つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年7月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/09/15 宅配便メディスン
2020/09/07 白露の日の墓参り
2020/09/05 桃の村に掲げておきたい親鸞さんの教え
2020/08/22 七字のおやつうた
2020/08/15 それぞれの「タイムマシーンの停留所」

直接移動: 20209 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2008/07/09(水) 美しく、そしてガハハと
七夕の7日は、卒業生の方の会社が主催する
パーティーにご招待頂き、 イソイソと友人であり
同業他社のHさんを誘って仕事帰りに出席。

ペアでご招待というときに、
パートナーのいない身の寂しさよ…。
そして、すぐに応えてくれる友の存在のありがたさよ…。

会場はホテル・ニューオータニの40階。
あいにくの曇り空だったが、暮れていく都会の空の色と
ネオンの輝きで、天空レストランの醍醐味を堪能。
上等なワインはわんこ蕎麦のごとく、
タイミングよくホテルの人が
ついで下さり、乾杯前から私はガンガンに飲んでいた。

だって、オープニング挨拶が長いんだもの。。。。
45分以上やっていた。。。。。 (@_@;)
そのスピーチの主は誰かというと、
その会社の社長ではなく、
品川庄司の品川祐(しながわ ひろし)のほうのお母様。
その会社のトップ・アドバイザーでその日の主役だそうなので、
仕方ないけどね。

自分も演説していると気持ちよくなるから
「気をつけよう」と思った。

なんでもそのひろしのお母様はその日、
68歳のお誕生日だったそうな。
美容の専門家だそうで、綺麗でシミ、皺がない。
腰がちゃんとくびれている。えらい!

彼女の波乱万丈の人生を豪華なドレスを揺さぶらせながら
身振り手振りで豪快に語り、ガハハと笑い飛ばしていた。
下品にならない、きわどいところをキープしていた。
女は最後は生き様で決まるな〜って、再確認。

お料理はビッフェ方式だが、さすがに老舗ホテル。
もうどれも美味しすぎ。
特に子羊の岩塩焼、カツサンド、フォアグラ入りコロッケ。
必死でお替わりしに行った。
デザートもものすごい量と種類があったが
夜も更けてきてちょっと怖ろしいので、
セーブしてゼリー類のみにした。残念。

パーティーの主役から学んだことは
・演説は短く(^^ゞ
・女性の内面からの美しさと
 豪快なガハハは共存するのだということ
・最後までやりぬくこと(美容を追求し、
  国際魅力学会というのを推進されているご様子)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.