たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年4月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2017/11/22 旅の準備は念入りがいい
2017/11/21 タイへ行きタイ
2017/11/14 嫌な奴
2017/10/22 過ぎ行く日々に
2017/10/21   ばくの野辺

直接移動: 201711 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2014/04/29(火) 気がつけば・・・
今日は昭和の日という祝日だがとても喜ぶ気にはなれない。

気がつけば雨滴が花を揺らしていた

2014/04/28(月) とっぷりと日がくれてきた
降る雨の庇を打つ音を聞きながら、子どもの頃にはあんなにもたくさんいたウナギがいなくなったなあと思った。昔は雨が降ると釣りに行けなくなったじゃないかと雨空を見上げながら恨めしく思ったものだ。そして、人間の知恵ってほんとにいいのかと疑問を抱かざるを得なくなる。だって、海や川などは水を汚してエサはなくするは住めなくするは、そのうえ護岸で固めて住むな、来るなと拒否をコンクリートした。ウナギにしてみれば隠れ場所さえ無くしたわけだ。ウナギに限らないが魚などが安心して住める、人と共存できる自然環境をとりもどしたいものだ。
やな雨だとっぷりと日が暮れてきた

2014/04/27(日) 緑山に鶯の音を聞きながら
さあ忙しくなってきたぞ。今日は田んぼにもみ殻を透き込む前段の作業と畑の畝づくりをした。2反8畝の広さにもみ殻を猫車で運んで広げてゆく。これがなんとまあ重労働だ。百姓とは重労働に加えて気象学や農化学などの知識が要求される仕事でもある。この重労働は草からしなどの薬品を使わない、化学肥料を使わない自然農法をやろうとするから余計にきつい結果となるのだ。畑の畝づくりは里芋と大豆だ。一度にできないからまだまだ続くのだ。
この辛さあさき緑の山に捨つ

2014/04/26(土) 富めるものの卑しさ
さあ、田植えの準備だ。畑の世話だ。今日から耕耘機に乗って田んぼと畑を耕す作業。がんばるぞ!でもテレビでニュースを見るのが最近は辛くてたまらない。特に政治家たちは庶民の暮らしを見ないし、その辛さを何とかしようとの気概のない人がほとんどだ。ああもう嫌になる。
「ああ、そう」と富めるものの卑しさをこの言に見て哀しかりけり

2014/04/25(金) 銀座では寿司も話も腹の中
TPPの大筋合意はなぜできなかったのか?ぼくは理由が3つあると思っている。ぼくの穿った見方かもしれないが、ぼくはぼくの判断を信じている。(1)鹿児島で補選がある。今発表すると自民が敗ける。だって鹿児島には豚、牛の飼育業者が多いから。(2)日米で関税合意をしてしまえば関係各国は不満をもつ。これは全体としてはまずい。今表にはだせない。合意をあいまいな表現にして文書にしない(オバマ大統領が国賓として来日しているにもかかわらず異例な措置)のはそういうことかと。(3)苦労に苦労を重ねて努力した結果だから国民は理解してくれるだろう、との読みがある。
こうして国民はだまされてゆくかと思うとなんとも残念だ。
銀座では寿司も話も腹の中 
お腹の中って真っ黒なんだね。

2014/04/23(水) 光る風
今日と明日は週に2日のぼくの料理当番。今夕食のメニューはすき焼きにした。週に1度のトレイやペットボトルの片づけと廃棄(
スーパーの排出場所にだす)。それから必要なものの買い出し。買い出しを終えると家に帰り、食事の準備にとりかかる。お坊ちゃまくん(長男)が味にうるさいから少しばかり気をつかう。完了!後はぼくの時間だぞ。
藤棚の上を見やれば光る風

2014/04/22(火) 点から線へ、線から面へ
スーパーが小型化し、コンビニ店との境界がわからなくなってきているという。主要22社の2014年度の出店数は合計195店でこのうち4割は小型店。理由は都市部の高齢化がすすみ、徒歩で行ける店舗が求められているのに対応しようとするもの。例えば、清輝学区でも買い物にお困りの方が多いのです。しかし、昔ながらの八百屋、魚屋、肉屋が駆逐され、いよいよ自民党と巨大資本の戦略であった「点から線へ、線から面へ」が完成へと向かっている。市場制覇した後の彼らは確実に値付けの自由を得ることに。今では彼らは生産者、卸売業者や流通業者から価格決定権をもぎとった。市場制覇は消費者をも制覇することにつながるであろう。
見てあればどこまでもどこまでも花筏

2014/04/21(月) 椿花落
測量会社から朝一で連絡あり。町内での境界立ち合いをお願いしたいとのこと。昼は建設会社から、夕方には建設会社から連絡がありました。なかなか忙しいことです。と思っていたら、隣の町内会長から、本町の町内会長からと連絡、相談あり。ふ〜〜!今朝目覚めると椿が落花していた。これで一日救われた気がする。
目覚めればまっ赤な椿が落ちていた

2014/04/20(日) 穀雨
昨夜の町内会総会で20年超の町内会長を交代させていただいた。後任町内会長には感謝、感謝です。昨日から風が強くなり、寒くなってきた。そう思うっていると、なんと今朝は霜が降りた。寒くて当然だったのだ。そしてまた、今朝は雨が降りそうである。気が付けば今日は穀雨である。ものみなよく育つようにこの時期はよく雨が降る。別名、菜種梅雨ともいう。岡山では梅雨時期の次に雨の多い季節だ。田植えの準備をはじめなければ!
見渡せば山も田んぼも
穀雨かな

2014/04/19(土) 今、海がいいな
昨夜は岡山大学の法学部、経済学部、文学部の「法文経同窓会」役員会がありました。今夜は町内会です。今や春。海の季節です。海はいいなあ。
瀬戸内や笑顔菜の花さくら鯛

4月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.