つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年3月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2017/10/15 思い出と希望のタンシチュー
2017/10/11 いくつになっても美容院は
2017/10/08 昭和一桁のハグ
2017/09/30 忘れ種(ぐさ)の船
2017/09/25 逆母親参観日

直接移動: 201710 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2008/03/11(火) さて、鎌倉
花粉症で絶不調スタートの今月。
去年が飛散量が少なかったようで楽した分、今年はひどい。

しかし、クサクサしているのもと思い、
(先週になってしまったが)
平日の休みを使って趣味の鎌倉一人旅を決行。
こういう日は、すくっと早起きが出来る。

いつも行きの横須賀線でどうするかを決める。
今回は色々と迷って、西口から江ノ電に乗らず
長谷までテクテクと鼻水をすすりながら歩くことにする。
朝の御成通、由比ガ浜大通は殆ど人がいない。

とにかく私は鎌倉を一人旅するのが好き。
独身で、自分で仕事をしているから、一人になる時間は
一杯あるのだけれど、それと一人旅はちょっと違うと思う。

意識的に選んだ一人の時間。
町と自分が向かい合う。
一人で風景を眺め、一人で食事をし、一人で道を選ぶ。
すべてを一人で受け止めることが、
段々と自分を見つめなおすことにつながっていく気がする。

この日は天気がよくて、
とんびの鳴き声と梅の香りに町中が包まれていた。
静かな寺と鎌倉文学館で、風に顔をあててきた。

天国っぽいな〜。
行ったことないけど。

帰ってきたら花粉症、ちょっと軽くなってた。
鎌倉の神々からの恩恵か…?

麗らかに
神の使いか
とんびの声

めぐり会う
時の回廊
春仏

2008/03/04(火) 健全なり?!、預言カフェ
今日は午前の商談を片付けると、
夕方のセッションまで時間があく日なので、
マイミクの方々で話題の預言カフェ(早稲田)に行ってきた。
http://www.waseda.info/S21549.html

感想は、よく言えば、いたって健全。
辛口で言えば、1回行けば十分だな、私は。
予言でなく、預言だからね。
結局、神様(?)からの励ましという感じ。

とにかく噂ではカフェは猛烈に混んでいて
並ぶということだったので、 商談を終えて覚悟して
ダッシュで昼食抜きで13時ごろお店に着いたら、
名前を書くように言われ、13時55分に再び店に来るようにとのこと。
拍子抜けし、ゆっくりランチをしてカフェに指定時間に戻る。
14時には名前が呼ばれ、相席でもよいかと聞かれて店に通される。
550円のマンデリン珈琲を私は頼み、
見知らぬ母娘と同じテーブルで待つ。
お店は満席で女性の人が多いのでとにかくうるさい。
その中を縫うようにして、お店の人であり預言をする方が数名、
小さなテープレコーダーを持って一人一人のところに座り、
ものすごい早口でなにやら囁く。
録音テープも無料(珈琲代金に入っているのかな?)でくれる。

私に預言してくれたことのエッセンスは

“話す、伝えるという役割の人。
ときにはそれで傷ついたり、嫌な思いをしてきたが、
それでもやめないで伝え続けてください。
主はあなたをこれからもそうした世の中の破れ口に立たせますが、
流行の多いこの国であなたの言うことは大事です。

大きな塔を作っているような人生です。
土台はもう出来ましたから、どんどんと義のために
更に話をしていく側でい続けてください”とのこと。

私の素性を何も聞かず「話をする側」と言い当てるのは
やはり只者ではないとは思う。
それも珈琲代金だけで!そういう意味では良心的!!

でもあえて、えらそうに言えば、
うすうす(?)わかっていたことだから感動はなかった。
って、「義のために」とかは言いすぎだけどね〜。(^_^;)

それより興味深かったのは、同席の女性(娘のほう)が
預言が終わったのに店の人をわざわざ呼んでおどおどと
「転職のことで悩んできました。
タイミングを見て何事もしなさい、とのことでしたが
そのタイミングとはどのように…?」と質問したこと。

そうしたら、店の人は預言モードでなく普通モードでゆっくりと、
「それは自分で見極めてください。
自分の選択が大切です。
最悪、失敗もあるかもしれません。
でもこの世は失敗を恐れていたら何も学べないのです。
主は最後のところでは守ってくれますが、
ときには失敗と感じることもあります。それがこの世ですから」と
丁寧に応対していた。

うんうん、そうだね〜。(*^_^*)

自分への預言よりか、この最後の応対で
とても好感が持てた預言カフェだった。

成功=喜び、失敗=悲しみ、
以外の見方が出来にくい社会構造だけど、
それにただ流されてはいけない。
失敗することも生きることだ。
失敗することを生きようよ。

と思って、帰宅してから、鼻で笑われた先日の本の企画書を
またシコシコと書き直して送ってみる。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.