つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2020年1月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/04/07 さ、ごはん、食べよ
2020/03/29 この国の空気
2020/03/22 静かな桜見物風景
2020/03/17 クリスマスローズの花言葉
2020/03/12 つまらなくしているのは・・・

直接移動: 20204 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2020/01/12(日) 初めてのような懐かしいような神社
凝り性の私は初詣も
何年も同じところ。
青春時代は出身高校の
裏手にあった神社に、
起業してからは
オフィス近辺の明神様一本やり。
しかし事務所を閉め
2年続いた喪もあけた今年は
神社への親近感というか
好みも変わったようで
ふと子供時代を過ごした荻窪に
無性に足を運びたくなった。

ただ住んでいたのは
戦前からのボロボロアパートで
両親は住所を広島の本籍地から
移してなかったので
半世紀以上が経った今となっては
一体どこに住んでいたのか???。
もっと聞いておけばよかったね。

調べると荻窪付近に神社は複数・・・。
まぁこれから毎年一つずつ行けば
どこかで幼い自分が会っていたはずの
神様に巡り合えるのでは。
苦笑。

ここ数年新年を迎えると
ひしひしと押し寄せるのは
「生きている時間が減っていく」
という厳かな実感。
 
あとあとのために、
「とっておこう」というのはいい。
でもその「あとあと」が
あんまり後になると、
できない体力になっていく。
だから「えいやっ!」と腰を上げ、
何年も仕舞い込んでいた御朱印帳を
ひっぱり出して先日行ってきた。

北風が強くて寒い日だったけど
随分と太陽の光がまぶしかったので
帰宅して調べると詣でた1/5は
1年の中でも「最も大きな太陽」が拝める
「近日点」というめでたい日だった。
http://turupura.com/new/2020/2001_01.html

行った神社は住宅街に
ひっそりと存在する小さいところ。
帰りに街を少し歩くと
ある商店街の通りは記憶のかけらが
ちらちらと輝くような気がした。

【補記】
(1)1/11付でHP更新
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)認定トレーナーの開講日程 を12/27付で更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   https://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.