たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年7月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2018/09/17 大石くん
2018/09/12 いよいよ中学生に
2018/09/09 小学校もそろそろ終わりに
2018/09/07 アチャー、顔が青いがな
2018/09/06 お=い、ここから飛び込めるか?

直接移動: 20189 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2018/07/19(木) 困った奴ら
蝉取りも昔は今と違って網で採ったりはしなかった。網などは値段が高くて買えなかったのだ。そこで、僕らは藪に入って竹を伐りだし、その竹の枝を取り払い、その竿の先にハエトリ紙のネバネバを巻き付けて蝉を捕らえていた。魚釣りもそのようにしていた。トンボ採りも短い竹の先につけたタコ糸に結わえて友釣りをした。銀ヤンマだぞ、鬼ヤンマだぞといばりあったものだった。凧あげの凧も手作りであった。竹を割いてひごを作り、骨組みを拵えてから新聞紙を貼り、色をつけ、絵を描いた。従って、揚がった凧の二本の足が風でよくちぎれた。すると、凧がくるくると回って落ちてくるのだ。丈夫な足を如何に作るかの勝負でもあった。そこで僕らの必需品は肥後ナイフであった。よく切れるようにいつもナイフを研いでいた。寝ている間以外はいつもポケットにナイフはあった。こうして考えてみると、僕らは一年中遊びに困ることはなかったようだ。夏の朝早く、午前3時ごろ、僕を呼ぶ声がする。カブトムシやクワガタ虫採りのお誘いである。朝暗いうちに出かけて蜜を吸っているカブトやクワガタを採るのだが、気を付けないとハチやムカデもいるので用心しながら素手で捕らえる。家に帰ってからは蚊帳に潜り込んでそのまま眠る。すると、その日は大目玉となる。捕らえたカブトやクワガタが蚊帳の中を飛び回り、中には蚊帳を破って出る奴がいる。何とも困った奴らであった。

2018/07/17(火) ケンちゃん空を飛ぶ
裏山を通ってお宮へ向かうわが家の南にある階段はとても長かった。階段は真っすぐに山の上まで続く。いつもは上を見上げると広〜い空がそこにはあった。その階段を登りきるとうっそうとした森になる。この森の中を人がやっと通れるほどの木の根だらけの道を数百m左に行くとお宮の広場にに出る。このお宮の広場の周囲は桜の木やモミジの木などがいっぱいある。ぼくは毎年夏休みの標本づくりはここでやるのだ。ぼくたちがシャーシャーと呼んでいた「クマゼミ」「アブラゼミ」「チーチーセミ」などいくらでも採れる。ある時、友人が2日間でセミを何匹採れるかとの競争を挑んできた。ぼくはいつもどおりに竹の竿の先にハエトリ紙のネバネバのくっつきをつけて採っていたところ、ご注進があった。あいつは「兄弟でやっているぜ。ケンちゃんもなんとかしなきゃ。手伝おうか?」と。「いや、ぼくは一人でやる」とせっかくの申し出を断った。そこで考えた。「どうする?けんじ}と蚊帳の中で。寝る前にふと「蝉も寝ているはずだ」と思った。「よし!明日は早いぞ」と決意して寝た。翌朝はまだ暗いうちに起きて、大籠を持って出かけた。なんとまあ採れるは採れるは。素手でいくらでも採れる。そして、その日のお昼に友人数名が集まって勝負判定がおこなわれたが、ぼくは卑怯な気がして理由を話し、引き分けにしてもらった。その試合の日の翌朝であった。ぼくは真っすぐな長い長い階段の上にいた。そして、ぼくはそこから飛んだのだ。ムササビのように。すーーーっと。なんと気持ちの良いことであったか。ばくは空を飛んだのだ。すると、姉の声がした。「けんじ、いつまで寝ようるんで!」と。いつものとおり箒を手にして。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.