たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年6月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2017/07/20 立ち遅れる石炭だのみの日本の電源
2017/07/18 &のこころ
2017/07/17 汝の敵を愛せよ
2017/07/16 劉暁波氏の死を悼む
2017/07/13 安倍政治にはうんざりするなあ。だが・・・

直接移動: 20177 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2010/06/10(木) 花 ・・
還暦や貧しさももう慣れてきた
年を寄せるということは悲しいことなのか、それとも楽しいことなのか。さまざまな意見がある。昨日も同期会で話題になった。しかし、暮らしには少しのゆとりがないと、悲しみが強くなると思われる。自殺者が多いのもその故だろう。
紫のライラックは悲しみの色、というが、紫のライラックは貧困の色なのだろうか。いや、悲しみがすべて貧困とは限らないはずだ。

2010/06/03(木) 花 ・・
父よ母よ産んでくれてありがとう
 子どもがみんな心からそう思えるそんな時代がくるといいな。わたしは最近そう思えるようになった。ぼんやりとした輪郭のはっきりしない心もちのわたしでも、と思う。生きるのも困難なあの戦争の中を必死の思いで生かしてくれた。そして、食べるものもろくにない戦後を生意気なわたしを育ててくれた。今でこそ思う。「ありがとう」と。しかし、戦後がまだ続いている方がいる。一例は未だ救済されない被爆者の方々だ。
 どくだみの十字や死ぬるまで戦後  谷野予志

2010/06/02(水) 花 ・・ 
きいちごの花咲く丘や遠目がち
この頃の山はきいちごの白い花がたくさん咲いている。しばらく見ていると今度は花から目をそらし、遠目がちになる。山は新緑から深い緑へと移り変わっている。そんななかでふと思う。「日本人の気質かな」と。思えば、わたしの話す人のなかには「国会のことは遠くてよくわからない」といわれる方が多い。しかし、遠景にしてはならないと思う。「子ども手当てが消費税に化けてでてくる」ことが予想されるからだ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.