毎日のお料理にお役立てにください・栄養のコメントも載せています。量はほとんどは二人前です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年6月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2023/03/02 豚肉とキムチのチャーハン
2022/09/04 かぼちゃとひき肉の辛味炒め
2022/06/03 アサリとリーク(わけぎ)のぬた
2022/06/01 アスパラ&えびのクリームあえ
2022/05/04 豆腐の肉丼

直接移動: 20233 月  20229 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 月 

2017/06/30(金) まぐろのぬたあえ
まぐろのぬたあえ* i88【時間20分】2-3人前。添え物・お酒のあてにも

【材量】

まぐろ・刺身用 100g/わけぎ 3本/塩 少々

【A赤みそ 大3/溶きがらし 大1/砂糖 大1・1/2】
 
【B酢 大1/ほんだし(かつおだし) 少々/水 大さ1】

【作り方】酢みそ→ゆでる→冷し・あえる

★@酢みそを作る。ボウルにAを入れてよく混ぜ合わせ、Bを加えてなめらかになるまで混ぜ合わせる。

★Aわけぎは塩少々を加えた熱湯でゆでてザルにとり、手早く冷まし(すぐ冷まさないと色が悪くなるので)、ヌメリを取って、2〜3p長さに切りそろえる。

★Bまぐろは食べやすいように、ひと口大の角切りにして冷やしておく。

★C食べる直前に、わけぎとまぐろを酢みそでサッとあえ、器に形よく盛る
--------------------------------------------
生のマグロの赤身には良質のたんぱく質のほか、ビタミンB群やD、E、鉄や亜鉛などのミネラルが含まれていますし、わけぎの組み合わせた、緑黄色野菜がとれるメニューです。

2017/06/28(水) チキンカレー(基礎料理)
*チキンカレー(基礎料理)* i480【時間60分】四人分

【材量】

鶏もも肉 300g/コンソメ<固形>1個/ジャガイモ  2個/人参 1本/saladオイル 大さじ2/カレールウ・市販 80g/水 C 3・1/ 2/ご飯 800g

【A玉ねぎのみじん切り 2個分/にんにくみじん切り 2片】

【作り方】切る→炒める→煮る

★@鶏肉、じゃがいも、にんじんはひと口大に切る。。

★A鍋に油を熱しAをじっくりと炒め、(1)の鶏肉・じゃがいも・にんじんを加えて炒める

★B分量の水、「コンソメ」を加え、沸騰したら弱火にし、野菜に火が通ったら  カレールウを割り入れて煮込む。出来上がれば、ご飯とカレーを盛る
-----------------------------------------

(栄養コメント)鶏もも肉はビタミンAが豊富で、病原菌に対して抵抗力を強くします。また、必須アミノ酸のメチオニンとカレー粉の色素クルクミンは肝機能を強化です。

2017/06/27(火) 深川飯
*深川飯* i337【時間10分】4人前

【材量】 あさり(むき身) 300g/小松菜 4株/しょうが 1/3片/ねぎ 1本/水 カップ2/ご飯 1人前(茶碗に4杯
/みそ 大さじ3/かつおだし 小さじ1/みりん 大1/酒大さじ3/もみのり適量

【作り方】下ごしらえ−煮る−盛る

★@あさりは1%の塩水でサッと洗い、水気をきる。長ねぎは5cmを小口切りにし、残りは1cm幅の斜め薄切りにする。小松菜は3cm幅に切り、しょうがはせん切りにする。酒とみりんを合わせ、みそを溶いておく。

★A鍋に水を沸とうさせかつおだしをいれ、それに、斜め薄切りねぎを入れて3〜4分煮る。溶みそとしょうがをくわえて味をととのえ、あさりを入れてひと煮立ちしたら、小松菜を散らして2分ほど煮る。

★B丼にご飯を盛り、(2)をかけ、小口切りのねぎともみのりをのせる。

【良く合う料理】たくあん、浅漬け
------------------------------------
(栄養コメント)あさりは鉄分を多く含み、顔の血色をよくする食材です。

2017/06/26(月) *ベーグルサンド(new)
*ベーグルサンド(new)* i220【時間2分以内】(チキンハムでも良いです。)

【材量】

スモークローストハム 4枚/ベーグル2/レタス・トマト 各2枚/マヨネーズ大1

【作り方】はさむ

★@ベーグルを斜めか横にスライスに切lり、マヨネーズ塗り、レタス、ハム、トマトの順にはさみ、出来上がりを半分に切る。(大人ならピクルスやチーズ、からしを添えて)
------------------------------------

2017/06/25(日) 簡単チーズケーキ
簡単チーズケーキ*i140(1/10切れ)【時間70分】1ケース(美味しさに人気がありまして、ストレートでいただくと大人の味です)
------------------------------------------------------------
【材 量】

クリームチーズ  200g /砂糖 90g /生クリーム 200cc/小麦粉 大2 /レモン汁 大 1 /卵 3個

【作り方】下準備(全部計っておく)→混ぜる→焼く
★@ クリームチーズを白くなるまで混ぜて、その中に他の材料を混ぜます。

★シートを敷いた型に、よく混ぜた(1)を入れ、ガスオーブンで焼きます。(170℃前後、60分)

--------------------------------------
(栄養コメント)チーズやヨーグルトは、良質のたんぱく質や脂質、カルシウムを含み、ビタミンA、B1、B2も豊富です。また消化、吸収も抜群です。

2017/06/24(土) イチジクのコンポート
イチジクのコンポートi120【時間25分】 4 人前(一晩、冷やしたほうが美味しいです)

【材 量】

イチジク 4個/シナモンスティック1【A赤ワインC1/2/水 C 2/3/砂糖 大6/レモン汁 大さじ1】

【作り方】切る→煮込む→冷やす

★@いちじくは熱湯にサッと通して薄皮をむき、Aをかけてしばらくおく

★A(1)とシナモンを鍋に入れ紙蓋をして弱火で約12分、やわらかくなるまで煮る。

★Bシロップごと容器に入れて、冷蔵庫で冷やす。
-------------------------------------------
(栄養コメント)いちじくは水溶性の食物繊維であるペクチンを豊富に含んでいるので、水を含んで便をやわらかくし、腸内に溜まった老廃物も包み込んで排出してくれますので便通改善に効果的です。

2017/06/23(金) カレイの簡単焼き
カレイの簡単焼きi250【時間15分-18分】

白身の魚ならなんでもOK)魚の水気を充分にきってから、塩、こしょうを混ぜた小麦粉をふるのが、ベタつかないコツ

【材量】

かれい 2切れ/塩・こしょう 少々/コーン油 適量
 
【A塩・こしょう 少々/小麦粉 適量 】

【作り方】焼く−オーブン

★@かれいにAをまぶし、両面に軽くこげ色がつくまでフライパンで焼く。更に塩、こしょうをし、180℃のオーブンで10分焼いて魚を取り出す。パサりを添える

----------------------------------
(栄養コメント)かれいは低脂肪高たんぱく質のため、ダイエット食になります。また、コラーゲンが多く筋肉の繊維もやわらかいため、消化がよく、離乳食や病人食にも。

ホームページはこちらですhttp://www.geocities.jp/mrs_mayumi/

2017/06/22(木) ポークピカタ
ポークピカタi237【時間15分】1人前です

【材量】

豚もも肉・ソテー用 80g/ 塩・こしょう 各 少々/卵 1個 /粉チーズ 大1/小麦粉 少々/コーン油 少々

【作り方】下ごしらえ−焼く

★@豚もも肉に塩・こしょうをふる。

★A卵を割りほぐし、粉チーズを混ぜる。

★B豚肉に小麦粉をまぶして(2)の衣をつける。フライパンに油を熱して焼き、もう一度、衣をつけて中まで火を通す。

【良く合う料理】サラダ(レタス、人参、ポテト)
-------------------------------
(栄養コメント)豚肉には、良質のたんぱく質や糖質がエネルギーに変えるのを助けるビタミンB1が豊富です。卵は筋肉の疲れをとり、修復するバリン・ロイシン・イソロイシンという必須アミノ酸が含まれています。

2017/06/21(水) サーモンのユッケ風
*サーモンのユッケ風* i78【時間20分】4人前

【材量】

刺身用サーモン 200g/玉ねぎ 1個/ねぎ 適量

【A卵黄 2個/マヨネーズ大 4/おろしわさび 小 2/醤油大 2】

【作り方】切り→タレ

★@刺身用サーモンは、細かく切ってミンチ状にするか細かく切る。

★A玉ねぎはスライスして水にさらし、辛味が抜けた頃に取り出し、みじん切りにする。

★BAを混ぜてタレを作る。

★Cお皿に、サーモン・玉ねぎ・タレ・ねぎの順に盛り付けたら出来上がり。食べる時に、よく混ぜ合わせる
(一人前筒、食べるときに卵の黄身は混ぜると色合いと栄養があるので良いかな・・それだと卵は四個かな)
 -----------------------------
(栄養コメント)
サーモンにはアスタキサンチンという抗酸化物質が含まれており、活性酸素の抑制効果があります。

2017/06/20(火) 韓国風スタミナ丼
韓国風スタミナ丼 i480【時間10分】レンジクック
      
※マイクロウエーブでの調理は加熱しすぎると硬くなりますので気をつけて。
 
★ 材料

ご飯 2人分/牛ひき肉 100g/焼肉のタレ 大さじ2/きゅうり 1/2本/キムチ 50g/白ごま・塩 各適宜/コウチュンジャン 少々

---------------------------------------------
【作り方】下ごしらえ→レンジクック→盛り付け

★@きゅうりは厚めに刻み、軽く塩でもむ、キムチは粗みじんに刻む。

★Aひき肉を器に入れ、焼肉のタレとコウチュンジャンを加えてよく混ぜ、ラップをかけて電子レンジで約1分ぐらい加熱をして一度レンジから取り出し、全体をよくかき混ぜたら、再度ラップをかけて電子レンジで火が通るぐらい(多分一分ぐらい、加熱しすぎると硬くなります。)加熱する。

★Bご飯の上に、(1)と(2)をのせて、白ごまをふる。 
-----------------------------
(栄養コメント)牛肉は脂肪の代謝にかかわるビタミンBを多く含んでいますし、野菜を漬けた際に生じる乳酸菌によって、抗菌作用や整腸作用が働きます。食欲の無いときにこんな献立は・・。

ホームページはこちら http://www.geocities.jp/mrs_mayumi/

2017/06/19(月) こんにゃくとオクラの豚肉巻き
こんにゃくとオクラの豚肉巻き* i662【時間20分】ビールのあてにも
                             【材量】

豚薄切り肉・100g 6枚/こんにゃく 1/4枚/オクラ 3本/溶き卵 1/2個/小麦粉・パン粉・コーン油 適量/レモン 1/2/塩 少々
 
【A塩・「味の素・こしょう 各少々】

【Bみそ 大1/砂糖 大1/2/七味唐がらし 少々】
 
【作り方】切る→みそ→揚げる

★@こんにゃくは熱湯で1分ほどゆでてアク抜きし、1cm角の棒状に切る。

★Aオクラは塩をまぶしてこすり、水洗いしてタテ半分に切る。

★BBを合わせて辛みそを作る。

★C豚肉を1枚ずつ広げてAを振り辛みそを薄く塗りのばす(1)と(2)を1本ずつのせ、手前から巻いて、三つ竹串に刺す。

★D小麦粉、溶き卵、パン粉を順につけ、180℃に熱した油で上下を返しながら3分くらいかけて揚げる。半月切りにしたレモンを添える
-------------------------------------------------------
(栄養コメント)低カロリーのこんにゃくに含まれるグルコマンナンは、整腸作用やコレステロールを抑える働きがあるので、過剰摂取になりやすい肉類と合わせて調理すると、カロリーや脂質を抑えられます。

2017/06/18(日) ルーベンサンドイッチ
ルーベンサンドイッチi19(ソースだけ)時間15分以内】
sandwichは作るのは簡単ですが、これは特殊なソースやキャベツを挟みます、その分の時間は書いていません。

ドイツの方が作ったsandwichをいただいて主人が持って帰ってきました。おいしくて変わった味のサンドイッチなので、皆さんにお勧めです。

これは最初に作った方は年代もまちまちでわかりません・彼方此方を調べ作ったものでrecipeを載せますね。

今日はソースやなかに挟むドイツのキャベツの漬物などを載せます。sandwichの作り方はこれらとチーズやコーンビーフンを挟むだけです。

------------------
サウザンアイランドドレッシング
材料 (2〜3人分)
マヨネーズ 大さじ2
ケチャップ 大さじ2
牛乳 小さじ1
酢 小さじ2
砂糖 小さじ1
はちみつ 小さじ1
玉ねぎ 大さじ2
塩・コショウ 少々
---------------------
作り方
玉ねぎをみじん切りにし、全ての調味料を混ぜ合わせて、塩コショウで味をととのえます。手で混ぜるなら、マヨネーズは分離するので最初に入れて、あとから足していくとよいです。
焼いたパンの上下につけます。
---------------------
ザワークラウト (Sauerkraut) とは、ドイツにおけるキャベツの漬物
材料キャベツ 300gに対し、塩 小さじ1/2と キャラウエイ 1つまみです。
基本的にはキャベツをせん切りにし、瓶や漬物樽に入れ、適量(キャベツの重量の2%程度)の塩と香辛料(キャラウェイシードはキャベツのサイズに合わせて少々)を入れてよく手でもみ込んだ後水が出れば捨てて、漬物石など重しをのせて押しをかけ、常温で保管する。
私が漬物機で漬けたら一時間ぐらいで、普通のお漬物に使えました。夏季なら3日、冬場でも一週間程度で酸味が出て食べごろになるそうです。 色々な料理に使えますよ、ホットドックや魚や豚肉などと合います。
------------------------------------------------------------

【sandwichの作り方】

★@パンを焼いて、サウザンアイランドドレッシング塗り、それにチーズとコーンビーフ(一人前100gづつぐらいかもっとです)、ザワークラウトを載せます。それを半分に切りますが、たくさんのせるので崩れないいように、つまようじで止めます。
日本ではこのソースは売っているそうですから、ザワークラウトだけです。

2017/06/17(土) 簡単いちごのムース
*簡単いちごのムース* i261【時間10分+冷凍90分】4 人前
 
【材 量】

いちご 250g/生クリーム カップ1/スイート(ローカロリーシュガー) 大さじ3/はちみつ 大さじ1

【作り方】ミキサー→混ぜる→冷やす

★@いちごのへたを取り、水気を切ってミキサーでジュースにする。

★A生クリームにスイートとはちみつを入れて泡立て、 モッタリと泡立ったら(1)を入れ、軽く混ぜて器(直径15cmステンレスボール型が冷えるのが早いです。)に入れ、ラップして冷凍庫で冷やす。
------------------------------------------
(栄養コメント)いちごに栄養価の高い乳製品をプラスすると、いちごのビタミンCが美肌作り、食物繊維のペクチンが便秘予防に働きます。生クリームのたんぱく質は、血液や筋肉を作り、カルシウムは骨を強化します。

2017/06/16(金) 巻き鶏の照り煮
*巻き鶏の照り煮* *i241【時間20分】(残ればお弁当にピッタリです。)                                      
【材量】

 鶏もも肉 1枚/こしょう少々

【A酒 C1/水 C1/砂糖 大2/しょうゆ 大1・1/2/みりん 大1/ガーリックパウダー 少々】

【作り方】下ごしらえ→焼く

★@若鳥もも肉にこしょうを軽く振り、手前から巻いてたこ糸で4カ所しばる。

★A鍋にAを入れて転がしながら煮て、1p厚さに切る。

【良く合う料理・いわしの天ぷら?(笑)・卵焼き・おしたし・きんぴら・サラダ】これらと一緒にお弁当に。
------------------------------------------------------
(栄養コメント)

2017/06/15(木) 美味しくて簡単お刺身丼
美味しくて簡単お刺身丼* i342【時間20分】【良く合う料理】白菜の漬物や吸物

【材量】

刺身・(まぐろ、はまちなど) 180g/青じそ 2枚/オクラ 3本/ご飯・丼軽く 2 杯分

【A「かつおだし」小 1/4/練りわさび 小 1/2/しょうゆ 大1】

【作り方】刺身・下ごしらえ→盛る

★@バットなどに刺身をのせ、混ぜ合わせたAを上からかけ、15分ぐらいなじませておく。Aの中の「ほんだし」は少しの湯(分量外)で溶いておく。 オクラは塩でもんでから、サッと熱湯に通し、小口切りにしておく

★Aあら熱のとれたご飯に、きざんだ青じそをのせ、その上から刺身を形よく盛り、オクラを散らす
-------------------------------------------------
*まぐろは、良質のたんぱく質、ビタミンD、鉄分が豊富に含まれています。コレステロールの気になる方は、青じそはコレステロールの上昇を抑えるので料理に青じそを添えると良いですね。

2017/06/14(水) さやいんげんのピリッとサラダ
*さやいんげんのピリッとサラダ* i226【時間10分】水気をチャンと切りましょう
------------------------------------------------------------
【材量】

さやいんげん 100g/ ツナ缶・小 1/2 缶/玉ねぎ 1/8個

【Aコーンオイル 大1/レモン汁 大1・1/2/粒マスタード 小1/2/塩 .こしょう 少々】

【作り方】ゆでる-切る-混ぜ合わせ

★@さやいんげんはスジを取り、サッと塩ゆでして水にとり、ザルに上げて水気をきり、玉ねぎは薄切りにして水にさらし、同じく水気をよくきっておく

★Aツナの油をきり、身をほぐしてさやいんげんとあえ、玉ねぎを 加えて混ぜる

★BAをよく混ぜて(2)とあえる

【良く合う料理】洋食の添えに

------------------------------------------------------
(栄養コメント)
さやいんげんはビタミンAや葉酸などのビタミンやカリウム、カルシウムなどのミネラルを含んでいます。

2017/06/13(火) あじのマスタード簡単フライ
*あじのマスタード簡単フライ* i230【時間15分+つける時間】出来上がりが一番です
【良く合う料理】トマト.粉ふきいも.ブロッコリー

【材量】

あじ・中 2尾/コーン油 少し多めに

【A粒マスタード 大1・1/2/中濃ソース 大1】【Bパセリ・みじん切り 適量/パン粉 適量】

【作り方】下ごしらえ→焼く

★@あじは頭を取り、3枚におろす。Aを合せた中に、あじを約30分漬ける

★A(1)の水気をきり、フライパンに油を熱し、Bをつけて両面が色よく焼けたら、皿に盛る。
-----------------------------------
(栄養コメント)あじは脳の働きを活性化させたり、血液の流れをよくするなどの、代謝にかかわるビタミンB群を豊富に含んでいます 。

2017/06/12(月) 豆腐かけそば
豆腐かけそば* i280【時間20分】(1人前)みんなのお勧めです。おいしい

【材量】

木綿豆腐 1/4丁/そば 180g/わさび・そばつゆ 適量

【A鰹だし 適量/塩・酒 ・薄口しょうゆ 少々】

【作り方】いるーゆでる-盛る

★@鍋に豆腐を入れ、くずしながらからいりし、Aで調理する。

★Aそばをゆでて冷水で洗い、水きりして器に盛る。

★Bそばに(1)をかけてさびをのせ、器の縁から、そばつゆを回し入れる。
-----------------------------------
(栄養コメント) 豆腐は、消化のよい良質のたんぱく質や糖質の吸収を助けるビタミンB1、鉄分、カルシウムが豊富です。

2017/06/09(金) かつおのピリッとあえ(new)
かつおのピリッとあえ(new)*i174【時間5分】

【材量】

かつお・刺身用 150g /ねぎ 6cm/レタス4
【A ごま油 大さじ1/しょうゆ 大さじ2/3 /コチュジャン 適量/いり白ごま 小1 】

【作り方】切るあえて盛る

★@かつおは1.5cm角に切る。

★Aねぎはタテ半分にして斜め薄切り、レタスは食べやすい大きさに切る。

★BAを合わせ、(1)のかつお、(2)のねぎ、ごまを加えてあえて、 器にレタスを盛り、これをのせる
------------------------------------------------------
(栄養コメント)
 かつおは血液をサラサラにするEPAや、脳の働きを活性化するDHAを多く含んでいますし、コレステロールを低下させて肝機能を高めるタウリンやビタミンB群、ビタミンDも豊富で、貧血予防にも良いです。

2017/06/08(木) レッドピーマンの肉詰め
レッドピーマンの肉詰め* i250【時間15-20分】
    
【材量】

ピーマン 大 1 個/牛ひき肉 80g/コーン油 少々/パン粉 大1.1/2/牛乳 少々/溶き卵 1/2個/ケチャップ 適量

【A塩 ・こしょう・ナツメグ 各少々】

【作り方】下ごしらえ-焼

★@ピーマンは真ん中を横に2.5cm幅ぐらいに二個に切り、種を取り除く。

★Aポールに牛ひき肉 とパン粉ミルク、溶きほぐした卵を加えAを入れて、よく混ぜ合わせる。

★Bピーマンに(2)を詰め、油を引いたフライパンに並べてミンチに火が通るまで裏返しながら焼く。

★C ケチャップをかけていただく (ソースは好みで)
----------------------------------------------
(栄養コメント)肉料理などのたんぱく質が豊富なレシピは野菜を組み合わせるとカロリーを抑えられるうえ、不足しやすいビタミンや食物繊維を補えます  

2017/06/07(水) 豚キムチ
豚キムチ*i355【時間15分】

【材量】

豚バラ肉(スライス) 150g /白菜 100g /もやし 100g/ニラ 1束/キムチのタレ(市販品) 大さじ3/醤油 小さじ1/2/ごま油 大さじ1 /2/すりごま(白) 適量
  
【作り方】切る→炒め煮→盛り付け

★@豚バラ肉は3〜4cmの長さに切ります。

★A白菜は洗い一口大のざく切りにし、もやしも洗いしっかり水気を切っておきます。ニラも洗って根元を切り落とし、3〜4cmの長さに切ります。

★B鍋にごま油を熱し豚肉を炒め、その後白菜を入れしんなりしたら、もやしを加え、全体にざっと火が通れば、ニラと豚キムチのタレ、醤油を加え、更に手早く炒めます。

★C器に盛り付け、仕上げにすりごまを適量ふりかけます。
---------------------------------------
(栄養コメント)豚肉には良質のたんぱく質、糖質の吸収を助ける働きのあるビタミンB1が多く含まれています。またキムチに含まれるクエン酸も疲労回復に効果があります。

2017/06/06(火) アジのムニエル
*アジのムニエル* i265【時間25分】
【良く合う料理】大根おろし、野菜の煮物

【材量】

アジ 2尾/塩 少々/サラダ油 適量/レモン くし形切り・適量/コショウ少々/ニンニク・1かけ/ねぎ 2本/小麦粉 適量

【Aサラダ油・大1/バター 小1】
【Bバター 大1/塩・コショウ少々】

【作り方】下ごしらえ-切る−焼く−盛る

★@アジは頭とゼイゴ、腹ワタをとり除いて3枚におろし、塩をふる。

★Aニンニクはみじん切りにし、ねぎは小口切りにする。

★B(1)の汁気をおさえ、薄く小麦粉をまぶしつけ、フライパンに(A)を熱して両面色よく焼く。

★C別のフライパンにサラダ油を熱してニンニクを炒め、香りが出てきたらをBを加え混ぜて火からおろし、ねぎを加えてひと混ぜする。

★D器に(3)を盛って(4)をかけ、レモンを添える

-----------------------------------
(栄養コメント) あじは脳の働きを活性化させたり、血液の流れをよくするなどの、代謝にかかわるビタミンB群を豊富に含んでいます

2017/06/05(月) いんげんのからしあえ
いんげんのからしあえi25【時間3分】2 人前

【材量】

さやいんげん 120g /塩 少々

【Aしょうゆ 小2 /酒 小2/ 練りがらし 小1/4 /味の素 少々】

【作り方】マイクロウエーブ→混ぜる

★@ さやいんげんはスジを取り、半分に切り、塩をふってラップをし、マイクロウエーブで二分クック、そして水にさらし冷ます。

★A(1)をしている間にAを混ぜ、冷めたさやいんげんを加えてよくからませる
--------------------------------------------
(栄養コメント)いんげん豆は、特にカルシウムが豊富で骨形成に役立ちます。

2017/06/03(土) スイートブラウン
スイートブラウン*i1,700(1本分)【時間160分】18cm型1台分 (これは好き嫌いがあります)

【材 量】

【A 強力粉 210gの 1/2/玄米粉・・90gの 1/2/ドライイースト・・小さじ 2/黒砂糖・・大さじ 5/牛乳・・80cc (玄米の臭みとりに入れるそうです)/水・・85〜100cc】
 
【B 強力粉・・210gの 1/2 /玄米粉・90gの 1/2/塩・・小さじ 3/4/バター・・20g】
 
【C 黒砂糖・・30g/くるみ・・60g/コンデンスミルク・20g】

【作り方】混ぜる−発酵−焼く
 
★@ Aの材料、Bの材料をそれぞれ別のボウルに計量する
 
★AAのボウルのイーストめがけて仕込み水、牛乳を入れ、木ベラでよく混ぜる (玄米粉が入っている分グルテンが出来にくいので何時もよりよく混ぜる)
 
★BBのボウルの材料を加え混ぜ、台の上でこねる. 生地のなめらかな面を出すように丸めてボウルに入れ、ラップをかけて生地が約2倍になるまで、40℃で40〜50分おく(一次発酵)。

★C生地がふくらめばフィンガーテスト(指先に粉を付けて真ん中にいれて、くぼみがもどってこなければ、発酵が出来ています。) をし、ガス抜きをします。
ベンチタイム・・・15〜20分 (型にバターをぬり、型の底にくるみ→黒砂糖→コンデンスミルクの順に広げいれる) コンデンスミルクはラップに入れて包み1箇所爪楊枝で穴を開けまんべんなくくるみと黒砂糖の上にかける。
 
★D縦15cm × 横20cm にめん棒で四角く伸ばし、手前から軽く巻き込む(硬く巻き込むと生地の目がつまり膨れない)生地がほどけない様に巻き終りをつまみ、断面が底になるように型に入れる 。
2次発酵・・暖かいところにおいて、型の高さまで発酵させる(40℃で20〜25分ぐらい)

★E表面に霧吹きをして、電気で190℃ 23〜25分、ガスなら180℃のオーブンで30分焼く。

☆ 翌日食べる時は 玄米粉が入っているので硬くなるので アルミホイルでパンを包んでトースターで焼いてから食べる 

2017/06/02(金) 鶏ひき肉ロールキャベツ
鶏ひき肉ロールキャベツ i310【時間30分】キャベツが旬の時に試してください、おいしいです。     

【材量】

キャベツ・大きめ 4 枚/しょうゆ 大 1/塩・ブラックペッパー 少々/ 水 C1・1/2/ブイヨン 1

【A鶏ひき肉 150 g/ねぎ・みじん切り  1本/卵 1 個 /パン粉 大4/しょうゆ 大1/酒 大1/ごま油 小1】

【作り方】下ごしらえ→煮る

★@キャベツはブイヨンを入れた熱湯でシンナリするまでゆでる。(このスープ弱火にしておきます。)さっと水をかけて冷ます、水気をふいて固い部分は削ぎ落とす。

★AボウルにAを入れ、よく混ぜ合わせるこのときそいだキャベツの部分もみじん切りにして入れる。

★Bキャベツ1枚に(2)の1/4量を包む。楊枝でとめる。

★C(1)のスープにキャベツを全部並べ、しょうゆ・塩で味をととのえ、約15分中火で煮込む。 ブラックペッパーを振る。好みで食べるときにケチャップとか、主人はゆずからしが好きですが、私はそのままスープと食べると美味しいです
------------------------------------
(栄養コメント)
鶏肉は、低カロリーで糖質や脂肪の代謝を助けるビタミンB1、B2が豊富に含まれていますし、キャベツは免疫力アップに役立つビタミンCが含まれています。いろんなビタミンが一度に取れます。

2017/06/01(木) 肉コウチュンジャン丼
*肉コウチュンジャン丼*i790【時間10-15分】 見かけより、美味しくて(笑)癖になりそうです。

【材量】

肉 100g/ほうれん草 1株/みりん・コーン油 大1/2/コウチュンジャン 大1.1/2/ご飯・ 2杯分/煎り白ごま 大1/2

【A鶏がらスープ 小1/2/ごま油・塩 少々】

【Bねぎみじん切り 1本分/おろししょうが・にんにく各少々/しょうゆ 大1.1/4/ごま油 大1】

【作り方】焼→A→タレ作り→盛

★@フライパンに油を熱し、みりんを入れ、肉を火が通るまで焼き、コチュジャンをからめる。

★Aほうれん草はざく切りにし、Aを加えた湯でサッとゆでる。

★B材料は一人分ずつ、ご飯に(2)をのせ、Bを混ぜ合わせてタレを作り、肉を絡めてこの上に乗せて残りをかけて、白ごまをふる
---------------------------------
(栄養コメント)牛肉には鉄や亜鉛といったミネラル含まれていますし、いろいろな食材を組み合わせて栄養を上手にとりましょう。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.