たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年10月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/04/19 退院しました。
2019/03/24 脳梗塞で急遽入院
2019/02/23 柔道部を止めて放送文化部へ
2019/02/08 岡大へ行くことに
2019/02/03 昭和38年の春のこと

直接移動: 20194 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月 

2006/10/03(火) トリスキ
今日のようにお天気がよい秋晴れの日だったと記憶している。茶屋町から、玉野からなど母の姉妹たちが妹尾のわが家へやってきた。おじいさんがいがぐり頭をなでながら、首をひねって、「なんにもねえのお」と言って、家をでた。それからしばらく、ぼくは従兄弟たちと外で大遊びして帰ったところ、すき焼きのいい匂いがした。それは鶏肉のすき焼きだった。みんなでわいわい食べた。ほんとうに美味しかった。翌朝、鶏の声がしない。「どうしたんだろう?」トリ小屋に行ってみると、最近1ヶ月ほど卵の味を楽しませてくれた鶏がいない。寝ていた弟を起こしてそのことを話した。弟は飛び起きた。弟が面倒を見ていた鶏だった。おじいさんに言うと、昨日食べた奴だという。弟は泣き出した。おじいさんは「美味しくいただけたのだから鶏も成仏するだろう」と言った。弟は承知しなかった。そして、それ以来、鶏を口にしなくなった。わたしは「なんまんだぶ」と言って食べている。ぼくという奴は人さまの命をいただいて生きている不埒な奴だ!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.