たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年8月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2017/07/20 立ち遅れる石炭だのみの日本の電源
2017/07/18 &のこころ
2017/07/17 汝の敵を愛せよ
2017/07/16 劉暁波氏の死を悼む
2017/07/13 安倍政治にはうんざりするなあ。だが・・・

直接移動: 20177 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2011/08/31(水) 無とならむ着衣捨て組む座禅かな
山頭火の句に「捨てきれぬ荷物の重さ前後ろ」という句がある。わたしも捨てきれない荷物の重さにあえいでいる。荷物の多くはわずかではあっても人さまのお役に立つものだ。しかい、重すぎて、やることが雑でいい加減なことになてしまいかえって迷惑をかけてもいけないと思う。一度、無になって考えてみよう。70歳からのわたしはなにをすべきか。明日のことをを考えてみよう。10年先の日本はどうなっているか。わたしはどうしているか。50年先の日本は少子高齢化を抜け出し、新しい歩みを始めているだろう。わたしが他界する時期はわからないがおおよそ20年とみてもその間にわたしがなにをどうするか。それが課題だ。

2011/08/30(火) なでしこのふしぶしにさす夕日かな 成美
まさか?はほんとうにあった。陸上の世界選手権(28日)で世界最速の男であるボルトがまさかのフライングで失格し、同じ国・ジャマイカのブレークが9秒92で初優勝した。不思議なもので「まさか?ないよなあ」とフライングの話を家族でしていた矢先の出来事だった。次を期待したい。日本勢では、室伏選手(ハンマー投げ)の優勝、福島選手(女子100m)の準決勝進出がうれしい快挙だった。民主党代表選は野田氏に決まった。結果として小沢元代表を排除する形での決選投票であったと思われる。今日、首相に選出される模様。代表選での彼の公約は政策と言うよりは生い立ちから今日までの彼の政治信条を吐露した内容だった。日本人的選挙演説との感想をわたしはもった。まさか野田氏とは?と思われる人は多いかも知れない。が、民主党のマスコミハイジャックは続く。日本の今後は??であろう。柔道の成績は芳しくない。これも、まさか?であるが、女子サッカー「なでしこ」のフィーバーぶりは続いている。良い時も悪い時も静かに見守り声援することも必要かと思うのだが・・・。

2011/08/29(月) 秋津島ガチャガチャが鳴いている
暑いですねえ。毎日33度。夜は熱帯夜。それでもコオロギやガチャガチャ虫が鳴いている。とんぼも見かけるようになった。暑くても秋なのだ。それよりなにより、日没は早くなった。およそ1時間は違う。確実に秋を迎えている証拠だ。なのに、暑い。トンボの飛ぶ国、日本はどうなっていくのだろう。トンボに放射能の影響はどのように顕れるのだろう。稲わらでさえ汚染されているのだからないはずがないはずだ。汚染された国土、海。汚染された野菜や魚などの食物。一体どうするのだろう。そんな状況にもかかわらず議事堂周辺ではガチャガチャ虫が鳴いている。

2011/08/28(日) 汗拭きて鍬を支えや法師蝉
昨日はホウレンソウとニンジンの種を撒いた。肥料を鋤きこんだ畑をもう一度耕し、流れる汗を拭いていると法師蝉の鳴く声が聞こえた。そこで鍬にもたれて法師蝉の鳴く声を聞いていると、「こりゃー、一雨来るぜ」の声が聞こえた。見上げると空がにわかに暗銀色の雲に覆われている。大急ぎで種を撒き、水をやり終わると降り始めた。なんと・・たちまちスコールになった。夕立どころの騒ぎではない。「あ〜あ、せっかく撒いた種は土からはじき出されているに違いない。もう一度やりなおしか」と落胆。「世の中はなかなかうまくいかないものだなあ」と自分に語りかけたところ、「いいさ、いいさ、そういうこともあるさ」ともう一人の自分の声が聞こえた。が、昨日は地球温暖化の悪弊被害を被った日であった。

2011/08/27(土) 悪臭を封じて捨てし一斗缶
遺体をばらばらにして一斗缶に詰めて捨てるという猟奇的事件があった。報道によると妻と子の遺体のようだ。なんとも形容しがたい痛ましい事件だ。昨日、菅直人首相がやっと退陣を表明したが、民主党も自民党と変わらない派閥政党であることを露呈しながら後継首相選挙に突入した。本日告示、29日代表選投開票となり、予定では30日に首相指名選挙がおこなわれることになっている。構図は小沢元同党代表に親しいグループと反小沢である現執行部に近いグループとで争われる模様。しかも、議員グループによる数合わせで3日で首相が選出されることに。つまりは民主党も旧来の自民党の体質のままだということだ。これらの臭気ふんぷんたる体臭を隠したまま代表選が一斗缶の中でおこなわれる。代表選の終了した後の一斗缶に国民を詰めて捨てるようなことがなければよいが。

2011/08/26(金) 私しゃ蝋燭芯から燃える
私しゃ蝋燭芯から燃える主はランプで口ばかり という都都逸があるが、どうも民主党の公約も口先ばかりだったようだ。菅直人首相が今日再生エネルギー特別措置法案と公債発行特例法案の成立後に退陣表明をするとのこと。これほど政権にしがみつき、辞任を待ち望まれた首相も珍しいのではないか、と思う。では、後は誰がふさわしいのか、といえば誰もいない。これまた淋しい現状だ。話は変わるが、岡山市は、岡山駅南の林原(会社更生手続中)所有地5万m2のうち一部を売却先が決まった段階で同社から取得したいとの意向を昨日示した。3千人〜5千人規模のコンベンションセンターを建設するとのこと。土地代を除く事業費が70億〜100億円というから市財政にとっては大きな荷物になると思われる。「岡山市はこのままでは夕張になる」とごみ有料化をはじめ市民負担を押し付けてきた高谷市長の財政説明が事業報告より先だと思うが、なぜしないのか。市政運営が稚拙な気がしてならない。

2011/08/25(木) はなやかに匂い立つ百合影や濃し
隣のお家の塀の手前の百合が咲き始めた。匂いの良さだけでなく日差しを受けてくっきりとした白百合の立ち姿も美しい。そんな百合を愛でながらふと思う。島田紳助さんの引退会見は光のあたる美しいものにつきまとう影の濃さなのだと。本人の会見内容しかわからず不明な部分が多いが、わたしがテレビで聞いた限りでは「10年前のある番組の発言が因でAという友人(元ボクサー)
に”右翼からいろいろ言われている”と相談したところ、Aが動いてBという暴力団関係者が始末をつけてくれた」ということだ。元暴走族のヘッドを売り物にしていた彼らしくない発言だ。ならば、堂々と表で決着をつける方法もあるはずだったと思うが、結局は彼も張り子の虎で強そうな見栄をはっていただけだったかと情けなく思えた。紳助の心底が透けて見えた。残念!

2011/08/24(水) あの石かな昨夜鳴いていた虫の音は
昨夜は虫の音が聞こえた。処暑ともなれば違うなと思った途端に今日は最高温度が33度だという。処暑とは暑さもここまでという24節季のひとつだが、どうも季節感が現実には無くなっていくようだ。今日からまた暑い日々が続く。昨夜はもう一つの異変、異音が聞かれた。隣町・神田町で4歳女児の誘拐騒ぎがあった。今朝の報道によれば無事保護されたとのこと。すぐ近くの21歳の女性の家で保護され、身体的問題はなかったという。よかった、よかった。我が家では3日前から3匹目となる捨て猫を保護している。どうも前の飼い主が悪いようで人になつかないで恐れる。お腹が空いていたようでがつがつ食べた。どうも我が家に居つきそうな気がしてならない。さて、この秋もいろいろありそうだ。

2011/08/23(火) 猟銃を天に向かって撃ちたき日
大阪維新の会が22日公立学校の実現すべき目標を首長が規定するなど首長の権限を強化する全国初の「教育基本条例案」概要を公表した。日独伊3国同盟による第2次世界大戦で日本は教育を戦争目的に利用してきた。その反省から教育を政治利用しないために教育委員会を政治的中立としたのが戦後教育の原点である。それを覆そうとするのが今回の条例案であるが、9月以降の大阪府議会及び大阪、境両市議会に提出する意向とのこと。なお、目標を実現する責務を果たさない教育委員の罷免などの管理強化、余剰職員の整理解雇、能力主義にもとづく人事評価などの導入を盛り込んだ「職員基本条例案」も合わせて提出の予定と聞く。案では同一の職務命令に3回違反したときは直ちに免職とする分限処分の明文化もしているという。これを許せば教育を政治利用する大きなステップとなるが、今も教育委員会は首長に対して忠実であり、わたしはその忠実さが気にかかっている。それでも、橋本知事や財界は100%従わぬ教育委員会と職員組合がお気に召さないようだ。

2011/08/22(月) 今朝晴れてコーヒーの香に目をつむり
天気予報では一日曇り一時雨だが今はお日様が顔をだしている。米粉パンをコーヒーの香とともにいただく今をありがたいと思う。ありがた迷惑なのが岡山県のお荷物の払い下げ。吉備高原都市、倉敷チボリ(廃園した)、農業公園・・・など勝手にやって勝手に赤字をだして、そして県民や県下の自治体に負担を転嫁。岡山市では灘崎のファーマーズパーク。早島町では県の宿泊研修施設・岡山テルサだ。無償譲渡を受け入れてもその後の赤字をどうするか、が大問題。受け入れ表明の町長リコール署名がはじまり、とうとう町長辞職。そして、明日は早島町長選が告示される。結果が町民にとって曇り後雨とならなければいいが。

8月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.