をお互いに思いだした。
うろ覚えだったが黄ばんだ本を引っ張り出してみると、
「曲がり角」に関して真珠の粒のような素敵な言葉が随所に。

たとえば

“曲がり角を曲がったさきになにがあるのかは、わからないの。
でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの。”

そんな資料を紹介しながら、
昨日は129回目のセルフ・セラピー・カードのヒーリング・カフェ。
黄金色の日差しが差し込むオフィスに笑顔の人々が集まった。
迷子の方がいてどうなることかと思ったが、
遅刻を待ちつつも和やかなわがお茶会。

全員そろったところで、心を落ち着けるために
先日メルマガで紹介した
http://archive.mag2.com/0000073726/index.html
堀澤麻衣子さんの音楽CDをたっぷりかけて進行した。
http://www.amato-musica.com
原則的には私は歌詞が入ったものは
仕事ではあまり好まないのだがこれは別格。
天使の歌声は透明な秋の湖の底を覗いているような気持ちになる、
至極の女性ボーカルだ。
昨日は「この素晴らしい世界」というCDを使った。
http://www.horisawamaiko.com/

いろいろと上記のサイトを見ると
「がんが消えた」とか「奇跡の」とあるが、
そんな太字にしないでも、
彼女の良さ、品の良さが伝わるのになぁ、とも思う。

太字にしない美しさ。
声を張らない強さ。

そんなことを思いながら
終わった後は卒業生の一人と近くの焼鳥屋にてしばし話をする。

曲がり角の9月。
自分は多くの人に祝ってもらい、
太字にしない美しさの人々と交流して過ぎて行こうとしている。
こんなのが続くといいなぁ。

補記:
(1)セルフ・セラピー・カードのヒーリング・カフェ
   次回開催は下記を。
 http://homepage2.nifty.com/oneself2001/schedule/healing.html

(2)今回の日記で紹介した音楽CDは
   オフィスで講座の前後に当分の間、販売します。

   「素晴らしい世界」5曲で2000円也
    (このうちの100円が「セイブ・ザ・チルドレン」という
    アフリカの飢餓終焉活動の一環として寄付になります)

   (「アベマリア」のCDもございますがこちらは2500円。
    こちらは冬が近づいたらかける予定)

2009/09/23(水) 悲喜こもごも
マスコミのあら探しのかっこうの対象になっている、
鳩山政権のことが気になる私。
政治音痴の自分から見ると、
スピーディに黙々と仕事を進めているように見える。
自分も浮かれてないで気をつけようとテレビを見ては心に誓う。

というのも、悲喜こもごものここ数日だったから。

大学での仕事決定報告と誕生日が重なって、
お祝いのメッセージをたくさんの方にいただいた。
そしてこのシルバーウィークも好きな仕事に囲まれ
幸せに包まれているはずだった。。。。

しかし、しかし、、、、

講座開始直前に一時外泊中の父の容態が急変し
緊急入院した電話が入ったり、
取引先の財政に焦げ付きが出て
大変なことになったと連絡が入ったり。がが〜ん。。。

実は誕生日の夕飯は母と
自宅の近所で人気の小さなイタリアンの店に予約を入れていた。
父の容態が大変でもなんでも
キャンセル料を払いたくないというドライな私と母は
予定時間を少し遅らせて店に駆け込み、ワインをガンガン飲み、
精をつけるために
ニンニクたっぷりのイタリア料理をどんどん食べた。
根は能天気な母と私はがんの父を忘れて千鳥足で家に帰り、
暗い家の中を手探りで電気をつけるために歩いたら、
室内の閉め忘れていたドアにしこたま顔をぶつけた。
目から火花が出て、口の中を切った。
唇がはれ上がり、瞼付近は青く内出血し恐ろしい形相に。。。
そういえばいつかの年末も
風呂で転んでこんなことがあったなぁ。

自分のセカンドまでのレイキと(←あんまり使ったことがないが)
スピリチュアルコーチの友人にSOSメールをして
遠隔エネルギーも送ってもらったら
なんとか顔の青あざは一晩で奇跡的に無くなった。
翌日から参加者にはばれずに(ばれていたかな)仕事ができた。

そんなここ数日を締めくくるように
昨日のお絵描きコーチングには
福岡県からこの講座だけのために日帰りで参加してくれた女性がいた。
ホスピスで働く方で、数年前もカードのお茶会に、
ご自身の勉強のために参加してくれていた。
その後も彼女は私のメルマガやブログをチェックしていたそうだ。

生と死の第一線にいる彼女は菩薩のような笑顔で
描いた絵を大切に抱えて帰って行った。

そして一人オフィスで片づけていて思ったことは
“元気もいいけど落ち込んでいてもいいのだ。
 きっとそのほうがそばにいたくなる。”

写真はお絵描きコーチング「お彼岸特別編」の参加者の絵の一部。
また写真を撮り忘れやっと撮れたのはこれだけ。
和(NAGOMI)マジックで皆、画伯になって
それぞれの白樺林を仕上げていた。

【補記】
来月「FLOW編」 http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/320 
はおかげさまで話題沸騰。

10月10日(土)はほぼ満席、15日も残席あとわずか。
お急ぎくださいませ〜。
追加日程を随時HPにアップしていきます。感謝。
http://homepage2.nifty.com/oneself2001/schedule/coaching.html

2009/09/19(土) ライフデザイン相談室
9月という月をいにしえの人は「長月」と名付けたそうだが、
それ以外にも「色取り(いろどり)月」という異称もあるそうだ。
旧暦だと紅葉が始まっているからだろうが、昔とは違う意味で彩が豊かな9月なのかもしれない。
気温が暑かったり寒かったり。
朝顔と彼岸花が混在していたり。

自分にとっては2009年の9月はまさに文字通り「色取り月」。

昨日、大学の私のお部屋の名前が決まった、という連絡があった。

当初は単純に「カウンセリングルーム」と大学側は考えていたようだが、
「そんな名前を出しているから、人は後ろめたくなり利用しなくって、
単にお飾りになって、お金の無駄になるのだ!」と学部長たちを前に一席ぶった手まえ、
自分で部屋の名前を10個以上考え、
紹介文章のガイドラインをこのところ夜な夜な、パソコンの前で無い知恵を絞っていた。

“ライフデザイン相談室”

これが私の新天地の名前だ。改めて感無量。

そして先ほど、ほぼ日サイト http://www.1101.com/home.html に
遊びに行ったら、カブスの田口選手のことが出ていた。
野球音痴、ましてや大リーグはまったく?の私だが少し前に糸井さんが彼のメッセージを紹介していた。
それは彼の降格が決定的になり、野球人生を引退するしかないという
重くて長い田口選手自身からのメッセージだった。
それが奇跡のようにおもな試合が終わってしまった16日にメジャー昇格の知らせが彼のところに舞い込んだようだ。
http://www.taguchiso.com/contents/f-mail.htm

糸井さんの下記の言葉を読んでいたら涙がなんだか出てきた。
自分のこととオーバーラップしたようだ。

“たくさんの可能性を、
 人は、じぶんで無くしてしまうものなんですね。
 運命はまだ続いているのに、
 じぶんで幕を引いてしまうということが、
 どれだけあるか‥‥。”

今日というか、昨日の夜もカードの個人セッションをしたのだが
まさに仕事で袋小路に入ってしまったような女性の方だった。
カードはそんな彼女に魂のレッスンとエールを送り続けるメッセージを出していた。

写真は先日のお絵描きコーチング「街の灯り編」の参加者の作品。
オフィスで撮るのを忘れたので、ご好意で参加者にそれぞれの自宅から送ってもらった。

あすからシルバーウィークだが、私は天空オフィスでずっと仕事。
仕事ありて、わが人生は楽し。

2009/09/14(月) 【告知】10月のお絵描きコーチング
皆さま、9月13日の日記に怒涛の勢い(?)で
お祝いのメッセージ、ありがとうございます!

13日の日記の画像をみて、
ある方が「ラッキードラゴン」と名付けてくださいました。
感謝。

さて、9月のお絵描きコーチングは
21日、22日に「お彼岸特別編」
http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/319
を開催しますが、
10月の題材とテーマを早くも下記のように決めました。

水の流れを一体、どうやってパステルで描くのか?

ご安心ください!

どなたでも二科展入選!のような絵が仕上がります。

サンプル原画を見た方々から早くも申し込みが入ってきてます。
お早めに予約をぜひ〜!

 ↓

 ★お絵描きコーチング<FLOW編>
   
 〜秋の小川を描き、心身を浄化していきます〜

 詳細は下記
 http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/320

2009/09/13(日) 奇跡の展開に感無量!
この仕事を始めた20年前に実はひそかに願ったことがあった。

一つは仕事での体験や気付きを盛り込んだ本を
いつか出版すること。
もう一つは仕事での成果をひっさげていつか大学で授業をすること。

一つ目は叶った。
でも二つめはあまりに壮大で、半分ファンタジーと思っていた。

しかし、しかし、
完全ではないが、今回これが実現し、来月からスタート!
感無量。

とはいえ、授業ではないのだが、
ある医療系の大学で、そこの研究者、職員、学生を対象にした
コーチングとカウンセリングが来月から本格的に始動する。
おととい11日はそこに最終打ち合わせに行ってきた。
私の専用室に大きなデスク、応接セット、パソコンがあった。

そしてさらに驚いたことは
私のギャラは大学から出るのでなく文科省から出るのだそうだ。
女性の科学者や研究者の地位や数が
実は先進国の中で最下位な我が国の底上げで、
国が予算をとって動き出しているそうでその一環とのこと。

言われたことは
「心理学系の大学出身でない方が入るのは極めて異例。
大学院を出てない人が携わるのも前例はあまりなし。
文科省からの許可が良くおりたと思う」とのこと。

がんになって生き延びていることや
小さな会社が続いていることなど
すべてが功を奏したようだ。

緊張して臨んだ学部長面談も柔和な女性の学部長さんだった。
時代は確実に変わって行っている。
しかも深く静かに小さな声で。

おりしも11日は、創業時の頃の参加者たち5名と
秋葉原での飲み会を前からセッティングしていた。
この話をその席でサプライズでして、みんなが喜んでくれた。

いいもんだなあ、この世界。
なにひとつ無意味で無駄なものはないのだ。
すべてのことがからみあっての、今と人。


写真は1か月前に最初に打診電話を受け、
切った後に見上げた空にあったドラゴンのような雲。

2009/09/10(木) 無くてはならぬ
昔、子供の時に一時、荻窪に住んでいたころ、アパートが一緒で遊び仲間だった男性が
実はうちの親の仕事の会計士をずっとしてくれている。

その会計士さんのお子さんは成人し、フルートを吹くことを生業にしている。
中学の時にブラバンでフルートに出会ってオーケストラ奏者などを夢見たようだが、
今は葬儀屋とタイアップしてお葬式や法事で故人の好きだった曲を吹くそうだ。
その娘さんに私は会ったことはないが仕事は忙しいようで、
それを語る会計士であるM君の顔は親としてとても幸せそうなのだ。
会計士を継いでくれないとか、そんなのは関係なさそうだ。

その娘さんにとって音楽は好きか嫌いではなく、
「無くてはならないもの」らしい。
成功するかどうか、それで食べていけるかどうか等、ついまわりは社会的な分別によって心配するけれども、
「自分にとって、無くてはならないもの」を掴むことは、人生の大半を占めているのでは?とつくづく思う。

自分にとっての何かが、"無くてはならないもの”に発酵していくには
時間の蓄積や人や物との出会いも必要だと思う。
だから、なかなかそれを持てない人も多いとも思う、

でも何か一つでも打ち込めるものがあるかどうかは運というより、
それまでの時間の積み重ね方によるところが非常に大きいと思う。
そしてそれは小手先の処世術や名刺の数を重視する世界とは対極にあるものだとも思う。

などと、仕事前にこんなことを考えるのは
去年、和(NAGOMI)アート http://www.pastel-nagomi-art.com/index.htm と自分も出会い、
今年からお絵描きコーチングやインストラクターの講座を開催し、日々パステルの新しい世界に触れた人が
少しずつご自分の人生を新しいやり方で切り開いたり、描いた絵を通してご縁を進めているからだ。
今朝もそんなうれしいメールが来ていてすがすがし朝。
今朝のメールの人は自宅を片づけて教室をスタートさせる準備をしているそうだ。
うれしいな〜!

写真は先日の和(NAGOMI)アート準インストラクター講座の模様。

追記:(宣伝告知)
(1)今日はお絵描きコーチング。
   今日のは満席。13日やお彼岸編はまだ空きがあります。
    
    街の灯り編
    http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/318

    お彼岸特別編
    http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/319

(2)和(NAGOMI)アート準インストラクター講座は 
   10月からの3期生を募集中。
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/art.html
   正インストラクターになる道もございます。

2009/09/07(月) 脱・お手並み拝見
今日は珍しく早く帰れたので、家で母と夕飯を食べる。
このところすれ違いだったせいか、
母は饒舌に近所のことや父の病状など、堂々巡りの話をする。
75歳だから仕方ないとはいえ、
相槌を打ちながら聞いてやるのはなかなか面倒。。。

しかし母は聞いてもらっていて気分が良くなったのか、
政権交代ということまで、話の風呂敷を広げだした。
わかったように「まぁ、お手並み拝見だね」と民主党のことを話す。

お手並み拝見。。。
本当にいやな言葉だ。。。

自分は別に鳩山さんのファンでもないし、
民主党の肩を持つわけでもない。
でも少なくとも私も母も、そして国民の大半が
自分で「民主党」と投票用紙に書いたのだ。
そのことをもっと自覚すべきだと、
年老いた母を前に論じ始めたが、途中でそれはやめにした。

どうも自分が「お手並み拝見」という波をかいくぐって
この仕事をなんとか続けてきたのだということに
風呂に入っていて気付き始めた。
だから自分とオーバーラップしてしまったようだ。
小さな研修、セミナー会社はそんなエネルギーを受けつつ、
でも真心をもった方々に支えられてなんとか続いているのだと
思い至ると改めて感謝の気持ちが湧いてきて、
鼻の奥がツーンとしてきた。

少なくとも私は人や組織に関して、
「お手並み拝見」という立場をとらないよう、
これから気をつけて生きていこう。

お手並み拝見でなく、お互い様だ。
お手並み拝見でなく、自己責任だ。
お手並み拝見でなく、共同創造だ。

日本はお手並み拝見でない、
もっとよい文化や風習、伝統、国民性があるのではないか?、
というちょっと小難しいことを考えたい夜。

あすは久しぶりに休み。
でも朝から月に一度の自分のがん治療のための病院だ。

2009/09/03(木) 力動の秋
9月に入ったら潮目が変わったように
グッドニュースのオンパレード。

この前の日記に「企業研修はぐっと減り」と書いたら
不思議なことに2日の間に3件の長期の企業研修の依頼。
でもすべて水曜なので物理的に全部を受けるわけにはいかない。
ぐっすん。
断るほどの余裕はないワンセルフなのだが。。。
なぜ、全部、水曜日なの。。。。
なんか意味があるのよね?
水、流れる、流れに乗る、かな?

そして周りでも吉報!
カード講座の卒業生の真里佳さん
http://home.interlink.or.jp/~nitigetu/ の
「ピンクの紙夢実現術」が発売!ムック本 
マキノ出版から発売。
出版記念アマゾンキャンペーン→
http://home.interlink.or.jp/~nitigetu/amazon-20090902.html

その他の方々も
それぞれの講座や研修などの仕事が動き出しているとか、
お互いに参加し合ってよいご縁が進んでいるという
嬉しい知らせが多い。

相棒の前田も美容関係のプロデュースや研修で忙しい日々。
そして孫、二人目が生まれそうでいそいそ。

父のがん治療も腫瘍が1センチだが小さくなったようで
骨の圧迫が収まり痛みが消え、モルヒネをしなくてよくなった。
しかし元は8センチのがん細胞だそうな。
自分も実はそうだった。
いまどき、こんなに大きくするまで我慢する人はいないよ。
うちだけだ。。。 (;一_一)
遺伝だな。

和(NAGOMI)アート準インストラクター講座
http://homepage2.nifty.com/oneself2001/art.html
のお免状も第二弾が本部から今月になりあいついで届く!
今日は二期生のまた講座。 (@^^)/~~~

どこにも行かない地味なコツコツの夏が明けたら、
どどっ力動の秋。
人生はクサクサしていると、
いつも丁度いいタイミングで小さな魔法を使ってくれる。

写真は7/25開催の真里佳さんとのヒーリング・カフェ
http://homepage2.nifty.com/oneself2001/schedule/healing.html
で、自分が引いていたカード。
「恵まれた才能」、そして「伝」。
今、見てみるとなんという預言!

追記:
(1)スピマが私のスペシャルセミナーを
   無料で動画で見れるようにしてくださった。
   http://spima.jp/video/

   4月の東京スピマで話した
    「スピリチュアルとは」という内容。
   でも60分なので結構見るのは疲れるかも?
   
   田中真紀子のような、がらっぱち。。。。
   おまえは男性なのか、女性なのか、わからん?と
   自分で自分につっこみを。。。 (*_*;

(2)この前の個人メルマガ400号記念の読者プレゼントは
   8/31で閉め切り。
   50通くらいの応募があり感謝。
   厳正な抽選の上、当選者には9月1日に郵送完了。
   
   メルマガ「がんから教わるワンショットセラピー」
  ⇒ http://archive.mag2.com/0000073726/index.html   


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.