つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2021年10月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/14 丸ごとの幸せ
2024/06/09 夜の銀座
2024/06/02 大変な私と付き合ってくれる人達へ
2024/05/25 銀座で三つのモリ
2024/05/14 母の日に捧げる名文

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2021/10/25(月) トンボロという言葉と意味を知った日
秋らしい日差しが降り注いだ
一昨日は神楽坂へ。

目的は和みアート(パステル)等を
習いに来てくれていた卒業生の
絵のグループ展。

一緒に観るために
別の卒業生も誘ったので
数日前からプチ遠足気分だった。

二人は私の退院直後、
だからおよそ20年前に
通い始めてくれて、
当時は20代だった彼女たちは
苗字が変わり、母になり。
それでもご縁が続いている人たち。

くるちゃんは
前に群馬にいるお母様も
セミナーに誘ってくれたので
お会いしたことがある。

一緒に行ったおーちゃんは
彼女の結婚式の主賓スピーチを
仰せつかったことがある。

http://diary.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/masako-9/?Y=2011&M=12&D=4

だから二人に対して
私は勝手に魂の親戚気分。
(#^.^#)

今やくるちゃんは
パステルと切り絵を融合して
独自の世界を切り開いて
海外コンクールで何度も入賞。

おーちゃんは精神科ナースの
キャリアを重ねながら
ご家族でサンフランシスコへ渡り、
数年前に日本に帰ってきた。

と、華々しい経歴なのに
どちらもいつも飄々としているので
安心して連絡を取ることが出来る。
(#^.^#)

さて土曜はくるちゃんのご主人や
小さなお子様二人も同行、
という流れになり
「さてランチ、どうしよう?」
と思ったけど、
現地でぱっと目に入った食堂
「離島キッチン」には
奇跡的にお子様用メニューがあり、
たった一つあった
大テーブルも確保でき、ホッ。

ギャラリーを出て入った名物喫茶店も
丁度カウンターの席があいたところで、
美味しい珈琲と手作りプリンを頂けた。
と、何もかもスムーズな一日だった。

ところでこの喫茶店の名前は
「トンボロ」。

はて???。
耳慣れない言葉なので
帰りの電車の中で検索したら
これはイタリア語で
海の潮が引いている時にだけ
表れる砂の道のことだそう。

だから「トンボロ現象」とは
普段は陸地と陸地が
海によって隔たれているのに、
干潮時になると海から道が現れて、
離れていた陸地と陸地が繋がることで、
日本では江の島とか堂ヶ島等、
世界的には
モンサンミッシェルが有名だそう。

そう思ってみると
小さいお子さんの育児と仕事の両立で
お忙しい二人と日程が合い、
お天気にも恵まれ、
数年ぶりに再会できたのは
まさに「トンボロ」だった。

「誰の人生にも時々こんな
トンボロ現象がひょいと顔を出す。
だから海の中から砂の道が
現れたら渡らないとね」
と傾いた西日が差し込む
電車の中で噛みしめた1日だった。

※訪問した作品展は
 10月27日(水)15:00まで
 「平和のカルテット 4人展」
 @神楽坂 フラスコ
 ↑
 フェイスブックにイベントページあり
 
【補記】
(1)10/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)認定トレーナーの開講日程 を9/26付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/ 


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.