たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年5月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2017/11/14 嫌な奴
2017/10/22 過ぎ行く日々に
2017/10/21   ばくの野辺
2017/10/20   姫の声
2017/10/19   秋の雨

直接移動: 201711 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2014/05/13(火) キヌムスメ
今日は真夏日となり、昼間は暑かった。最近は冬の寒さと夏の暑さが異常だと思える日が多くなった気がする。その分、長くあってほしいと願う春と秋がアッという間に通り過ぎてゆく。なんて残念なことだろう。だが、四季のある日本に生まれてよかったと思う。

種籾をお湯に浸すやキヌムスメ

2014/05/12(月) 桐の花
法務局、市役所、銀行等々駆け回った。曇りのち雨降る中を。

新なる家寿ぐや桐の花

2014/05/11(日) 日々諸事多忙。
荷物の整理、片づけ等諸事多忙。役所への書類提出も多し。5月末まで及び6月は農事も含め多忙なり。体調管理に心せよ。

見渡せば走る田植え機桐の花

2014/05/10(土) 一本松の海
今日が最後となる岡南学区連合町内会の会議に出かけました。途中で一本松の展望所へ立ち寄り、しばらく海を眺めていました。波は穏やかで手前には牡蠣筏があります。はるか彼方には音もなく船が滑っています。白銀の海を小さな黒い船と大きな白い船が滑っているのです。時速はおよそ40kmくらいではないかと思えました。
筏の浮かんでいる近くの海は青いのです。このコントラストがまたとても美しいのです。今日はとても素敵な時間をいただきました。
かの海の牡蠣の筏の底に棲む魚の哀しみさ青なりけり

2014/05/09(金) 草刈
今日も一日物言わず草を刈る。腕が痛くなる。でも草を刈った後の整然とした様は気持ちいい。時折蛙を事故に遭遇させるのはかわいそうだが致し方ない。「来るな、来るな」「逃げろ、逃げろ」「もう〜〜逃げろと言ったじゃない」こんな感じです。
端午過ぎまだ放置せしまま草の山

2014/05/08(木) 燕と同居
今日は燕に驚かされた。見上げるとわが家の軒下の空気抜きドレンの上に巣をつくっているのです。広い、広い空を宙返りしながら飛び回り、時折戻ってきます。燕の巣作りを見るのはは初体験です。ドキドキしながら見守っていました。なんだかいいことがありそうです。
一つ家に燕も棲まう新居かな

2014/05/07(水) 安倍がほめたら眉につばつけよう。
安倍首相がほめたら気をつけないといけませんね。安倍首相が「女性の輝く社会をつくる」と言ったら、なんと、なんと、扶養控除を廃止するとか課税されないラインを引き下げるとか「お前さんたちもっと働けよ、もっと税金収めろよ」となってきた。ご用心くださいませ。
新緑や燕の声に蛙鳴き

2014/05/06(火) かつての悪童ども
今日は転居のお別れ会をしてくださるという。ありがたいことです。これからお別れ会がいくつも続く予定になっていますので飲みすぎないようにしないとね。

お別れの初夏の酒盛り古悪童

2014/05/05(月) 代掻きがはじまった
娘とあちこち。楽しい一時を過ごすことができました。

鳴く蛙女の稔りの代田かな

2014/05/04(日) 70歳になりました
満70歳になりました。祝・古希を過ぎて1年ですが、よくもまあここまで生き延びられたものだと思います。人生わずか50年と体には過酷な無茶な生き方をしてきましたが、よくもまあ刺されもせず、撃たれもせず生きてこられたものです。と同時に、丈夫な体に産んでくれた両親にも感謝、感謝です。明日は立夏。いよいよ本格的な農繁期です。今年はもう遅い感がありますが、また後何年生きられるかはわかりませんが、農業者として生きてみようかと考えています。今後ともよろしくお願いします。
終日もの言わずトラクターに乗る

5月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.