たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年9月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2018/11/14 このままではお前は留年だぞ
2018/11/09 1人映画部に転部
2018/11/05 おなら
2018/11/04 音入れ
2018/11/03 柔道部への入部を断る

直接移動: 201811 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2013/09/02(月) 介護保険2割負担へ
消費税は社会保障に使う、と言ったあの約束はどこへ行ったのだろう。介護保険2割負担者は年収夫婦併せて3百数十万円以上の世帯は所得が多いという認定をするそうだ。夫婦二人で三百万円といえば大半の年金暮らしの世帯となる。サラリーマンと比較すれば月額20万円の給料と夏冬のボーナス60万円の家庭と同じであり、家賃または家のローン、国保料、介護保険料・・・があると考えれば毎月の生活費が不足することは目に見えている。円安で生活必需品、食糧費等の値上がりに加え、8%、10%に引き上げられる消費増税、さらにその上に介護費が2割になれば生活破たんは避けられない。アベノミクスとはいったい誰のための政策なのだろう。ね、自公民さん。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.