つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年4月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/01 手帳は未来の扉
2019/11/20 久しぶりのバスチー
2019/11/10 今年も酉の市詣
2019/11/04 イヤミスに嵌り中
2019/10/28 秋をけりけり北千住

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2007/04/08(日) 花見・太極拳
5日(木)の午前は趣味の太極拳教室の屋外実習で
葛飾区の水元公園に行っていた。
水元公園付近は気温が低いようで、桜の葉はまだ出てなくて
ちょうど見ごろだった。
その下での極上の中国式気功と演舞。チト、寒かったけど。
人も少なくて物珍しそうに保育園児とカラスが見ているのみ。

私は基本的には魂の存在を信じているので
(って、何も霊能的な力はないが(^^ゞ)
この青空・太極拳を自分の魂がとっても喜んでいたと思う。

人は基本的には光の存在なのだとつくづく思う。
だからこそ、肉体を持ってる今の世は、
肉体の喜びを自分に味あわせてやることがベストだと思う。
それは性的な(って、表現が露骨ね(^_^;))ことだけでなく、
美味しいものを好きな人たちと食べるとか、
誰かにプレゼントをあげるために買い物をするとか、
ロウソクを灯してじっと見入るとか、
快く体操してちょっと疲れるとか、
そういうようなことを
この世では一番すべきことなんだと思う。

がん養生のために始めた太極拳を7年続けての成果は、
それをリアルに感じるようになったこと。
頭の中だけで考えてないで、
体を使うことに、とにかくとっても意味があると心底思う。

お教室は殆ど年配の人たちだが歩くのが早い、早い。
柏餅とか唐揚げとか皆と食べるための大きな荷物で
重そうなのに、明るく笑っている。

私は午後は講座の仕事があるので、ダッシュで
公園を後にしたが、風が吹き、桜吹雪の下を
皆がいつまでもいつまでも手を振って見送ってくれた。

“散る桜 残る桜も 散る桜” by 良寛


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.