つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年4月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/22 三冠の梅酒を頂く
2020/02/10 超絶技巧の贅沢霜柱
2020/01/28 小さな春からのメッセージ
2020/01/22 命とか希望とかピザとか
2020/01/15 温故而(しこうして)知新

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2018/04/20(金) ゆでもんは奥深い
独り身で青菜をゆでるのは
案外めんどうな作業。

だから冬の間、ホウレンソウは
冷凍食品を利用していたが
やはり今一つで飽きてしまった。

春になり店頭に春の菜っ葉が艶やかに
並んでいるのを見たらやはり
ちゃんとしたのを食べたくなった。

そして母が読んでいた雑誌のお古を
捨てる前に斜め読みしていて
下記の文章をみつけたら
俄然ゆでたくなった。

”どうかなと確かめながら
 一生懸命ゆでることです。

 ゆでるというシンプルな調理を
 簡単なことではないと知っている人が
 お料理上手です。”

 〜by 土井吉晴(暮しの手帖・2018年早春号)〜

この奥深さはいろんなことに通じるなぁ。

ところでスーパーの春の葉っぱ類の横に
みたことがないタレがお薦めとして並んでいた。
ついついその戦略にはめられて買ってみたら
美味しい〜。
200円で久々よい買い物(*^^)v
たれだけでなく炒め物にも使えるし。
博多にあるメーカーが
作っているみたいだけど
料理下手な私にはたれと出汁が大事。
(#^.^#)

※くばらのキャベツのうまたれ
 https://www.kubara.co.jp/products/archives/89

【補記】
(1)会社のHPを4/1付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)3/28付で認定トレーナーによる
   全国のワンセルフカード セラピスト認定講座の
   開講状況を更新
   http://orion-angelica.jp/oneselfcard/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.