たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年4月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2018/04/19 第二のトラウマは「音楽}
2018/04/18 池に映った逆さの絵はダメ!?
2018/04/17 麦飯はねて白米多く弁当に
2018/04/16 命を守る地球を
2018/04/14 尻が腫れあがったあの日

直接移動: 20184 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2018/04/19(木) 第二のトラウマは「音楽}
小学校3年生の記憶にはボロボロの「講堂」があります。体育館がなかったので初めは跳び箱の授業に講堂を使いました。多分低学年だけだったと思います。しかし、そのうち、低学年も跳び箱を外でやるようになりました。ボロボロの講堂が体育には適さなくなったのでした。ですから、グランドの向こうではドッジボール、こちらでは跳び箱と言う具合になりました。わたしは跳び箱が得意でした。誰もが飛べない一番高い跳び箱を越えることが出来ました。それと鉄棒は得意でした。中でも、飛行機飛びという遊びでは一番遠くまで飛ぶことが出来、誰にも負けませんでした。しかし、相撲ではなかなか勝てませんでした。チビのわたしには悔しくて悔しくてならない競技でした。講堂は危険ではあるものの補修しながら使っていました。演台が南にあり、その西下にはオルガンがありました。学芸会にはこの講堂が使われました。この学芸会で担任の先生は(3年生もやっぱり女先生でした)最初わたしに木琴をやるように言いました。ですが、わが家には木琴を買うような余裕はありませんでした。なにせ母が夜なべをしてやっとこさ「肝油」が買えたのですから木琴なんて無理でした。ですからなかなか上達するはずがありません。学校にある木琴も数が少なかったものですから学校での練習もままなりません。そこで先生が今度は笛をやれと言いました。笛も買ってはもらえませんでしたから結果は同じです。そこで先生が今度は猿蟹合戦の「猿」をやれと命じました。この猿役が嫌で嫌でたまりませんでした。だって、木琴が駄目で笛が駄目でとうとう柿をぶつけられる猿役か、と思い、自尊心がとっても傷ついたのでした。しかも、学芸会の当日、来ないはずの母が見に来ていたのです。わたしは舞台に出て硬直していました。この硬直は柿をぶつけられる猿役にはぴったりだったと思われます。この話も今でこそできますが、この話はずっと胸にしまったままでした。木琴や笛が買ってもらえなかったから音楽が嫌になったとはとても母には言いにくいことでした。音楽嫌いはこのトラウマが原因でした。絵を描くことと音楽をやることを毛嫌いし、避けたことはのちのち大いに弱った結果を招くことになったのですが、この時にはそんなこと思いもよりませんでした。

2018/04/18(水) 池に映った逆さの絵はダメ!?
小学校2年生の担任の先生は女先生でした。わたしの記憶ではとってもきれいな先生でした。ほんとうは顔立ちやスタイルよりも”優しかった”の印象が綺麗に見えたのかも知れません。わたしのいつ?という記憶は不確かなので、いつ、どこで見たのかはっきりしませんが、子供を抱えたマリア像の絵を見たときに「ああ、お母さんだ」と思ったことがあります。この小学校のころの思いは母には一度も話したことがありません。恥ずかしい気持ちがあったのだと思います。死ぬまでに一度話しておけばよかった、との悔いは残っています。確かに若いころの母は綺麗だったのかも知れませんし、子どもにとっての母はいつも綺麗なのかも知れません。それは優しさが綺麗を相乗させるのだと思います。この綺麗な先生が1学期で来なくなりました。赤ちゃんが出来るとのことでお休みになったのです。1学期の最後の日のお話は心の中に嵐を起こしました。これが最初の失恋だったのかも知れません。だって”大ショック”でしたもの。2学期からの担任の女先生にも”大ショック”を受けました。お絵描きの時間にクラス全員が写生に出かけました。わたしは池に映った家と樹木をとってもきれいだと思い、描きました。先生がやってきてわたしの絵を見るなり、「絵はちゃんと描かなきゃダメ!家も木も逆さでしょ」ときつい声で言い放ちました。わたしは絵を提出しませんでした。以来、わたしは絵を描かなくなりました。子どもの絵は「どうしてその絵を描いたのか?絵を描くに至る経過とその思いは何だったのかを尋ねなくてはならない」とわたしは思います。池に映る逆さの家だって木だっていいじゃないですか。逆さでも綺麗なものは綺麗なのですから。特に教師という職業についているならばなおさらそうでなければと思います。だってわたしは絵についてはいまだにこの事件がトラウマになっています。

2018/04/17(火) 麦飯はねて白米多く弁当に
小学校1年生になったわたしたちの昼食は3年生まで弁当持参でしたが、確か?4年生、5年生の2年間は給食になりました。転校後の岡山市岡南小学校、岡輝中学校は弁当持参でした。とすると、岡山市より妹尾町の方が給食開始は早かったことになります。従って、わたしの給食の記憶は2年間だけだったということになります。まずは、わたしが「わらくずパン」と呼んでいたとっても不味いパンです。コッペパンに似てはいるが似て非なるものでした。本当に不味かったのです。次の日には固くてぼろぼろになります。こっちもボロボロです。とても食べれません。先生が睨んでいるので少しだけかじって後はこっそりズックかばんに投げ入れます。そうしないとダメなのです。学校にはそのまま置いておけませんからね。友人たちがどうしていたかは全く覚えていません。おそらく自分のことで精一杯で他のことに気を遣う余裕さえなかったのだと思います。このパンを母が毎日ズックから取り出して油で揚げて次の日のおやつにするのでした。少しはましでしたが、これは二重苦でした。教室の窓の外の空には本当のコッペパンが飛んでいるのを眺めながら早く学校が終わらないものかと思う毎日でもありました。もう一つは、飲むと舌や口の周りにべったりとくっつく脱脂粉乳でした。これがミルク?という代物です。家畜の餌じゃありませんか。温かくても冷たくても飲めたものではありません。これも臭くて不味くて本当に嫌でした。ぐいと流し込む以外には方法がありませんでした。脱脂粉乳の代わりに牛乳が出され、この脱脂粉乳が日本の学校給食から完全に消えたのは1967〜70年ではなかったかと思います。さて、ここから母の苦労談です。弁当を拵える母の姿を横から見ていると、毎朝、お櫃をしゃもじでひっくり返し、ひっくり返ししています。白米3合、麦7合の中から出来るだけ白米を多く取り出して弁当箱に詰めようとしてくれているのですが、なかなか上手くは出来ません。それでも努力の後は確かにありました。わたしはスルメデンプが好きでした。隣の奴の赤いカツオデンプが欲しいなあと思ったこともあります。たまに玉子焼きが入っていると小躍りしたものです。もう一つの母の苦労談は「肝油」でした。これは注文しなければなりません。学校に支払う代金が必要です。母は肝油を給食時に注文するために(わたしが学校で友達に引け目を感じないように)縄ない仕事を夜中までするようになりました。夜、母がいない寂しさは肝油注文の代償でもありました。

2018/04/16(月) 命を守る地球を
わたしが6歳になった(1950年)年の6月から朝鮮戦争が始まり、小学校4年生になってから4か月目の7月まで戦争は続きました。そして、およそ300万人が命を無くしたといわれています。戦争をしないという日本国憲法の正しさはこの朝鮮戦争でも証明されました。殺人がもし死刑に該当するならば国連で「不戦条約の決議」をし、戦争を仕掛けた犯罪人に対しても国連における裁判で裁くべきではないでしょうか。シリアに対して化学兵器を使用したという立証がないまま米英仏3国が私的にシリアの化学兵器工場をトマホークで爆撃・壊滅するという報復的手法は間違っているとわたしは思います。また、現在の国連の運営手法は間違っています。現在の地球世界は群雄割拠の戦国時代と同じです。やくざが縄張り争いをしているのと同じです。人間はみな平等であり、人間の命が等しくかけがえのないものであるならば、各国が武力を無くし、国連に武力・権力を集約することが必要だとわたしは思います。そうしなければ紛争、事変、戦争などの惨害はなくならないとわたしは考えます。さて、話はわたしの記憶の方に戻しますが、朝鮮戦争の最中であった小学校4年生の途中までのわたしはどんなことをしていたのだろう?押し入れに閉じ込められたことはもちろん幾度もありますが、それはさておき、まずは桜が満開の校門を初めて潜った小学校1年生の記憶ですが・・・・・。

2018/04/14(土) 尻が腫れあがったあの日
ザリガニもいくらでも釣れました。道具はザリガニを入れるバケツと1m ほどの短い竹にタコ糸です。近所の仲間と示し合わせて鼻歌街道をルンルン歩いて行きます。川の流れの緩やかな浅瀬には赤い爪を持ったあのザリガニがいます。バケツをそこの土手に置いてから田んぼを見回します。そしてカエルを見つけます。竹の根元にタコ糸と合わせてしっかり握るとカエルを見据えてピシッと打ちますとカエルは硬直します。最初はブルブル震えていますが、手足をピーンと伸ばして固まります。いわゆる死後硬直と言われる状態になります。そのカエルの足の指を折り、皮をむきます。スルっとむけるのですが、そのカエルの足をタコ糸に結わえてザリガニの近くに投げるとスルスルとザリガニが近寄ってきます。カエルを食べ始めると竿を引き上げます。こうしてザリガニはいくらでも吊り上げられます。バケツ一杯になったらもう一つのバケツを持った仲間と「故郷」などの唱歌を大声で歌いながら意気揚々と凱旋します。裏山の広場で石で築いた二つの竈の薪に火を点けバケツを載せます。グラグラと煮立ったらみんなで食べます。「おお熱いのお。旨いのお」これがまあなんともホントに旨いのです。ある日のことです。たまたま母がわたしたちを見つけました。「あんたらー何しよん?」「・・・・・」「ザリガニを食べよんかな!」「・・・・・」その剣幕にみんな驚いて黙っています。母はバケツをひっくり返して火を消し、ザリガニを食べられないようにしてからわたしたちに命令しました。「みんな帰んなさい!けんじ!来なさい!」とわたしの手を引っ掴み、家に連れて帰り、わたしの尻を叩き続けました。「ジストマにかかったらどうするんじゃ。あほー。ジストマにかかったらどうするんじゃ。あほー」と泣きながらわたしの尻を叩き続けました。わたしは(エビは炊いて食べたらあたらん言うたじゃねえか)と思いながら叩かれ続けていました。その夜わたしの尻は腫れあがり仰向けでは寝られず俯いたまま眠ることとなりました。懸命に泣くのをこらえながら。

2018/04/13(金) ウナギが食いたいと祖父さん
寒い冬の日のことです。お祖父さんがウナギが食べたいと言うのです。「じゃあ、明日、行ってくるわ」とわたしは返事しました。ウナギ釣りには「ナガセ」という道具を作って使っていました。小学校1年生の頃にウナギ漁をやっているおじさんにせがんでせがんで教えてもらいました。材料は竹の串に、タコ糸と釣り針です。それとは別に穴の開いた鉄の輪っかにタコ糸をくくりつけ、そのタコ糸にたくさんの針をつけたのを川に投げ込んでおくというのもありました。もちろん針には餌をつけます。夕方仕掛けて置いて朝早く引き上げにゆくとウナギがかかっているのです。もちろんナマズやスッポンもかかっていることがありました。道具は木の箱の周りに糸が入る刻みを入れて針がこんがらからないようにしています。タコ糸は渋柿の実を砕いてしばらく置いて置くと灰汁が出てきて黒くなります。その灰汁に浸けて置いて乾かしたタコ糸を使いました。本当にそれで柿渋が出来ていたかどうかわたしにはわかりませんが、教えられた通り信じて作っていました。まず、学校から帰ると、石段の下から玄関に向けてズックかばんを投げます。当時のわたしにはランドセルは買ってもらえなかったのでした。それから餌箱を持って畑へ行き、大きい方のミミズを掘り出します。それから道具箱を取りに帰り、玄関に投げて置いたズックかばんを部屋に投げ込み、玄関で針に餌をつけます。一つひとつ糸がからまないように。結構気を遣うのです。これは鉄の輪っかの方です。それからもう一つの竹串のナガセの作業にかかります。竹串の頭に切れ目を入れ、そこに3mほどのタコ糸を結わえ、その先に針をつけています。タコ糸は竹串に巻き付けています。それに餌をつけてこれは別の箱に並べて重ね入れます。わたしは30本ほど作っていました。さあ、それから川へお出かけです。竹串を川の土手に差し込み、糸を川へ投げ込みます。それから鉄の輪っかの方を川へ投げ込みます。ワクワクルンルンです。帰ると、「祖父さん、仕掛けてきたど〜」と声をかけます。すると「お〜〜ご苦労さん」と納戸から返事が聞こえます。「お〜」と答えて、飯を食って、ぐっすり眠ると翌朝早く引き上げに行くのです。不漁だったという記憶はありませんでした。

2018/04/12(木) あああの頃が朝鮮戦争だったのだ
青空をゴンゴンと唸りを上げて飛んで行く双胴のロッキードを見上げて「カッコええの〜」と友達と話し合っていたわたしたちは腰には磁石を引きずって歩くための紐をぶら下げていました。金物を拾って歩いていたのでした。金物を集めてそれを持って行くと大人が金をくれました。思えばこれがわたしたちの朝鮮戦争だったのです。朝鮮に物資を運ぶ双胴のロッキードと不足して値が高騰した鉄類を集める仕事でのわずかな小遣い稼ぎ。それでも釣り糸や釣り針を買うことは出来ました。釣り竿は竹藪へ行き、適当な大きさの奴で真っすぐくてしなりのいい竹を伐って使いました。買わなければならないのは釣り糸、釣り針、浮きを留めるゴムでしたが、ゴムが無い時には釣り糸に直接浮きをくくりつけていました。もちろん浮きは木を小刀で削って造っていました。鮒などは面白いように釣れました。餌は常時間に合うように流しの外の排水溝のところで糸ミミズや赤ミミズを飼っていました。これはハヤやモロコや小鮒などの小さい奴ようでした。大きい鮒や鯉など用には大きいミミズが必要ですが、これは畑で飼っていました。もちろんウナギ用でもありました。朝鮮戦争はこうしたわたしたちの生活するための用具購入という形でのささやかな支援ともなっていました。移動は大人の自転車を借りて使いました。思えば「学区外に行ってはダメなどという規制」などはまったくありませんでした。大人の自転車(大人はハチと言っていました)には直接乗れませんでしたからもちろん横乗りというスタイルでした。これでなんと妹尾から今の当新田や現在の児島湖やあべ池まで行っていました。アミを餌にするのですが、ママカリなどは1〜2時間でバケツ一杯ほど釣れました。こんな自然を失った今の子供たちは不幸せだとわたしは思うのですが、今の子供たちはテレビもゲームもパソコンも無かったわたしたちの方が不幸せだと思うかも知れません。ウナギに鮒に鯉、シジミにアサリにマクラ貝にカキ、ママカリにサヨリにハゼ、ギンナンに柿やイチジクなどなんでもありました。経済発展で失われたものの大きさは測り知れないと思います。誰が何と言おうとわたしはそう思うのです。

2018/04/09(月) 記憶の糸を紡ぐと・・・
わたしの幼少期の記憶はこのように少ないものの日本の歴史は大転換・大激動の時代でありました。わたしは0歳〜1歳時代は空襲下を逃げ回っていました。この頃、神風特攻隊が出陣します。しかし、米軍はサイパン島より本土爆撃をおこない、B29による空襲を本格化させていきました。1歳〜2歳時代のわたしは岡山、隠岐・知夫里島、境港、また岡山へと居所転々としましたが、この間、日本は空襲、原爆投下、ポツダム宣言の受諾、連合国総司令部の設置とマッカーサー来日、占領下での新選挙法の公布、財閥解体、第一次農地改革の指令、「アカハタ」の再刊、ヤルタ会談、ポツダム会談と目まぐるしく変遷していきました。2歳から小5までのわたしは両親の庇護の下に妹尾での暮らしは貧しいながらも落ち着いた暮らしでしたが、世の中は、天皇の人間宣言、極東軍事裁判、戦争の放棄を誓った日本国憲法の公布、第二次農地改革、教育基本法・学校教育法の公布(6・3制の教育実施)、松川事件、下山事件、三鷹事件、南北朝鮮分離独立、中華人民共和国成立などと激動の時代でもありました。そして、ソ連、中国、北朝鮮などの台頭を恐れたアメリカを中心とする連合国との間の緊張状態が続きます。こうした状況を背景に日本ではレッド・パージの開始、警察予備隊の設置、公職追放の解除(安倍総理の祖父岸信介氏も戦犯判決を逃れることになった)、そして1950(S25)年6.25日の朝鮮戦争の開始となります。朝鮮戦争も世界の覇権を争う米ソの戦いへと変貌していきます。今、思えば、朝鮮戦争の思い出が二つあります。一つは双胴のロッキード、今一つは腰にぶら下げた磁石でした。

2018/04/07(土) 博打は友人を失う結果に
わたしはパッタを使った博打に次第に熟練していった。わたしはわたしに幾つかのルールを課した。まず、相手をよくみることを第一とした。第二は、自分の手持ちの札が悪い数字の時はもう一枚引く。しかし、それでも五とか六とかより下の数字の時には賭けの枚数を少なくして賭けそのものを投げる。第三に七は悩むが(泣きと言われる由縁でもあろう)、八(オイチョ)とか、九(カブ)の時は勝負に出る。これは誰でもが同じ気持ちで勝負に出るであろう。その時、相手をよく見ていると、五より下の時にはしょげる雰囲気、六、七の時は悩む雰囲気、八や九の時には勝負に出るぞとの雰囲気が伝わってくるようになるのだ。指を動かす奴、鼻がひくひく動く奴、眉間に皺が寄る奴など特徴は人それぞれ、さまざまではあるが、わかってくるのだ。だからわたしはどんな時にもポーカーフェイスを貫く。すると、七(泣き)でも泣かないで済むのだ。オイチョやカブの時には「お前は勝てるぞ」と勝負を誘うのだ。すると、相手は勝てると踏んで賭けの枚数を増やしてくる。こうしてわたしは小学校3年生の頃には餅の代わりにパッタをぎっしり詰め込んだモロブタが幾十枚も出来上がった。弟が黙ってもちだしては負けて帰った。しかると母は「あんたはあ兄ちゃんでしょ。あんなにたくさんあるんだからええじゃろう」とわたしを叱った。わたしは内心面白くなかった。しかし、この博打の成果は思わぬ形でわたしに跳ね返ってきたのだった。担任の男先生から呼び出しを受けて注意をされた。でも、悪いとは思わなかった。ある時、鬼ごっこをしていた時に気が付くとみんながグルになってわたしだけを鬼にしたてていたことに気がついた。わたしは激怒して一人の友人を叩いたが、逃げ出したので家まで追いかけて行った。おばあさんの後ろに隠れても許さなかった。しかし・・・・・どうして・・・・・?「なぜみんながグルになってわたしをいじめたのか?いや、いじめたというよりも博打の被害者同盟を結成して、一致結束してわたしの一人勝ちに対抗したと言う方が正しいのであろう」わたしは博打が友達を無くすということをこの事件から学んだ。以後、わたしは自然と博打はやらなくなった。

2018/04/05(木) 父のビンタ
ある日のこと。わたしが先輩と賭け勝負をして負けてしまい、喧嘩になり、泣いて帰ったことがあった。当時、わたしたちはパッタと言っていたが、いわゆる関東ではメンコといわれていたやつである。表には川上哲治さんなどの野球選手の写真などが載っていて、裏には説明書きと一番下にナンバー数字が書いてあった。最初は相手のパッタをひっくり返して勝負を決めていた。そのうち、パッタの裏のその最後の数字で勝ち負けを決める博打がおこなわれるようになった。パッタを裏返して開ける前にはもう一枚引くことが出来るという大人の博打のルールと同じだ。一はインケツ、五はゴケ、八はオイチョだのと大人の受け売りをして勝負をしていたのだ。一体誰が持ち込んだのかはわからないが、五寸釘を使って遊ぶ釘倒しと一緒に流行ッていた。わたしはこのことから実に多くのことを学んだ。まず第1にわたしはそのことにのめり込む性質があるということだ。第2に相手をよく見ると言うこと。そして、第3に友人を失うということだった。その日は最初の勝負だった。わたしが持っていたパッタ数十枚を勝負に負けたのだから当然巻き上げられた。悔しくて悔しくて「ひどいじゃないか。返せ!」と言ってむしゃぶりついたが、3歳年上の先輩に突き倒された。悔しくて、悔しくて泣いて帰った。その時、父が家にいた。「男が泣くな!」と言って、ビンタを喰らい、縁側の沓脱石に投げつけられた。今度は父が怖くて怖くて縁側に置いてあったミシンの下に逃げ込んで泣いていた。しかし、誰も助けには来なかった。自分の身は自分で守る以外には方法はないのだ、と知った最初の日であった。父は戦後船乗りに復活していたようだが、いつからなのかはわたしにはわからないことであった。わたしの記憶の中では父が長期に家で暮らしていたことが2.3度ある。その際の父は怖かった。父がいる時はわたしは毎日駅まで新聞を買いに行かされた。その時にはよく母が駅近くにあった醤油屋に寄って醤油を買って来いと言われたものだった。

4月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.