つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年2月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新の絵日記ダイジェスト
2017/10/22 「淋しいでしょう〜?」は愚問也
2017/10/15 思い出と希望のタンシチュー
2017/10/11 いくつになっても美容院は
2017/10/08 昭和一桁のハグ
2017/09/30 忘れ種(ぐさ)の船

直接移動: 201710 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2007/02/06(火) 指猿様、ありがとう〜!
本の試し書きで夜更かしの日々だった。
考えて、消し、悩み、唸り、気分転換と称して
延々と遊び、それで自己嫌悪になったり…。

そして昨日はそれを踏まえての出版社で2回目の打ち合わせ。
事前に送った原稿の一部と、イラスト担当のRさんの
描いたイラスト案を持って、二人共、恐る恐る座る。

「うん、まぁ、いいんじゃないの、これで進めていって。
結構面白いよ」と飄々とした編集局長の返事。

ヘナヘナヘナ〜〜〜ッ。(^^ゞ

思えば昨年の10月頃から話が来て、何度か企画書を直し、
審査待ちをしての何ヶ月か越しの案件にやっと
大筋のGOサインと承認が来た、記念すべき瞬間であった。

遠くは京都の八坂庚申堂までお参りに行った甲斐があった。
ここのお守りの中で「指猿様」は、指が動いて文筆活動が
進むとの意味もあるらしいが正にその通りであった。
指猿様、ありがとう〜!そして皆様、ありがとう〜!

一転して、今日は早朝から出かけての月に一度の通院日。
「やはり昨秋の骨の検査の結果が百点満点でないので、
春になったら再度進捗状況をみよう」と主治医に促される。
主治医は「心配かな?」と聞いてくるが、
「あったりまえでしょ〜、がん患者なんだからね!」と
切り替えしてみた。
昨日の件があって上機嫌な私は医師にもタメグチ。
「生きるのみ!死ぬまでは!!」というセリフを残して
仕事場にダッシュで戻り、カード講座の補講と
個人コーチングをしてのめまぐるしい一日。さっき帰宅。

決められたことと、動かせることが
人の生の中にあるとつくづく思う。

運命をあるがままに受け入れる智恵を忘れると、
人はとても不幸になると今は思う。

運命の濁流と小川のせせらぎの両方、楽しんで行きたい。

写真はこのところずっとパソコンの友、指猿様と
この間の満月の日のヒーリング・カフェで
お客様に頂いた金沢土産の金粉の小瓶。
(仕事の運気が上がるそうで差し入れてくれた)
ありがたや〜。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.