つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2021年4月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2021/09/24 銀河からやってきた犬
2021/09/20 天国からの臨時収入
2021/09/18 瀬戸内海のオリーブ園に惹かれて
2021/09/07 大福大名
2021/09/04 赤い食べ物の夏

直接移動: 20219 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2021/04/27(火) Want to understand you
(食べ物のことが多くなっている
このブログだけど
今日はちょっと真面目な話)

私が去年くらいから
よく見るようになった番組は
「町中華で飲ろうぜ」。

それは私がのん兵衛だからだけど、
もう一つは
メインの玉袋筋太郎さん、
通称玉ちゃんの
べらんめぇさと
独特の品の良さの混在に
惹かれるから。

どんな育ち方をした人なんだろう?と
ふと気になって今日検索したら
婦人公論の2年前の記事が出てきて、
家族のことをカミングアウトしていた。
https://fujinkoron.jp/articles/-/394

中々骨太の文章で
彼の突っ張った元気さと
泣いた後のような表情の一端に
近づけた気がした。

人との交流の根本って、
こうして誰かが
誰かを理解する道のりなのかもね。

玉ちゃんがあえて身内の恥部を
ネットで5ページにも渡って
公開したのはやっぱり誰かに
「理解されたい」からでは?。

「理解されたい」という気持ちは、
人間にとって「愛されたい」
という気持ちと同じくらい、
大きくて、尊いことでは。

なんてことを思っていたら
午後に25年以上前の卒業生から
お子さんのことで
ご相談メールが入ってきた。

人間関係に躓いてしまった様子。
ご両親が通ってきてくれた
あのスマホも
ネットもない時代に比べて
価値感も情報も余りにも多くて、
個人の気持ちの大切さが
見失われがちな今だけど、
人の気持ちの大事な部分は
変わらないんじゃないのかな。

そしてそれは
「理解されたい、愛されたい」
ではないかな。

画像は庭の落ち椿。
北向きのうちの庭は
日当たりが悪く寒いので
咲くのも散るのも遅くて
今頃散っている。
掃いて捨てる直前に
その美しさにハッとする。
この花たちも
「私の美しさを理解して」
とでも言っているよう。


【補記】
(1)4/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)認定トレーナーの開講日程 を4/27付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/

2021/04/18(日) ただ買いたくて、バナナ焼酎
いつからだろう
「自分ご褒美」という言葉が
一般的になったのは。

企業のほうでも
「がんばった自分へのご褒美」
という言葉を使って
巧みに誘ってくる。

こんなことを思ったのは
この前ネットでたまたま
バナナのラベルが可愛い焼酎を
見つけてしまって
買いたくなったのだが
「いやいや、
4/14のズームでの集いが
無事に終わってからの
ご褒美に注文しよう」
と思いとどまった。

そして数日して思ったのは
「別に飲みたければ
そんなに高いお酒ではないから
買えばいいんじゃないの。
自分にお世話を焼くことに
なんで罪悪感を持つの」。

それで購入ボタンを押したが
届くのに時間がかかって
結局今日到着したので、
速攻開封。

飲んだ頭で思ったこと、それは
「そもそもがんばった自分への
ご褒美なんて言わなくていいはずだ」
ということ。

私の場合はだいたいそういうことを
言っている時は何かの言い訳だ。
(;'∀')

今日はちっとも頑張らなかった
なんでもない日曜日だったけど、
それに乾杯。
(^^)/

ちなみにバナナで作られたのでなく、
純粋な焼酎だけど
フルーティな香りという意味での
バナナのラベル。
勿論、うまし!!

【補記】
(1)4/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)認定トレーナーの開講日程 を3/27付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/

2021/04/11(日) 春の贈り物
えてして人は自分が
してあげたことは覚えていても
人からしてもらったことは
結構忘れてしまったりするもの。
少なくとも私は・・・。
すみません。
m(__)m

そのため備忘録として
この春に頂いたハーバリウムと
焼き菓子のことを書いておく。

送ってくれたのは随分昔に
足繁く通ってくれた卒業生。
植物標本のほうは
25年位前の男性から、
お菓子は20年位前の女性から。
それぞれ
「なんだか送りたくなって」
というような添え書きが
あったのも嬉しかった。

お金を「どう節約するか」については
沢山の専門家がいるけど、
「どう使えばハッピーになれるか」
を教えてくれる人はあまりいない。

でもきっとこの二人は
それを自分の中でつかんでいる、
そんな豊かな人たち。
だから私も
自粛ムードだけど幸せな春。

これを読んでいる皆様も
ささやかでいいから
人に親切にしたりされたりの
心豊かな春を過ごしましょうね。
(^^)/

【補記】
(1)4/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)認定トレーナーの開講日程 を3/27付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/

2021/04/04(日) 自家製山椒粉
私のブログやFacebookを見て
「料理嫌いとか言いながらも
 よくやってますよね」
と時々いわれる。

自分で言うのもなんだけど、
確かにぃ〜。
(;^ω^)

主な理由は節約と健康のため。
でももう一つの理由は
大好きな春樹氏の
小説の主人公たちは
自分を見失いそうなとき、
必ず家のことをしているので
あやかりたいから。

じわじわ増える感染者数で
自粛状態が続きそうなので
今日はちょっと早起きして
庭の山椒のとげを避けながら
その若葉を摘んでみた。
(実がならなくて
 葉だけ生い茂る我が家の山椒)

これをテレビでこの前覚えた
電子レンジで粉にすることに。

しかしチンして気づいたことは
母が生前使っていたすり鉢に
カビが生えていたので
前に捨てたのだった。
(-_-;)
でもざると手を使ったら
結構細かくて
いい香りの粉が出来た。
(^^)/

サラダに早速かけて
自己承認の夕飯。

夜のニュースを見ると
各地お花の名所とか
言っちゃなんだけれど
すごい人出。
(;^_^A

心が元気な自分と巡り合うには
遠出をしなくても
家のこまごましたことをやるのも
私には結構有効な方法。

とにかくなるべく明るい心で
それぞれの緑の季節を
過ごせますように!

【補記】
(1)毎月1日配信の一言メルマガ発行
 『ONEパラダイム』の読者登録は
 https://www.mag2.com/m/0000079336.html?l=sih0002de5

  バックナンバーはないので読み逃した方は
  今月号の下記(2)のHPトップで

(2)4/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(3)認定トレーナーの開講日程 を3/27付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.