たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年12月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2019/04/19 退院しました。
2019/03/24 脳梗塞で急遽入院
2019/02/23 柔道部を止めて放送文化部へ
2019/02/08 岡大へ行くことに
2019/02/03 昭和38年の春のこと

直接移動: 20194 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月 

2016/12/07(水) みかんの香に包まれて
旅人の蜜柑くひ行く枯野かな  子規  
みかんはどこからやってきたのか?その答えは英名にあった。英名はサツマオレンジと言う。18世紀に中国から日本に帰った僧侶が持ち帰った柑橘の種を鹿児島県の長島に着船した際に蒔いたところその中から偶然良いものが出来たという。從って原産は中国というわけにいかないようだ。紀伊国屋文左衛門が荒天をついて江戸へ蜜柑を運んで五万両もの大儲けした話は有名であるが、この蜜柑は紀州蜜柑。小型で一袋に種が2〜3個あるため明治以後は種がほとんどない温州蜜柑が主流となった。今では伊予、安芸・・・と広がっている。蜜柑と海は切っても切れないほど縁が深い。入江や海を見下ろす蜜柑山は暖かさを感じるところである。岡山ではブルーハイウエイ沿の山肌にも植えられている。先日、友人が広島の島の実家の蜜柑を送ってくれた。とても有難く日々蜜柑の香りを身にまといながらいただいている。吾も人生の旅人なりと知る。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.