つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年5月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2017/11/19 心を今月はリフレッシュ中
2017/11/11 切り山椒を食べながらつらつらと
2017/11/06 何も願わない手を合わせにお酉様へ
2017/11/03 布巾が話しかけてきた?
2017/10/25 雨の日は古い写真がよく似合う

直接移動: 201711 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2007/05/24(木) マサコ・キャラクター、初見参!!
朝メールをチェックしていると、Jのときの元上司が
「日経に載っておるが、どないしたんや〜?」
とメールが入り急いで買いに行く。(とってないので(^^ゞ)

今日が発売日。そして日経新聞に広告が載る日。
ドキドキして新聞を開くと思いのほか大きく載っていた。

その後、太極拳教室後に北千住の駅ビルの丸善を見たら
本はなかった。そうよね〜、そんなに簡単にはね…。
そしてオフィスのある秋葉原に着き、書泉グランデに
またなくてさらに「そうだよね〜(^_^;)」と思う。

気を取り直して、午後は個人コーチングの仕事をしていて、
合間にメールチェックしたら
カード講座の卒業生から2通メールが来て、
なんと、
丸ビル内の青山ブックセンター、平積み!きゃ〜!
そしてそして横浜ルミネの有隣堂も平積み!わ〜!!
それで気をよくして帰りに秋葉のヨドバシカメラの中の
本屋に行ったらビジネス書のコーナーだが平積み〜。

生まれて初めて自分の本の平積み状況を見てウルウル〜。

ビジネス書のコーナーで泣いている人はあまりいないので
変に思われたか…。

「ビジョンが大事」と日頃クライアントに言いながらも、
結局「夢は自分の本が平積み状態」というせこい私。

でも、形あるものを生み出せたことは嬉しいことなので
素直に喜ぼう。
過去2冊の本では果たせなかった
平積みも一つの結果だから。
そして形あるものの背後には必ず形なきものがあるはず。
コインの裏と表のように。
その形なきものを大事にしていき、
見栄と欲にだけは気をつけよう。

目の前でさすがに拙著は売れなかったが
なんかずっとヨドバシの中の有隣堂に立っていた。
我が人生で心のシャッターとフラッシュを沢山たいた
感動の一日。皆さん、本当にありがとうございます。

画像は本の中に出てくる、マサコ・キャラクター。
(柴崎るり子さん作)すごく気に入っています。

追記:
1.本の正式題名、価格(この前のはちょっと間違い)
  『部下をその気にさせる上司のすごい話し方』  
   1470円(税込み) 中本雅子著
2.次の広告は夕刊フジに6月1日か5月31日らしい(?)
3.本と関係ないのだが
  22日(火)発売の転職情報誌『エンジニアtype』
  20〜21ページに特集を組んでもらっていて
  えらそうに語ってます。立ち読みしてね。
   http://type.jp/s/mgz/etype.html

2007/05/22(火) 清濁併せ呑むべし!
退院直後、スピリチュアル・コーチのF子さんに
セッションをしてもらっていて
「『清濁併せ呑む』がどうもこれからのテーマのようだ」
ということになったのだが、
7年のときを経て、そのことを痛感するここ数日。

とにかく3冊目の本が出るということで浮かれておったら、
いろんなことが起きている。
本業のほうの仕事は申し込みとキャンセルとスライド、
問い合わせと、もう大変にめまぐるしい。
本の次の執筆打診、がんサポート連載の続行も決定。
副業の方も何だか次の節目を迎えていて、
ミーティングしなくてはならないことがたくさん。
骨転移の命の合格発表結果も今週末だ。ドキ〜。

そんな中、今日はポッカリ昼間は空いた。
イラスト担当のるり子さんと共に神田明神にお礼参りに。
葉桜の間から初夏の日差しが万華鏡のよう。
境内は小高い丘にあるので涼やかな風が吹き渡る。
茶店で甘酒で二人ノンビリ、執筆の思い出話。

ものごとは何でも楽しいことと楽しくないことがある。
好ましいことと好ましくないことがある。
成長するとその両方を受け入れ前進するテストがやってくる。
楽しいこと、好ましいことをしっかり見つめ、
それを鋼鉄のように強い線にしていくのみ。

2007/05/18(金) 感無量、ついに3冊目が!
帰宅したら出版社から宅急便。

『上司のすごい話し方』1400円 中本雅子著 5月24日発売(らしい) 徳間書店

ふ〜。 昨秋からの出版に向けての航海がついに港に到着。

メジャー系の出版社から本を出すという野望が これで達成した〜。

でも次なる野望もある。 それは女性向けの書棚に並ぶ本を書くこと。

今回は最後の校正から出版までの展開が 速すぎて(さすが大手?)まだ実感なし。
1冊目はお祝いの食事会とか、 2冊目は記念セミナーとかやったが、今回はまだ何も考えてない。

大事なことは「私の周りの皆様、お天道様、 ご先祖様、天使達、本当に本当に応援とサポートを
ありがとうございます〜」ですね。

日々広がる地平線を見つめつつ、 自分らしくまた帆を進めて行こう。
無理な目立ちたがりや競争のつまらなさ、カッコ悪さは 一応、随分と味わい、学んだと思うんで。(^^ゞ

追記:画像ではわかりにくいんですが
   今回はすぴこんハンドブック等で活躍中の
   柴崎るり子さんにラブ・オファーして
   たくさんのイラストや漫画、はたまたマサコキャラクターを描いてもらいました。
   るり子マジックで、ビジネス本なのに不思議な和み感があるのです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.