つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年10月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2017/06/25 あきらめなかった彼女はやっぱり尊い
2017/06/23 化け猫はいるけど化け犬はいないね
2017/06/20 ヴィンテージ・グラスからのメッセージ
2017/06/15 希望と辛抱のぬり絵
2017/06/08 LIFE is 不安タスティック!?

直接移動: 20176 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2007/10/31(水) 人間界と他界の関係が深まる夜
30日の真夜中、日記に「10月、回想」
というタイトルで書いていて、自分で
「一年の振り返りのようで変だな〜」と思いつつ
せっかく深夜に書いたんだからとそのままアップしてしまった。

しかし、「古代ケルト暦では10月31日が一年の終わりの日。
翌11月1日が新年の朝」という意味を今日になって知り、
自分で自分の文章に納得した、というおめでたい私。
要は今日はハローウィン、そしてある意味で大晦日なのね〜。

もともとハローウィンは
ケルトのドルイド教の収穫感謝祭からのもの。
10月31日の夜は人間界と他界の関係が深まる
と言われているらしい。

そんな晩、帰宅したら父の持病である、がんかどうか
この10年、限りなくグレーの存在だった前立腺炎が悪化し、
来月から入院が決定したと突然に聞かされる。

月曜発行の個人メルマガに書いたことが身内にも
的中でビックリ。 http://blog.mag2.com/m/log/0000073726/
(知り合い3名がバタバタとがんになったので
“誰もが人生の最前線に立っているんだ”というようなことを
冒頭コラムに書いていたんです)

とはいえ私のがん宣告で我が家ではがんは既にユーモアの一つ。
「お父さん!、私のほうがずっと先輩だからね!」
とハッパをかけ、意気消沈し、夕飯を食べたくない
という父を励まし、 ケルト暦の大晦日が過ぎていく。

(補足)
ハローウィンに関しては、クリスマスやバレンタインなど
「節操のない日本!」という意見も随分と目にするが
私はこんなに平和に色々なものを統合させている、
誇るべき日本と言いたい!!

2007/10/30(火) 10月、回想
(少し過ぎてしまったが)
土曜はすごい雨だった。ビル風もあって大変だった。
そんな中、セルフ・セラピー・カードのヒーリング・カフェ。
元々今回はお申し込みの出足が悪くて心配したが、
最終的には前日と台風当日にもお申し込みが入ってきて
欠席なしの満席で開催できた。

二次会のプロントにも殆どの方が移動してお茶をした。
ありがたいな〜。

しあわせって、でかい出来事の成就でなく
今、目の前にある小さなひととき、出会いについて
気分がいいかどうかっていうことだとつくづく思う。

ちょっと気が滅入ることがあって、
ちょっとしたことで立ち直って。
そしてまた何かあって、忘れたりしながら、
また今、気分がいい。
その繰り返しのような今月。

翌日の台風一過の日曜はカード講座の補講。
そして明日も。個人セッションなど、カード三昧の日々。
週末は楽しみなヒーリングワークショップが控えている。

結局は「幸せです」と思える10月だったなぁ。

2007/10/06(土) 今回の出張での兆し、雑感
前から楽しみにしていた奈良&京都出張と旅行。
無事に昨日の夜、帰ってきた。
科学研究をする会社での自分よりも1〜2周り年齢が
上の方々対象のコミュニケーション研修であった。

だもんで、緊張するので、
行きの新幹線の中で“旅のキーワード瞑想”をまたしてみた。
出てきたのは
『終わりの始まり』『感謝』『あの世のコンセント』。
ムムム〜?、あの世?、
古都で開催だからかぁ…?と思って向かう。

そして一泊目だけは中学時代の友人宅に宿泊。
そこで19年もいた犬が最近亡くなったことを聞く。
そして眠りについたら、明け方に携帯メール音で目が覚める。
今回の出張をセットしてくれた会社の方のお父様が
急死の知らせ。
この方のお陰で今回の出張が出来、
こうして旅行も計画できたのに…。

ほんの少しの違いで、縁とはすごく強固だったり、
さりげなかったり、
いつもそこにあるようでいて、失われたり。
だから兆しをしっかりと読み取りたいし、
今一緒にいる人といつまた会えなくなるかもしれないのだから、
やはり楽しい時間を過ごしたい。
そのためには何よりも体調を整え、流れに敏感でいたい。
というようなことをしっかとひそかに誓う。

研修は無事に終わったが、
自分の親が急死したら、替えのない二人でやっている我が会社は
親の死に目に会えない役者のように
講師を務めないとならんのか?と感慨深く振り返る帰途。
元気な両親に感謝。

紅葉の季節には早いので奈良も京都もガラガラだった。
いくつかの寺社仏閣を廻りエネルギーチャージが出来た。

そして世間は今日から3連休だが、
私は又ネジを巻いて仕事三昧。
がんサポートの原稿の駄目だしもさっき、珍しく入ってきた。
トホホホ〜。これからやりますわん。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.