つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年7月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2018/11/15 クレンズな日
2018/11/08 話供養と還暦祝い
2018/11/06 たぬきからの手紙
2018/10/29 新しい街と歩む
2018/10/22 100日目指して、あることにチャレンジ中

直接移動: 201811 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2018/07/02(月) 人生に時々、訪れる聖水を感受しよう
昨日配信のメルマガ(って、短いメッセージ)
にも書いたけど
http://archives.mag2.com/0000079336/index.html?l=sih0002de5
このところ
受け取るレッスンの日々。

久しぶりに開催の
土曜の勉強会には
可愛い缶入りお菓子を頂いた。
そしてその最中にも
ある方からお香典が現金書留で届いた。
ありがたい。
m(__)m

下記の話は前にも何度か書いたり、
講座の中でもよく話す私の体験談だけど
再度書いてみると、



ずっと昔、たぶん、30年くらい前、
バリ島に友人夫婦と行ったとき、
泊まったコテージのオーナーの案内で
夜の村祭りに参加した。
民族衣装を貸してもらい、
屋台の海亀の串焼きをおごってもらい、
バリヒンズーの儀式にも参列という流れ。
あまりにいろんなことをしてくれるので
おどおどしていた私たちに
バリ人と見分けがつかなくなっている
鈴木さんというそのオジサンが
低い声で静かに教えてくれたことは
「ただ、両方の手を広げて
受け取ればいいんですよ。
ひざまずいて、感謝して、天を見上げて。
もうすぐ聖水がかかりますから
おでこでそれを受けてください」

この時のことを思い出すと
今でも肩の力が抜けて
深呼吸したようになる。

そうだね、
なんでも受取るときは
うろたえてはいけない。
人生の贈り物は唐突にやってくるものだから。
そして何かの形で
またそれをお返しするときが
必ずやってくるのだから。

自分とその人、または別の人のために。
ある時間を経て、
いくつかの人生を廻った後に
それは必ずやってくるものだから。

写真は昨日の夜に愛知から届いた
手作りの蓮の花。
心なしか遺影の母も喜んでいるような。

【補記】
(1)会社のHPを7/2付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)6/28付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.