たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年5月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2018/07/17 ケンちゃん空を飛ぶ
2018/06/05 夢と消えた百円札
2018/06/04 チョコをくれたのは誰?
2018/05/16 里芋泥棒
2018/05/08 南京事件

直接移動: 20187 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2018/05/16(水) 里芋泥棒
ある秋の日のことでした。わたしたち家族は相変わらず粗末な夕餉の食卓を囲んでいました。煮た里芋がメインでした。食卓といっても今のような豪華な物ではありません。折りたたみのできる4本の足のあるちゃぶ台というテーブルでした。4人が座れば満席です。5人が座るととっても窮屈ですから隣の人が持っている茶碗を持つ左手とわたしの箸をもつ右手があたってうまく食べれないほど小さな黒塗りのテーブルでした。芋をつまんで箸を振りながら、姉がわたしに「あんたな、友達が来ても掃除の邪魔だけはせんようにな」と目を細めて言った。姉が目を細くして物を言う時は怖いのですが、続けて「わかった!?」と言いました。こういう時の姉はさらに怖いのでした。その時、母が「あのな」とみんなに話し始めた。「あのな、今日の芋はすこ〜しばかり不味〜てごめんな・・・。」すると、姉はわたしへの苦情の話しを打ち切って母に「今日は親芋を炊いたんじゃなあ。子芋はとっておくんかなあと思ったけど子芋はどこへ置いたんかなあ?」と尋ねた。それに答えて母は相変わらずゆっくりした口調で「せえがな、今朝畑へ行ったら里芋が全部盗られとったんじゃ。ほんまにびっくりしたわ。昨日の晩から今朝の暗いうちに盗んだんじゃろうなあ」「警察へ言うたん?」と姉。「警察は役に立たんじゃろう。せえでもな、よっぽど、困っとるんじゃろうなあ。戦争が悪いんじゃ。頭のええ人みたいじゃが生活に困っとるんじゃろうなあ」「なんで頭がええん?」「せえがな、こんな紙切れを置いてたんじゃ」と母は懐から達筆な筆跡の半紙を取り出して読みあげた」−子はそれぞれにい始末した。親を頼む」−「なによん、母さん。そりゃあ、バカにされとんじゃが」と姉。わたしと弟は黙って聞いていた。姉の攻撃から逃れてほっとした気持ちもあったが、泥棒を誉める母を初めて知った瞬間でもあった。姉は芋泥棒に憤慨していた。しかし、母は「まあ、里芋はまた来年じゃ。ごめん、ごめん。辛抱してな。ハッハッハ」と大笑いした。−子はそれぞれに始末した。親を頼むーがよほど気に入っていたのであろう。無謀な戦争をし、敗戦を迎えた戦後のひどい国民の生活苦の一コマであったと思われる。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.