たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年7月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2017/11/22 旅の準備は念入りがいい
2017/11/21 タイへ行きタイ
2017/11/14 嫌な奴
2017/10/22 過ぎ行く日々に
2017/10/21   ばくの野辺

直接移動: 201711 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2017/07/31(月) 魚の小骨(3)政財官癒着
異常な暑さが続く今日この頃。仕事疲れに冷たいビールをぐい〜っと一杯!飲みたくなるはず。だがしかし、この業界にも異変が起きているようだ。ビール離れが加速している。一因は酒税法改正(コロコロ変わる税制改悪には困ってしまうなあ)でビール類新ジャンルの税率が上がることで消費者離れが起きると業界各社は戦々恐々と次の一手を考えている。値上げすれば消費者は離れていく。すでにビールを離れている消費者も多い。受け皿の缶酎ハイやウイスキーが絶好調とのこと。ビール類全体は前年同期比1.3%減の1億9025万ケース。上半期(1〜6月)比較では5年連続過去最低記録を更新している。ビールは1.4%減、発泡酒が2.4%減、新ジャンルが0.7%減(上半期の課税出荷数量)。そんな状況下でビール類新ジャンル部門でキリンが首位を陥落。アサヒに抜かれた。20年前のアサヒのスーパードライ発売以来の晴天の霹靂である。要因はアサヒの主力「クリアアサヒ」のリニューアルによる販売数量が前年比10%増となったことだ。もう一つの要因はキリンが「のどごし<生>」を税制改正を見越して値上げしたこと。加えて、消費者ののどごしブランドへの飽きが重なったためと思われる。ここで注目すべきは、消費者は少しでも安く、そして良い物を求めているということである。各社が競い、そのような商品を作る競争があれば国民にとっては嬉しいことである。しかし、安倍一強自公政権(そして、この政権を引き継ぐグループ)と財界が結託し、物価を引き上げるためには競争と見せかけ、国民を欺きながら値上げを企んだらどうなるのであろう?そうすれば政権は税金が増え、軍備が増強出来る。物価が上がるインフレになれば国の借金が減る。企業は売り上げが減っても利益が増える。国民はなお我慢の生活を続けながら隣りよりはうちの方が少しは増しだと自分を持ち上げ、自分を納得させる。カルテルなんぞ出来っこないという君へ。見てみなさい。軍隊を禁じた憲法の下で軍隊をもち、禁じられた六大財閥グループは厳然として君臨し、政治をも支配している。(財閥グループはソフトバンクの孫正義氏の賭けが成功すればひょっとすると七大財閥グループになるやも知れないが?)。三菱、三井、住友、芙蓉、三和、第一勧銀という財閥及び企業集団は厳然として存在し、威力を蓄えている。もちろん個々の企業の浮沈はあるものの。そして、今の日本には安倍一強に代わる野党がいない。支持政党なし層が圧倒的に多い。すると、解散総選挙となればどこにどう転ぶかはわからない危うさを持っているのである。

2017/07/30(日) 魚の小骨(2)格差社会
ビリオネアという言葉がある。わたしはよく知らなかったが、10憶ドル以上の資産保有者ということだそうだ。アメリカの雑誌「フォーブス」が毎年集計しているという。それによると日本在住者が33人だそうだ。資産総額は1145憶ドル(およそ12兆円)で人数・金額ともに過去最高だとのこと。「へ〜、あるところにはあるもんだ。金持ちはますます金持ちになれるんだ」と感心した。もっと驚いたのは1億円以上の報酬を受け取った役員が10人以上いる企業が3社から5社に増え、三菱電機は22人もいるという。普通の社員の平均年収が500万円だとすると20年分だ。5年役員を勤めると100年分だ。普通の人が一生働いた収入の3倍近くにもなる。5年で3人の一生分稼げるってすごいよ。やっぱりそうだ。「安倍さん、がんばれよ」と言うのもよく分かる。ところが、総務省の家計調査によると、2人以上の世帯の実質家計消費支出はほとんどの月がマイナスである。生活を切り詰めないと暮らしていけない日本なのだ。2%の物価引き上げを目標と言いながらあれこれやるが効果がないのも当たり前である。ところが介護保険料をはじめとする公租公課、公共料金は有無を言わさず引き上げるのだからもっと生活を切り詰めざるをえないのが庶民の実態だ。アベノミクスがアホノミクスと言われる由縁であろう。だが、悲しいことに我々には雲の上の金持ちの姿が見えないようにされている。隣近所はよく見えるのに。でも・・・?三菱電機の役員22人がそれぞれ1億円以上の報酬もらったって? GHQが日本を再び戦争させないために解体した財閥・企業閥ってしぶといなあ。まだ生きているんだ。キリンビールも三菱グループだったって知らなかったなあ。

2017/07/29(土) 魚の小骨(1)暗雲
世界の天気は異常だと言える。九州、東北でのゲリラ豪雨の被害状況を見れば判る。政治もおかしい。政治も異常である。北朝鮮は労働党と称しているが実態は労働党でない。日本の「連合」が体制翼賛である以上に危険で壊れやすいビンのラベルが中身と違う。北朝鮮は戦前の日本の天皇制国家と同じで一家族が国家を治める国である。始末が悪いのは「独裁国家」ということである。この北朝鮮が大陸間弾道ミサイル発射で安倍自公政権を支える要因となっていることは皮肉なことである。森友学園、加計学園問題、南スーダンPKO 日報隠しで支持率を低下させた安倍自公政権の危機的状況。そこへまたミサイル発射である。どこまで安倍自公政権を支えるのか?と一人憤慨している。そこで少しばかり考えなきゃと思った。小池百合子東京都知事率いる都民ファーストが圧倒的勝利を納めた東京都議選結果がわたしには魚の小骨が喉に引っかかった感じでどうにも気持ちが悪い。どうすれば小骨は取れるのか?つまり、これからの日本はどうなるのか?圧倒的な無党派層はどこへゆくのか?日本はどこへ向かおうとしているのか?そこでわたしなりに少し考えてみたいと思った。都民ファーストの圧倒的勝利はなぜ?トランプはなぜ大統領になれたのか?フランスのマクロン氏は下馬評に反してなぜ大統領になれたのか?彼らはどこへ向かうのか?そして日本はどこへ向かうのか?

2017/07/28(金) 陸自日報隠蔽問題について
南スーダンPKOの日報を「ない」とした陸自、防衛省、稲田防衛大臣の責任は「辞任」で終わりにできるのだろうか。国の防衛に係る日報を「ない」で済ませ、一部は消去したという隠蔽体質で日本を防衛する任務が果たせるのであろうか。わたしは「ない」と断ぜざるを得ない。なぜならば、事実を事実として分析して初めて正しい結論が導きだせると確信しているからである。今のままでは戦前の軍部と何ら変わらず、国民に嘘の情報を流し続けて、結果、国民を騙すことになるからである。特別防衛監察結果も完全ではないようだ。自民党安倍政権を護ろうとする意図が見え隠れしている気がしてならない。稲田防衛大臣に日報の報告をしたとされる件についても、何だかあやふやにされているようだ。大臣が出席した会議でもし大臣が黙っていたのであれば御前会議と同じで「黙示の承諾」となるはずだ。言わなかったから「免罪」とはならないはずである。このまま辞任で終わりにすると日本の防衛が駄目になる。防衛省、陸自、海自、空自は国民に尽くす軍隊であって権力者に媚びへつらう御用軍ではないはずだ。徹底解明と国民の軍隊としての真の改革を願う。軍隊が厳然として存在している限りは。

2017/07/20(木) 立ち遅れる石炭だのみの日本の電源
このままでは日本の電力の石炭だのみが世界から大きく立ち遅れる要因となるだろう。トランプ大統領が地球温暖化対策のパリ協定から離脱したのは支持基盤の石炭業界を護るためだが、足元のアメリカでは米電力大手のPSEGの最高責任者は「今後石炭に投資することはない」と言い切り、また「2021年には同社の石炭火力は0なる」と言う。理由は米国内では太陽光や風力発電への投資が着々と進んでいるからだ、と。ところが日本では電力自由化で石炭火力の新設が相次いでいる。これが安倍自公政権の岩盤規制撤廃の実態である。加計学園の獣医学部新設にも見られるように安倍氏がめざす岩盤規制を突き破るというお題目はお友達を利するものであった。本当の岩盤(日本国民の利益を損ねている法律や権益)=巨大企業への優遇措置を撤廃しようとするものではないことが明白となった。太陽光、風力への買取単価の切り下げは設置費用の高いままでの移行となったため再生エネ電力の設置は急ブレーキを掛けられ、と同時に2年後から自宅の屋根に取り付けた太陽光パネルの固定価格買取が終了する世帯が急増する。嘘の大好きな安倍氏は「やっぱり原子力だ」と大宣伝するに違いない。しかし、世界は風力も太陽光も設置コストは石炭よりも安くなっている。なぜ日本だけ高いのか。ここが問題だ。開発技術の遅れは既得権益の擁護ではないのかと思われる。外国製品を使用するには輸送コスト+円安で高くつく。ここに世界と逆行する日本の姿がある。アメリカでは中西部アイオワ州は以前400以上の炭鉱が栄えていたが、今では全米一の風力発電の都となり、総発電量の3分の1を超えるまでになっている。日本は再生エネを再度見直すべき(技術水準の引き上げ・コストダウン)時期であろう。石炭だのみの今のままの政策では、原子力燃料をバケツで運ばせるレベルでは早晩日本の電力は危機的状況を迎えることとなるだろう。

2017/07/18(火) &のこころ
天気予報にはなかった午前10時前から降り出した雨が止みそうにないので草刈りを中止した。ずぶぬれだった。着替えを済ませて恨めし気に鉛色の空を見上げた。目を下に転じると表の道や庭には蛙が嬉しそうに飛び跳ねていた。雨が嬉しいに違いない。恨めしい&嬉しい。立場によって正反対の気持ちが&とはならないのだろうか?と思う。昨日の事件もそうだった。一昨日、わが家の軒下に蜂が大きな巣をこしらえていた。安全な場所なのであろう。燕の巣の隣であった。燕の安全も心配であった。眺めていると隣家の主人がどうしたと聞く。訳を話すと巣を見上げ「取ってあげよう」と言う。「えっ?」と聞くと「よくあることだ」と。そこで昨日の夕方蜂の巣の駆除をした。こちらはひやひやものであったが隣家の主人は慣れているのであろう。巣を除去してくれた。巣の無くなったところへ蜂が群がっている。また巣をつくるかも知れない。今朝、玄関へ出て掃き掃除をしていると羽音がうるさいので見上げると玄関の外の天井に蜂が巣を作ろうとしている。巣が無くなったので今度はここへつくろうとしているのだ。雨が当たらず捕食されにくい場所を選んでいる。大したものだと思ったが関心ばかりもしていられない。家族が刺されでもしたら大変である。薬を噴霧してやっと追い払ったが彼らも生きている。両者が納得できる&はないものか?と思う。そして、最近の事象を思う。北朝鮮といい、アメリカといい、安倍といい、都民ファーストといい結局「自分だけ良ければ」である。「みんな違ってみんないい」&の精神は築けないものか!と思う。

2017/07/17(月) 汝の敵を愛せよ
クリスチャン新聞(7・16)によると、第2回北朝鮮セミナーが6月12日に開催されたとのこと。最初に挨拶をされたピーター李氏は「北朝鮮の最近の変化は5分ごとに陣痛が襲ってくる感じだ。社会(共産)主義国で国家がすべての所有をしているはずだが、最近では市場が生まれた。22年前に配給が出来なくなり、いろんな国から物資の援助を受け、市場が設けられた。平壌で5つの市場であったが昨年末では467もの市場が出来ている。また持つ者と持たざる者の区別がされる不平等社会である」と。シム氏は脱北した時の北朝鮮を「民は食べ物が無く餓死しているのに金正日は毎夜晩餐会を開いていたので彼を憎んでいた。はっきり言って悪魔が支配する宗教集団だ」と。南北分断の加害者である日本人、日本人を拉致しその人の人生を滅茶苦茶にした北朝鮮。今の日本から見れば敵性国家だ。しかし、政権崩壊時に最大450万人もの難民が予想される北朝鮮。1953年ごろから北朝鮮はクリスチャンを捕らえ皆殺しにしてきた。58年にはクリスチャンはいなくなったと発表したが、神様はクリスチャンを派遣している。韓国の教会からも「助けて」の声が寄せられている。崩壊の在りようも関係するがその準備をしなければならない、などということが話し合われたとのことである。トランプ大統領が海外に仮想敵をつくり憎悪を掻き立て開戦も辞さないと公言しているアメリカ。そのアメリカと行動を共にしている日本。日本は何をすべきか。日本の教会はどうすべきか。難民救済をどのように準備すべきか、”汝の敵を愛せよ”ということであるが、われわれ日本人が知らされていない北朝鮮の様子が記されていた。同紙の北朝鮮の真実の報道に感謝したい。

2017/07/16(日) 劉暁波氏の死を悼む
劉暁波氏が亡くなられた。まことに痛恨の極みである。安らかにお休みください。そして、夜空の星となられ、この地球上での言論、思想弾圧のない世界実現へのお導きをお願いしたいと思う。彼が2008年に中国共産党一党独裁の廃止及び三権分立などを訴え、08憲章を起草し、発表したことにより、「国家政権転覆扇動」の罪に問われ懲役11年の刑に服すこととなり、獄中でノーベル平和賞を受賞したことは周知のことである。彼がまた中国を代表する作家の一人である巴金氏が百歳で亡くなった時、「御用文人」「政治的飾り物」と痛烈に批判したことも有名である。ガンジーやダライ・ラマ14世を敬愛した彼は非暴力を貫き、裁判では「私には敵はいない、また憎しみもない」と陳述した。振り返ってわが国を俯瞰すると御用学者や御用文人の如何に多いことか。共謀罪法(テロ対策特別法)を成立させた安倍自公政権は中国のこのひどい状況を目指しているとしか言いようがない。彼が目指す軍事国家体制はそうならざるをえない。日本は別だと思う人が多いと思うが、今の日本の現状を俯瞰して見て欲しいと願う。明日は中国と変わりがない日本の姿が見えてくるはずだ。

2017/07/13(木) 安倍政治にはうんざりするなあ。だが・・・
豪雨被害が北九州、広島、茨木と続いた後、今年又九州の福岡と大分に大被害をもたらした。線状降水帯の所為だという。流木が山からえぐり取られ、土石流を伴って流下し、川をせき止め氾濫したというから恐ろしい。自然の怖さは測り知れない。亡くなった方々のご冥福を祈りします。と同時に、被災者の方々にお見舞い申し上げます。さて、ところでわが国の政治はというと、これまた恐ろしい状況です。共謀罪(安倍は名前をテロ等準備罪と変えたが)が施行された。大臣も法律を施行しようとする関係者も内容をよく知らないまま法律が無理矢理国会で反対論を抑え込んで数の力で議決した共謀罪。運用は公安・警察及び検察に任された。これまた恐ろしいことだ。加計学園問題での国会論戦をみれば、肝心なことは「記憶にない」「手続きは正当だ」と言い張るのみ。共謀罪で公安・警察に逮捕させておいてもその関与を問われると「記憶にない」「手続きは正当だ」を繰り返すのみであろう。政敵や邪魔者を陥れて一強独裁をさらに盤石のものにしようとする邪まな性根が透けて見える。自然の猛威は変えられなくても政治の邪悪な猛威は変えられると信じたい。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.