たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年12月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2017/05/28 霞が関にも下剤を飲ませろ!
2017/05/27 しばらく様子を見てみよう
2017/05/26 やっと苗代終了
2017/05/09 閣僚もひどいが安倍もさらにひどいね
2017/04/23 積極的平和主義の効果は?

直接移動: 20175 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2011/12/31(土) よいお年をお迎えください
今日は小春日和のとてもいいお天気です。天気予報では元旦の日の出が見られないようなことを報道していましたが、この様子ならと期待しています。いい日の出が見られるといいですね。今年は、3.11大震災、福島原発事故、円高、株安、景気低迷、外国依存の労働力に頼る経営者、そのため起こる日本国内経済の空洞化による労働者の労働条件悪化・仕事なしなど良いことなしでしたが、来年が明るく希望の持てる年となりますようにと祈るような気持ちです。今日わたしは明日からのお正月用の食材として大根、にんじん、白菜、ほうれん草など収穫してきました。お届けできないのが残念ですが、気持ちだけお受け取りください。今年一年間大変お世話になり、ありがとうございました。来年もどうかよろしくお願いいたします。よいお年を!

2011/12/30(金) たのしみは肴べったら干したタラ・・
たのしみは肴べったら干したタラするめ噛みつつ酒を呑むとき 
酒の肴にベッたら漬けがいい。干したタラもいい。そしてするめを噛みながら酒は久保田があればなおいい。こうした贅沢もできなくなるかも知れない。民主党は大した社会保障もしないのに消費税増税をするという。2014年に8%、15年には10%にするという。消費税はまさに逆累進課税となる税金で金持ちほど負担率が低く、貧乏人、つまりは低所得者ほど負担が重くなる税金だ。これで民主党が誰の味方か、誰のために政治をしているかがよくわかる。わからない方はよく現実を見つめてほしい。なお、言えば、トヨタなどの輸出大企業にとっては税金が全額戻してもらえる戻し税という涙がでるほどありがたい税金であるということを忘れてはならない。日本国民よ!いつまで、どこまでがまんされるのだ!

2011/12/29(木) 巡り合う 幸せの角を曲がる
辛いところを乗り越えると天は一本の棒をくださる。その棒を横にして孫悟空が如意棒を構えたように辛いに加えると「幸」となる。しかし、人生は一路平坦ではない。また辛いが襲いかかってくるが、その辛さをまた乗り越える努力をする。Never give up!
あきらめないで努力すると徐々にまた乗り越えられる。するとまた孫悟空の如意棒が与えられる。そしてまた「幸せ」になる。こうして人は成長してゆくのだという気がする。昨日のニュースステーションでスゥエーデンの大気観測所で放射能Xenonが通常の千倍を超えることが観測されたとの報道があった。チェルノブイリの比ではないという。世界84の観測所で同様の観測結果がでたという。そしてそれを発生日と時間を逆算すると福島第一原発事故発生日・3月11日17時50分ごろであり、日本政府が発表した津波の影響による事故ではなく、世界の他の国々は地震で配管が欠損したためだと推測している。しかし、あくまでも日本政府と東電は津波の影響だと強弁している。この嘘はいつかばれるだろうが、真実を語ろうとしないものに、人類の進歩に貢献しないものに、その健康を願わないものに、次なる事故を起こさないための努力しないものに、等しく酒を飲んで笑う権利が与えられているという現実が不愉快極まりない。わたしは嘘つきの一部の大企業の幹部たちと民主党及びその政府が不愉快極まりない。そう思うのは、わたしが貧しくともそういう生き方ができなかった部類だからでもないだろう。

2011/12/28(水) 門前の子らさわがしく冬至粥
閣議決定された政府予算案を見ると2015年度までの値上げが目白押しです。ガソリン、国保料、国民保険・厚生年金保険料、そして仕上げが消費税という具合です。国民生活は大変な事態となりそうです。どうされますか?仕方がないとあきらめますか?農業を見てみると、12年ぶりの増額ですが、東日本大震災の復興対策予算を差し引くと11年度比4.3%の減。特徴は規模拡大予算で農地を貸す人に30万〜70万円交付する「農地集積交付金」等に72億円、借りる農家に10アール当たり2万円を交付する「規模拡大加算」に100億円。つまりは規模拡大でTPP参加をしようとするものですが、見ててごらんなさい。必ず失敗しますよ。だって日本はアメリカやその他の国と比べて国土そのものが狭く、規模で比較にはなりませんから。なに考えてんだか!

2011/12/27(火) みかん一つ車にのせて吾は走る
柚子、蜜柑、橙などの柑橘類の匂いは好きな匂いの一つである。嫌な臭いは政府の多くの政治家・官僚たちとそれと癒着した企業人の臭いだ。東京電力福島第一原発事故調査・検証委員会の中間報告がでた。原子炉冷却装置の作動経験全員なしなど東電は事業者として極めて不適切としているがこれは国民周知のことである。なにをいまさらと言いたくもなるが、「国も東電も対策を講じなかった」など当たり前と言えば当たり前の事実の指摘をしたことが評価されるかも知れない。それでも倒産しない、責任をとらない原発推進者や東電と国・地方のの政治家や官僚たち。そして、その負担は税金と電気代に転嫁して知らぬ顔の半兵衛だ。そして、その結果は銀行などの金融機関の救済である。このおかしな世の仕組みはなんとかなぬか、ともどかしい。せめて今日は蜜柑一つ車にのせて走りたい。

2011/12/26(月) 侘助はそと庭隅に控えおり
侘助は茶人に好まれてきた花である。椿の一種で、名前の由来は加藤清正が朝鮮出兵時に持ち帰ったものを侘助というものが育てたという説と侘助というものが持ち帰ったという説とがある。冬咲く花で花数も少なく控え目な花である。そこが茶人に好まれたようだ。民主党・政府の八ツ場ダム建設再開とは大違いである。あれほど「コンクリートから人へ」と大宣伝し、マニフェストに掲げてきたものを中止から建設再開へと180度方向を変えた。高速道路の無料化、子ども手当、消費税増税に続いて公約見直しに踏み切った今回の八ツ場ダム。コウヤクとは貼るものではなく守り実現すべきものであるが、こうもいとも簡単に公約を投げ捨てていいものか、と考えざるをえない。選挙公約が選挙時の嘘ということになれば国民の政治離れはますます加速するであろう。それが悲しい。ダム建設は岡山のトマタダムでも海苔の色落ち被害をだすなど海などの自然環境に悪影響を及ぼしている。費用対効果の検証も必要である。治水と利水は人間に優しいものでなければなるまい。その理念さえ投げ捨てたのではどうにもなるまい。

2011/12/25(日) お買い物男お子抱き浮かぬ顔
年末の買い物に行った。ぐるりとまわりを見ていると男は運転手なのか、一部の若い男の人を除いては浮かぬ顔してぼんやりしている。女性たちは真剣に買い物を楽しんでおり、その落差が面白いので見ていたら、若い男が小さなお子さまを前に抱いて浮かぬ顔をして立っていた。女性客に疎んじられながら立っているその
姿がいじらしかった。さて、日本国の2012年度予算案の概要が示された。税収の見積もり42兆円よりも2兆円も多い44兆円を上まわる国債発行額。当初予算段階から税収を上まわる新規国債発行は3年連続という異常さだ。なぜ軍事費をも含む歳出削減を徹底してやらないのか。F35購入は今でなくともよいはずだ。実質最大96兆円規模の来年度予算の異常さはそれだけではないのだ。年金関連交付国債発行だけを取り上げてみても消費税増税が実現しない限り予算計上できないものだ。選挙もせず、国民的議論もせず、消費税増税を予算に組み込んだ民主党・野田政権の卑怯、卑屈さは尋常ではない。これでいけば日本の庶民の買い物はもっと減るであろう。そうなれば税収はもっと落ち込むであろう。政府が今見るべきは日本の国民の足元ではないかとわたしは思うが如何がか。

2011/12/24(土) どこまでもピリリつらぬけ唐辛子
F35の現時点での購入は無駄遣いと昨日指摘させていただいた。日本の軍事力はアメリカに次ぐ地位を占めている。ならば10年装備が遅れても異存はあるまいというのがわたしの見解だ。憲法の規定通りならゼロでよいはず。ゼロなら莫大な軍事費が年金や東日本大震災対策や国民の暮らしに回せるが、今、わたしはそこまで申し上げていない。ところが、そういうことには無頓着、無策なのが現民主党野田政権である。来年度予算案では、国民の命に関わる診療報酬は据え置き、介護保険では「処遇改善交付金打ち切り」で実質マイナスとなった。消費税増税はせめて、せめてもの願いであった「食料品などへの軽減税率採用見送り」だ。結局高額所得者への課税(これまでどんどん税金をやすくしてきた)を強化するからとはいうものの低所得者に負担を押しかぶせるというもの。今のままではこの国の将来が危ういといわざるをえない。

2011/12/23(金) すさまじや携帯たばこの女運転
煙草をくわえ、携帯電話をしながら運転している若い女によくでくわす。そして、男も多いのではあるが煙草の吸殻を車外に投げ捨てる者も多い。事故を起こさないかと周りが気をつけるのでなんとか事故は避けられているように見えるが見ていて嫌な気になる。煙草をくわえ、携帯電話で株取引しながら、さらに車のスピードをあげて暴走しているのが今の民主党・野田政権だろう。わたしは昨日米国ローキード社からの1兆6千億円にものぼるF35購入計画を批判した。ところが、今度(22日)は武器輸出3原則をさらになし崩しにし、緩和・輸出するという。3原則とは@共産圏諸国A国連決議の武器禁輸国B紛争当事国であるが、例外的に対米関連などにはなし崩し的におこなってきた。今回はさらにそれを緩めようというもの。F35では三菱とIHIが米・ロッキード社の下請け的に開発・修理に関与している。今回の措置はそうした技術をもとに製品や技術を他国へ売ろうというもの。そうすれば米国並びに日本の巨大企業に莫大な利益が転がり込む仕掛けができるはずだ。これに加えて原子力発電(推進派は核兵器製造を暗示)の輸出。これら一連の動きはいつか来た道への臭いがする。日の本はどうもきな臭い。

2011/12/22(木) あらまあよく来たさあさ上がれと鯖を焼く
日本海に強い低気圧があり24日か25日は雪だとの予報である。さあ寒くなるぞと買い物に出た。昨日はわたしが料理当番だった。ごま鯖のいいのがあったので買い求めた。スーパーMでの買い物客はみなさん安くてよいものをと真剣である。生活が大変だとの実感が伝わる。こんな状況の中で次期戦闘機の機種をF35(米国主導で開発中のロッキード・マーチン社の最新鋭ステルス戦闘機F35。国内での製造・修理は三菱重工業、IHI、三菱電機)と民主党政府は決めた。1機の価格は交換用の部品を含めると99億円という空恐ろしい価格だ。来年度は4機、400億円弱。最終的には42機、1兆6千億円だという。日本の国債の格付けが1ランク下げられた。財政赤字が改善の見通しがたたないことが理由のようだ。民主党政府は、財政が破たん寸前だ、東日本大震災復興に金が要る、社会保障費がもっと増えるから消費税増税を、と言うならば、まずその前にこのような不要不急の経費を削減し、国民の窮状を救うべきではないだろうか。少なくとも軽減する考えを持つべきではないだろうか。さあ明日からはもっともっと寒くなりそうだ。

12月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.