つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2018/08/14 お盆にゼリーはよく似合う
2018/08/10 ドラッカーの質問を思い出す夜
2018/08/03 料理と研修準備の共通項
2018/07/29 虹色ガラス、とうちゃこ〜!
2018/07/25 滝汗@極楽寺

直接移動: 20188 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2018/06/05(火) 落ち着かない時間を埋めるグツグツグツ
母の症状のことは
昨日アメブロに書いた通り、
→ https://ameblo.jp/oneself2012/entry-12381243855.html
いよいよカウントダウン。

ついに昨日の夕方、
あと2日くらいかも?と連絡が入り、
夜まで付き添ったが
昨日は変化なしで帰宅。

いつかかってくるかわからない
良くない知らせを漠然と待つ、
というのは思いのほかストレスね・・・。

加速度的に携帯の蓋を開ける回数が増え、
外の自転車のベルや
隣の家の目覚ましの音も電話の音に聞こえてくる。

そんでもってメール仕事や事務作業も
手に付かなくなり、
息も浅くなってきた自分に気づき、
いかんいかんと思う。

そこで思い出したのが
尊敬する糸井さんはほぼ日の仕事で
忙しくなってからの夜中に豆を煮たり
ジャムを作ったりするようになったということ。
→ https://www.1101.com/store/oragajam/2014/itoi.html

そうしていたらタイミングよく、
先日パンを持って行った近所のオジサマが
→ http://diary.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/masako-9/?Y=2018&M=6&D=1
ご自身の庭のビワを
「小粒だけど一杯今年はなった」
と持ってきてくれたので
コンポートもどきを作ってみた。
色んなものを適当に入れてグツグツグツ。

それで勢いがついて思いついたのが
この前家の裏にある葉っぱを切った時に
よい匂いがあってわかったのだが
なぜか小さな山椒の木が生えていた。
だもんで若葉をとって
めんつゆを適当に入れて
これもグツグツグツ。

どちらも山のように出来たけど
我ながら美味しく出来た。
(*^^)v

上記のサイトで糸井さんが語る
ジャム作りの良さは

・真面目に一生懸命やると美味しいものが
 そんなに難しくなく出来る

・ほかの仕事をしなくてもいい理由になる
 
確かに〜!

なんだか清く
正しい暮らしをしているような。

とにもかくにも親が危篤でも
お腹はすく。
それが庶民の底力だわよね。

【補記】
(1)キャンサーサバイバーとしての気づきを綴る
  ブログを5/31付で更新
  http://masako9.cocolog-nifty.com/blog/

  ↑
 Facebookで沢山の「いいね」を頂き、
 ありがとうございます。m(__)m

(2)会社のHPを6/1付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(3)5/26付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.