WITH ME Diary
WITH MEの日々をお送りいたします
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2004年2月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29            
最新の絵日記ダイジェスト
2006/01/31 祝!株式会社WITH ME
2006/01/30 ダイアリーも残すとこあと一日分
2006/01/29 ブログ完成も間近
2006/01/28 ルノーにロータリー
2006/01/27 1月が終われば

直接移動: 20061 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 8 月 

2004/02/08(日) 直角教習
今回、私Mr.WITHMEは珍しくレーシングスーツでなく、プロテクターのみで練習を行いました。

バイクの転倒では、革ツナギに勝る物はない!と言いきれるほど革のレーシングスーツはすばらしい物です。15年ほど前に、ケブラーのレーシングスーツの開発を行っていたことがありましたが、バイクの転倒から身を守るのは並大抵のことではありません。200q/h以上の速度からアスファルトの上を滑走してこらえてくれるのは、やはり革が一番いい。ある程度の滑り具合、摩擦の発生の仕方で、人間が転がらずに、うまいこと滑るというのでしょうか。身体を損傷することなく、人間の皮膚を守ってくれるのは、やはり生きている物の革を使うのが一番と、そのテストをしているときに感じていました。

しかし今回は低速系の練習と、そしてよく上から200`のバイクが落ちてくるので、プロテクターを使ってみました。

ボルドールから出ているボディプロテクター
スーパープロテクションジャケット(24,000円)
とニーガードです。
見る限り、今までの市販プロテクターよりもかなりまじめに作られており、これなら使ってもいいかなと思えるほどの作りです。
そうは言っても痛い目に遭うのはいやなので、おそるおそる使っております。
良いところは、革ツナギにはない、胸部のプロテクションと間接各部のパッドに、大きめのエアクッションみたいな物が入っていて、膝から落ちても、ヒジから落ちても痛くないところです。革ツナギは、一体式で運動性を考えるとあまりパッドを大きくできないので、この辺はボディプロテクターの良いところではないでしょうか。(ヨネゾーのレザーレーシングスーツは、かなり大きめにパッドが入っているので、私は選んでいます。)

そしてファースト・インプレッション
今日二回ほどGSXRから転落しましたが、青あざは出来ませんでした。なかなかの優れものです(^_^)v


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.