つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2022年9月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/14 母の日に捧げる名文
2024/05/08 今さらな話が出来る相手
2024/05/05 最高で最強のアサリとひじき
2024/04/24 風が吹き、雨が降り、花が咲く
2024/04/20 真面目な整体院

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2022/09/18(日) 鎌倉殿と台風の気配でモランが泣く夜
数年ぶりに嵌っている大河
『鎌倉殿の13人』の18時の回の前に
UPしたアメブロ
「ワンセルフカードの広場」。

そのタイトルは
『世の中は引き受けたくないけど
 引き受けなくてはいけないことがある』。

今日の『武士の鑑』の
登場人物達の内なる声を
集約させたような題名になっていて
わが先見の明にびっくり。
( ゜Д゜)

今回も辛く切ない内容だった。
だって一人も幸せな人は出てこないから。

この大河に嵌ってない人からは
「だったら観なければいいのに」
と言われそうね。
(苦笑)

だからこれに惹かれている理由を
考えてみた。

そこで思い出したのは
ショパンコンクールで日本人として
半世紀ぶりに第二位を獲得した
サムライピアニスト・反田恭平さんのこと。

彼を昨年「情熱大陸」で取り上げていて
ファイナル審査の前日、
半田さんは自身の親友である
ピアニスト務川慧悟さんに
課題曲へのアドバイスを頼んだ場面が
とても私の心に刺さった。

務川さんは
「なにか、痛みみたいなものが欲しい。」
と伝え、
必死の表情で鍵盤を押さえ、
非和声音を奏でていた。

※非和声音とは
 コードトーンから外れた
 不協を感じさせるメロディ音

天才同士のがっぷり四つの
静かな対決を見て思ったことは
「もしかしたら、
 強く心惹かれる物には、
 この『痛みみたいなもの』
 が内包されているのかも」。

ポルトガル語で表現される
「サウダージ」かな?
日本語では郷愁?、
いや、そんな甘いものではない。
なんだろう?
心を突く痛みのような感覚?

とにかく鎌倉殿はそんな私の中の
何かを妙に刺激してきて
毎週日曜の夜は
不思議な楽しみになっている。

特に今日は大型台風の本州接近で
明日も明後日も悪天候と
天気予報は告げているし、
弔い酒抜きの鎌倉殿だったしで、
(化学療法の副作用でけだるくて
 珍しく肝臓を労わり断酒)
まるで遠い山の中でモランが
一人遠吠えしている
(泣いている)ような
雨と風と雷音の一日だった。

※モランとは
 『ムーミン谷の彗星』に出てくる
 全てのものを凍らせる冷気をまとい、
 いつもひとりぼっちで、
 明るく温かいものに憧れる魔物

そんな今日の夕飯のお供は
卒業生から昨日届いた
奇しくもムーミン谷の人々の
来年のカレンダーの包みの中に
入っていた折り鶴。
こんなのが
心に沁みる連休中日。

【補記】
(1)9/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)認定トレーナーの開講日程 を8/28付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/ 


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.