つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年7月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2017/05/21 わが心 和ませたるや レモン菓子
2017/05/16 もう一つのサークル&サイクル
2017/05/13 「だから食べる」と言える強さ
2017/05/04 薫風の流れに乗って(いると思いたい)
2017/04/29 虹の僥倖

直接移動: 20175 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2009/07/31(金) 川村カオリさんの訃報に思うこと
このところ、父の検査入院などで慌ただしい日々だったが
やっと今日、病院から結論が出て、
末期に近い進行がんだが
79歳にしたら、まぁ元気なほうなので
来週から本格的に入院して放射線治療などをするのだそうだ。

しかし父を除いて、自分そして母も弟も結構平常心、
というかドライだった今月。
「牛肉、食べたいって言ってるね。いいのかな?
食欲はなんだかあるねぇ。
最後の焼き肉になるのかね」と小声で話しあったりしている。

そうしていたら、今週、歌手の川村カオリさんの訃報。
って、私は彼女のファンでもないし歌も知らないが、
同じ乳がんということでドキドキする。
父のこと以上に痛々しく思ったりするが
それは心のすり替え作業のなせる技かもしれない。。。

私は子どもの頃、死ぬのがすごく恐いと思っていた。
それに親が死ぬことも恐くてしかたなかった。
この世から自分や親がいなくなることを想像できなかった。
退院したての頃は
癌という漢字や再発転移の言葉だけで縮みあがっていた。

しかし、進行性乳がんを9年あまりも生きていると、
あの本当の恐怖に麻痺しているのかもしれない。
生かされていることに胡坐をかいてしまっているのかもしれない。

でも今日の「金スマ」で、川村カオリさんの一人娘が
舞台の袖で母親を正座して見つめる姿に
不思議な静けさとすごみといたいけのなさを感じた。

お気に入りの糸井さんのサイト「ほぼ日」
http://www.1101.com/home.html をさっき訪問したら、
「今日のコラム」にあった文章が心にしみてきた。

“やがては、広場のみんなと
 さよならしてどこかへ帰る日もくるんだよなぁ。
 
 というようなことを言うと、
 「そんなさびしいことを言わなくても」と、
 やんわり止められたりすることも多いのですが、
 止めている彼や彼女や、あなただって、
 この世という広場に、さよならする日がくるんです”

「この世の広場」かぁ。。。。
とにかく2009年8月というこの世の広場がもうすぐ始まる。

2009/07/26(日) 開化と融合
マヤ歴、新年!昨日、今日はカードのお茶会、講座で明け暮れる。
感謝!

昨日の時間をはずした日は
日月院、真里佳さん http://home.interlink.or.jp/~nitigetu/
をお呼びしてのコラボ・カードお茶会。
私は彼女のことをスピリチュアル起業家と心の中で名付けている。
たくさんの三次元、四次元的学びをして波に乗っていてかっこいい。
そんな彼女の誘導瞑想は気持ちよすぎ〜。
このところのショートスリープだった私はそれも手伝って、
思わず寝てしまった。
でもちゃんとイメージとキーワードを持って覚醒!

ブリキのバケツにドロドロのセメントが入っていたのを
天使が潮騒に乗せて綺麗に洗い流してくれて、
「開花」と「融合」という言葉とイメージを
プレゼントしてくれていた、ような気がする。。。

記入シートには
“私は自分と人を許し、自分と人の才能を開花させていく。
 自信を持ってカードとアートとセミナーを融合させていく”

と大胆にも書いてしまった。きゃ〜!

ところで先週の個人メルマガの編集後記に書いた言葉が
思いのほか、皆様を喚起しているようで、
いまだにこのメッセージにぽつぽつと感想メールが届く。

当初は軽い気持ちで書いたのだが
昨日の瞑想で出てきた言葉ともリンクするので
これもここにも書いておこう。

“これからも私は自分の道を進んでいこうと思います。
 自分の道を進んでいくことだけを今は考えていたいと思います。
 たまに揺れそうになっても、
 自分の道を進むことに意識の焦点を置いていきたいと思います。”

メルマガ」がんから教わるワンショットセラピー」
のバックナンバー・購読はこちら
http://archive.mag2.com/0000073726/index.htm

写真は彼女のオリジナル記入シート
(彼女のHPからダウンロード可能)

2009/07/24(金) 葉っぱを見つめて
今月のお絵描きコーチングは「木の葉」。

昨日も二部構成でやっていた。
参加者が描いた緑で森林浴のような気持ちになり、
忙しかったが元気になった。

しかし今回、葉っぱを描くと先月に決めて
サンプル画を描くにあたって愕然。
葉っぱって、どうなっていたっけ?

和(NAGOMI)アートをやるようになって、
つくづく思うことは空の色、花びらの具合、
光の重なり、雲の厚みなどなど、
見てないことがたくさんあるということ。

都会でも葉っぱはあるのにちゃんと見てなかったな〜、
って思って、近所の顔見知りのおばさんの庭の
雑草みたいな草を講座の当日の朝は
藪蚊に刺されながらたくさんもらってきて、
それを参加者にもよく見てもらって描いた。

葉脈を見ていると、
そして緑のグラデーションを凝視していると、
不思議な気持ちに。

葉脈の一筋一筋に設計図がある。
それらがさらに伸びて行って
葉っぱを成長させ、葉が茂っていくんだなぁ。
私の中にも設計図はあるのか?
そしてその深い心の計画に私は耳を傾けているのか?

パステル画を仕上げて
目を閉じたり、薄目を開けて描いた絵をぼんやり見て、
揺れて漂う感覚が好きだなぁ。
どこにいてもできるしばしの魂のショートトリップ。
そんなことを楽しみに
今月はいろいろな方が描く木の葉の豊かさを楽しんだ、
と思う。
すべてに感謝。

追記;
(1)あまりに恍惚として
12日開催分も昨日の開催も写真を撮るのを忘れた。。。

(2)
8月1日(土)10時〜に、まだこのテーマでやります!
http://diary.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/masako-9/?Y=2009&M=6&D=14

2009/07/21(火) 魔除けが4色、咲いた!
昨日は東京スピマ、 http://spima.jp/tokyo/
ランチが17時という嬉しい悲鳴の流れで無事に完了、感謝。
終わった後は前回同様に
クィンベル http://r.gnavi.co.jp/b290100/ に
さよさんとGO〜!
(それを楽しみに頑張っていたとも言える)
魚のテリーヌやムール貝、そして網焼きステーキなど、
たらふく食べて飲んでも下町の洋食屋は安かった〜。
あまりの空腹に今回も写真を撮るのを忘れた。。。

いつもスピマはセミナーも出典もどちらも緊張するが
終わった後、爆睡するせいか翌朝は気持ちよく目が覚める。

今朝ベランダを見たら今年初の4色咲きの朝顔。
(赤、絞り、水色、団十郎)。
朝顔は江戸時代の頃は漢方薬として珍重されたそうだ。
要は魔除けだったと聞いてから
がんになってから毎年お参りがてら入谷の朝顔市で買ってくる。

朝顔の花弁は本当にはかない。
特に朝の咲きたての朝顔の花は薄くて繊細だ。

生まれたてはみんなやわらかい。
いいなあ、生まれたてって。
昔はみんな生まれたて、だ。
自分も生まれたて、仕事のし始め、起業したて、
それらを思い出しながら、これからも進んでいきたいなぁ。

そして今日から父が入院。
早起きして神妙に「頑張ってきます」と
がん先輩の私に挨拶をして出かけて行った。苦笑。

どうぞそんな父の心と体から魔物が出て行きますように。
そしてその娘の私の心と体からも魔物が出て行きますように。
そして世の中には魔物などいないのだと、
多くの人が日々を穏やかに暮らせますように。

補記:次の私のスピマ(展示会)出典は
   8/23(日)東京スピマ(蒲田)http://spima.jp/tokyo/
   セミナーは新たなテーマ「男性性と女性性」で話します。
   11時半〜12時半(予定)

   セルフ・セラピー・カードに描かれる男女の姿を通して
   私が感じる男性性と女性性のギフトとワナを話していきます!
   よかったらいらして下さいませ。

   入場チケットが1300円になる
   割引チラシがございます。
   郵送しますので、ご遠慮なくおっしゃってくださいね。

2009/07/19(日) 人と人との関係
卒業生であり友人のHさんと
先日、仕事帰りに久しぶりに飲んだ。

人と人との関係って、
同僚、恋人、知り合い、仲間、家族、夫婦など、
いろいろあるけど、そのどれでもなく、
でも意味のある関係って、
頻繁に会わなくても、会って飲むだけで心が解き放たれる。

癒される、という言葉はもう使い古されていて、
あんまり使いたくないけど、でもやっぱり癒される。

人はえてしてありがちで、わかりやすい関係を
友達とか仲間というけれど、
彼女との出会いは私の講座の参加者なので不思議な関係。

でも関係って、常に動いていると思う。
だからご縁が何年も続くことは感慨深いことだ。

ずっと関係が続くと思ったのに
ある人とは最近、道がはっきり違ってしまった。
彼女とそのことを「残念だね」と語り合いながらも、
こんなふうにあからさまに道が分かれるのが
今の時代なのだとも思う。
「多少違うけど、好きな人だし、まぁいいか」みたいなことは
友達に関しては自分の場合はどんどんなくなっている。
「違う」ということが露呈していくことを肌で感じるのが、
自分を含めて今の社会の傾向なのではないかとさえ思う。

そんな話から日常のこまごました庶民的なことまで
しゃべっていて飽きないのが
気があう人との関係であり、
貴重なことなのだと強く感じた晩だった。

写真はそんなHさんから届いた、
沖縄からのお取り寄せパイナップル。
パイナップルの認識が変わったともいうべきおいしさだった。
三浦のかぼちゃも入っていたんだけど写真、撮り忘れ。(*_*;

さてさて明日は東京スピマだから早めに寝ないとな〜。

2009/07/17(金) 【告知】東京スピマ
海の記念日、7月20日(月)に両国で東京スピマに、
今回は下記のようなテーマでセミナーそして、
カード講座の卒業生とともに18時までブースを出してカードの対面セッションを行ってます。
(10分、1000円のショートセッションからメニューあり)

今回のブースナンバーは12番。恩恵によるコミュニケーション。

そして東京スピマは39回目。サンキュー、ありがとう、ですね。
そんな一日にしようと思ってます。よろしくお願いします。

追記;写真画像は6年前位のすぴこん時代のセミナー中の私。熱弁(?)を奮っております。

↓(下記、転送転載歓迎、感謝)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ メンタルトレーナーによる「カードを通して兆しを読む」(7/20月) 東京:両国
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〜人生の兆しを読み取ろう〜

 日々のプロセスを読み、人生の舵取りをするために

 毎日、色んな兆しが実は現れているのですが、
 一日は24時間、人生はまだ何十年も続いていくので見落としがち。
 そんな中でセルフ・セラピー・カードをはじめとしてリーディングカードは重要な役目をしてくれます。

 ※セミナー参加の方には講師のオリジナルツール
  「ワンセルフカード」をお一人一枚もれなくプレゼント!
  http://homepage2.nifty.com/oneself2001/oneselfcard.html

【講師プロフィール:中本 雅子さん】
 ワンセルフ・インターナショナル(株)メンタル・トレーナー
 【プロフィール詳細】
http://homepage2.nifty.com/oneself2001/com_outline/index.html
 http://users.ejnet.ne.jp/~masako-9/


 日 時:7月20日(祝・月)11:00〜12:00(予定:終了は多少前後あり)
     (東京スピマ http://spima.jp/tokyo/ の中で開催)
      
 会 場:KFC(国際ファッションセンター)地図 http://www.tokyo-kfc.co.jp/h&r_map.html
     都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出入口に直結
     JR中央・総武線「両国駅」東口より徒歩約6分
     ◎東京スピマ http://spima.jp/tokyo/ 会場
      展示会メイン会場で受付をしてからご参加可能
  
 費 用:1,500円(東京spimaの入場券で入れます)
     ※当日チェックイン後はチケットの提示で会場内への出入りは自由です。
     
 申込み:東京スピリチュアルマーケット(スピマ)
     http://spima.jp/tokyo/ 会場にて当日参加できます。
     
 ★第39回東京スピリチュアルマーケット(スピマ)は
  様々な出典ブースとセミナーをご用意し10:30〜18:00まで開催します。
 ★出展リスト http://spima.jp/tokyo/39th_list.html
 ★セミナー詳細(他のプログラムもございます)  http://spima.jp/tokyo/39th_seminar.html
  
 ◎入場券で出展ブースを見てまわる以外に複数のセミナーの受講が可能です。

 ●スピマとは「スピリチュアルマーケット」の通称です。
  “目に見えないココロのサービスを見える形へ”として
  昨秋より、安全、健全、誠実な事業の運営を目指し全国展開している見本市です。
  詳細 http://spima.jp/ 

2009/07/15(水) 田が重なることの意味
和(NAGOMI)アート準インストラクター講座
 http://homepage2.nifty.com/oneself2001/art.html
の1期生を今やっているが、
その後、どのようにこれが続いていくのか?と思っていたら、
ありがたいことに予測のしていないところから、
やりたい人が少しだけど現れ始め、
来月からお陰様で2期生がスタートしそう。

そこでお申し込みのお名前を見ていて、ハッ!

すべての方の苗字に田がつく。
そういえばワンセルフの代表の名前も前田。
会社の住所もずっと神田。
(今は秋葉原が最寄り駅だが住所は神田岩本町)

田、ねぇ〜。

辞書を引くと、昔は米だけでなく、
穀物を育てるための区画した土地、すべてを表した言葉だそう。

なんかの前世療法(?)で、大貧農だったときがあったと言われた。
周りの人々と共にじゃがいもも生えない土地を
励ましあって耕していたそうな。
(ほんまかいな)

田、畑は一人ではできない。
みんなと共に耕し、手入れをし、収穫を喜ぶものの象徴。

そういえば、食品営業のお仕事を手伝ったときに
そこの会長さんが言っていたことを
力強い夕焼けを見ていて思い出した。

それは
・8月8日はお米の日。豊かさを喜ぶ日。
・男という字は田んぼで力を発揮すると書く。
・百姓という言葉は100人の女が生きると書く。

とにかく今あるものを大事にしていこう。
明日の仕事をがんばろう。
これからの仕事もがんばろう。
心から無心に何かをやっていれば、
きっといいことあるよと夕焼け空が言っている感じ。

いいことがあったときの帰り道、
いつまでも見ていたくなるのは、いつも空。
空はいつでもいろいろと言ってくれているはずなのに、
そういうときだけ一生懸命眺めている現金な私。

2009/07/13(月) 落語「寝床」に学ぶ
都議選が終わった。
昨日は結局、朝から夜まで仕事で投票に行けなかったというか、
行かなかった私。

投票日の数日前に近所のおばちゃんがうちに来て、
「明日は○○党の〜さんの講演会に行って
最前列で座ってないとなんないのよぉ。めんどくさいわ。
やること、いっぱいあるのに…」ってぼやいていた。
私「じゃあ、行かなきゃいいんじゃないの?」。
「そんなわけにはいかないのよぉ〜。
知り合いの●●さんが応援していて頼まれているから」
とおばちゃん。

今日の糸井さんのコラムに
http://www.1101.com/darling_column/index.html
落語の「寝床」の話を引き合いにして

「だって、純粋に客席に座ってくれる人は、
 探して、お願いして、サービスしないと集まらないもの」と
 書いてあった。

要は今の時代、みんな、寝床の旦那のように
下手な歌を聞かせたり、どうでもいい講釈をたれたりできる、
ということ。

エッセーの最後、糸井さんは
「なんていっても、人が集まってくれるからこそ、
下手な義太夫でも聞かせられるんだもの」と締めくくっていた。

そうだ、そうだ。
それを本当に忘れてはならない。

自分の小さい小さい名もなき会社に、
どこからともなく参加者が自然に集まり続けるというのは、
広い川原で砂金と出会っているくらいすごいことなのだ。

10名入るか入らない部屋にこの週末は、
和(NAGOMI)アートを体験しようといろいろな方がいらしていた。
遠方の友人を思い切って誘って参加をした人、
ご主人の三回忌に備える絵を描くためにやってきた女性、
初めていらしたのに
デパ地下でみんなのためにお菓子を買ってきた人、
数年ぶりにHPを見てふらりと申し込んでくださった方などなど。

そしてそれにバランスを取るように
カードセラピーの講座が今週にひとつの期が終わる。
そして新しい期が週末にスタートし、来月に次の期がスタート。
1DAY講座も毎月、とにもかくにもどこかで聞いて、
参加者がいらっしゃる。
http://homepage2.nifty.com/oneself2001/schedule/cardyousei.html

奇跡のような日々だ。

眠る前に、一つ一つに、一人一人に、ありがとうの気持ちを届けよう。

写真はアスファルトに向かってたくましく咲く紫ツユクサ。
朝の通勤の清涼剤。

2009/07/09(木) 父のがん&【告知】8月のお絵描きコーチング
この2か月くらい、寝違えて肩が痛い、胸が痛いと言っていた父。
バンテリンを塗っていた。
どうもあまりにそれが長いので近所の病院に行かせたら、
肺がんかもしれないけど通常の形状と違うので、
カビが骨を溶かしていく病気かも?とか先日、言われた。
しかし、今日、がんセンターでほぼ結論が出て、
限りなく末期に近い変わった種類の肺がんだそうで、
ろっ骨を腫瘍が壊しているそう。。。。

しかし、、、
心が静かな私。
こんなに冷静でいいのか?
いつか突然泣いたりして。。。
母もいたって元気。
ヒロシマ原爆を潜り抜けた老女と進行がんを生き抜く中年女は強し!

今日も私は公開講座と仕事の打ち合わせを
ありがたくさせていただいた。

=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★

和(NAGOMI)アートの講座は毎月ひとつひとつ
小石のようなものを積み上げている気がする。
それはきっといつか形になる。
そしていつか消えていく。
そんなことを静かに思う晩。

来月は地球を描きます!
今月の木の葉編は12日はほぼ満席、23日もあと少しで定員。
心よりお待ちします。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★パステルアート◆お絵描きコーチング:地球編(8/9木他) 東京:秋葉原
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   
 〜瑠璃色の地球を描くことで感謝の気持ちを育てよう!〜

 普段あると思って当たり前でいる地球をパステル画で描くことで
 感謝の気持ちを再確認したり、
 瑠璃色のエネルギーを受け取り、心がパワーアップする2時間です。

 絵心が全くない初心者でも
 パステル『和(NAGOMI)アート』の手法を使って、
 温かみのあるヒーリングアートを完成できますのでご安心下さい。
 ・数回通ううちに、構想を持って取り組むことや、人と比べないことなど、
  部下の指導やストレスマネジメントのエッセンスが
  詰まっていることを実感しています。(40代男性:会社取締役)等など

 ◎和(NAGOMI)アートの詳細は
  http://www.pastel-nagomi-art.com/index.htm

 ★内容 (予定)
  ・オープニング、説明、自己紹介
  ・パステルアート(2枚の絵を描き、お持ち帰りになれます)
 ★参加者への特典プレゼント
  ・オリジナル「ワンセルフカード」をお一人一枚プレゼント!
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/oneselfcard.html
 ★概要案内
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/schedule/coaching.html

 ■日時:2009年8月 9日(日) 10:00〜12:00(09:30〜開場)
     2009年8月 9日(日) 14:00〜16:00(13:30〜開場)
     2009年8月20日(木) 14:00〜16:00(13:30〜開場)
     2009年8月20日(木) 19:00〜21:00(18:30〜開場)
     2009年8月30日(日) 10:00〜12:00(09:30〜開場)
     2009年8月30日(日) 14:00〜16:00(13:30〜開場)
     ※30日の14時〜は好評につき追加記載分
     ※1回完結型。ご都合のよい日程をお選び下さい。
      各回定員6名。
     
 ■会場:ワンセルフ・インターナショナル(株)
     最寄り駅:秋葉原駅より徒歩3分(2/2に移転しました)
     http://homepage2.nifty.com/oneself2001/map/index.html

 ■参加費:一回 3,500円
      弊社のNLP応用コーチング体験者は3,000円
      ※和アートのためのパステル一式を持参してご参加の方は
       参加費を上記から500円引きにさせていただきます。

 ■持参物:筆記用具、はさみ、カッター、消しゴム、
      エンピツ(又はシャープペン)

 ■ファッシリテーター(進行役):中本 雅子
  (ワンセルフ・インターナショナル(株)メンタル・トレーナー)
  日本パステルホープアート協会(JPHAA)認定 正インストラクター
  著書『部下をその気にさせる上司のすごい話し方』(徳間書店)他
 【プロフィール詳細】↓   
  http://homepage2.nifty.com/oneself2001/com_outline/index.html
  http://users.ejnet.ne.jp/~masako-9/
 
 ■その他:
(1)営業、宗教・政治などに関する勧誘を厳禁、参加をお断りします。
(2)必ず事前にメールにてご予約の上、受付メールを受け取った方のみ
  いらして下さい。
(3)一度参加なさった方は下記の申し込み書は
  日程&お名前のみで結構です。

 ★お問い合わせ、お申し込み先 ※下記の申込書を送付下さいませ
  ワンセルフ・インターナショナル株式会社
  http://homepage2.nifty.com/oneself2001/
  〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町1-7 峯岸ビル9階
  oneselfn@ns.ejnet.ne.jp Tel:03−5295−3331  
        ↓ ↓ ↓
─〈 お絵描きコーチング「地球編」申込書
 8/9 10時〜 or 14時、8/20 14時〜 or 19時〜 
 8/30 10時〜 or 14時〜 〉──────── 
(上記の不要な日時を削除してお送り下さい)
【氏名】(必須)       【フリガナ】(必須)
【年齢】(必須)       【性別】(必須)
【会社名(職種)】      【部署】
【E−mail】(必須)
【備考(和アート一式を持参の方はご記入下さい】
──────────────────────────────── 

2009/07/06(月) フランスの諺
今朝、一か月ぶりに個人メルマガ
http://archive.mag2.com/0000073726/index.html
を配信したら、その冒頭に書いた

 “ゆっくり行く者は遠くへ行く”

というフランスの諺(←たぶん)に
共感のメールをたくさんいただき、嬉しさにひたる夜

最近はこのことをかみしめる日々な気がする。

オフィスの目の前で気になっていてやっと入れたと
先月日記に書いた喫茶店「アカシヤ」のママとも
だいぶ話ができるようになった。
細々と(?)、でも36年もこの場所で
喫茶店をやっていることや、
お父様がセミプロ級の腕前で絵を描いていたことや
店のテーブルにはめ込んであるタイルは
そのお父様とともに探し歩いての特注品なことなど。

写真は土曜についに6名、集結した
ワンセルフの和(NAGOMI)アート、準インストラクター講座の
1期生(?)の方々の作品の数々。
朝から夕方まで何枚も描いていたので
色と絵のパワーで終了時は涙ぐむ方までいらして、
感無量の集中講座だった。

この和(NAGOMI)アートも、アカシヤのママの話も含めて、
私が私らしくとどまって心を開いているとき、
自然と私の前に現れるものや人が
私が深いところでずっと望んでいたものな気がする。

2009/07/02(木) ピアノレイキ&ピンクの紙
応援したい素敵な方の情報を2つ。

それは私のセミナーのワークやBGMで大変にお世話になっている
橋本翔太さんと
カード講座卒業生であり応援仲間の真里佳さんが雑誌に〜!。

お二人を見ていると
それぞれ自分の世界に住んでいるなと思う。
そして美しいと、単純に思う。
私はこの歳になって、
「自分の世界に住むことは、美しいことなのだ」と気づきつつある。
そしてそれこそが、生きている、ということなのだと思う。

 ↓ ↓ ↓

(1)ピアノレイキでおなじみの橋本翔太さん
   http://www.reiki-de-kirei.com/ が二冊目の本を出版

 ピアノレイキCDと本がついていてとってもお得!!
 1575円!
 一冊目も仕事と自室の浄化などに愛用させてもらっている。

 本日と明日3日までアマゾンキャンペーン

 1.購入いただいた方には、ピアノレイキ音源、
 2.紹介いただいた方には、
   チャイム・レメディ音源をプレゼント!

 詳細は彼のブログへ
 http://reiki-hashimoto.seesaa.net/article/122083684.html

(2)今日7/2発売の雑誌「安心」
  http://www.makino-g.jp/anshin/ に、
  異例の三度目の特集で日月院 真里佳さん
  http://home.interlink.or.jp/~nitigetu/
  がピンクの紙の特集で掲載

 12月、4月、そして今回と異例の三度の特集でメインで
 取り上げられている彼女はまさに人生の流れに乗って
 仕事と家庭のバランスを取っている女性の鏡!

 彼女のブログもいつも情報満載
 http://ameblo.jp/marika22moon/

 そんな彼女と7/25、特別カードのお茶会を開催 http://homepage2.nifty.com/oneself2001/schedule/healing.html
詳細はこの日記の6/26を〜!
  ↑
  って、自分の宣伝になってしまい、すみませぬ〜。

写真はそんな真里佳さんに3年前にいただいた鉢植えから
採取するミニバラ。
驚異的に越冬し、毎年素敵な花をたくさんつけている。
ミニバラはすぐにアブラムシがついたり、カビが生えたりと、
不精な私をグリーンフィンガーにしてしまうほどの
ミラクルローズ!  


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.