つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2003年12月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/06/30 3か月ぶりの電車と買い物
2020/06/13 料理下手の梅仕事
2020/06/08 伊勢丹大名様
2020/05/28 混乱の聖五月を振り返る
2020/05/17 「あなたを見守る」という花が咲く

直接移動: 20206 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2003/12/21(日) プレイバックシアターズ
今日は抜けるような青空の東京。
早起きして上大岡まで、即興演劇のワークショップ
「プレイバックシアターズ」に参加しに行く。
秋から接触をもっていて来年から一緒に何かやろうとしている
サマンサさんが主催するもの。
一日のこうしたワークショップはこれで最後で、来年から形を
変えるそうで、主に同窓会ムードなんで大丈夫かと心配したが、
始るともうそれは吹き飛び、参加者を楽しんだ。
何よりも集まった人のエネルギーが自然でエゴがない。すごいことだ。
特に男性はどこに行っても、私の偏見もあると思うが、
出たがり、目立ちたがり、甘えたがり、知識ひけらかし、
という人が目に付くがそうした変なエネルギーが感じられず、
主催している人の魂が澄み切っているのだろう。見習うべきことだ。

今日のワークショップのテーマは「一区切り」。
確かに私にとっても今年は事務所を狭いところに引越し、
今までの形態を変えて仕事を維持していくことが明確になった一年だった。

帰りの電車から見る夕日はそういう意味で感慨深い。
自宅のある駅に帰り着いてもすぐ家に帰る気にならず、
家と反対にある商店街のクリスマスイルミネーションをフラフラと見て歩く。
4年前の今頃はどん底だったと思うと涙が出てきた。
人生のガンジス川を泳ぎに泳いでここまで来たな〜って、感じがする。

明日は忘年会。明日が終わるとバイトなどはまだあるが、
今年の山場を越える。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.