つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2021年10月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/14 母の日に捧げる名文
2024/05/08 今さらな話が出来る相手
2024/05/05 最高で最強のアサリとひじき
2024/04/24 風が吹き、雨が降り、花が咲く
2024/04/20 真面目な整体院

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2021/10/21(木) この世というメビウスの輪に献杯
今週は同病の卒業生の
訃報が届いたのと
秋を通り越して
初冬の気配なので
夏の終わりに買い込んでおいた
日本酒の登場回数が増えた
我が晩酌生活。

その訃報とは
秋葉原に事務所があった頃、
遠方から公開講座に足繁く通い
ほぼ全制覇をしてくれた女性。
一昨年から乳がん他
いくつかの疾患を抱えながらも
「社会復帰に向けリハビリ中」
とご本人から聞いていて
今年のお正月にも
メールでやり取りをしたが
その後連絡をせずにいたら
別の卒業生が先月に亡くなったことを
教えてくれた。

そしてもう一つの訃報は
知り合いではなく
直木賞作家の山本文緒さんの
すい臓がんでの死去。
丁度自分が退院した頃、
山本さんはうつ病になり離婚もなさり、
それでも独自の価値観で
女一人が筆一本で生きているので
注目していた。
その後彼女は再婚し
破竹の勢いで執筆をしていて、
それも密かに喝采を送っていた。

こうして訃報を自分の胸に
刷り込んでいくことは
単純なポジティブシンキングの人や
何かの病いのビギナーは
眉を顰めることかもしれない。

でも私にとっては意味あること。
それは小さく驚くことが
最終的には「驚かされなくなる」
と合気道の達人が言っているから。

「驚かなくなる」でなく
「驚かされなくなる」がミソ。
驚かなくなるのは
単に知性が鈍感に
なっているだけだから。

とにもかくにも
この世はメビウスの輪。
生きていくということは
死んでいくということ。
死ぬということは
またいつかどこかで生きる、
ということ。

こんなことを思っていると
酒量はおのずと増えるので
またまとめ買いの算段をする夜。

【補記】
(1)10/1付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)認定トレーナーの開講日程 を9/26付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.