つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年5月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/22 大雨の夏至遠足
2024/06/14 丸ごとの幸せ
2024/06/09 夜の銀座
2024/06/02 大変な私と付き合ってくれる人達へ
2024/05/25 銀座で三つのモリ

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2017/05/13(土) 「だから食べる」と言える強さ
両親の老化で先の状況がつかめないため、
公開の仕事をストップしてから数ケ月が経過。

とはいえメール処理や発送業務は
通常通りやっているし
時々事務所にも行って
郵便物をチェックしている。
そんな合間に母の入院先から
電話がかかってきたりもする。
「拘束していいか?」とか、
「入院費が遅延している」とか。
(↑母本人が請求書を失くしている。。。)
病院からの電話は大抵よいものではない。

そしてつくづく思うことは
「こんな状況だからこそ
チンしたものでないものを食べる」ということ。

弟は実はドクターなので
あまりよいことを言わない。
「半年後、母の咽頭がんは進行して
悲惨な状態になるだろう。。。。」とか
「父(←在宅でなんとかやっている)は
もうすぐ歩けなくなるだろう。。。」等など。

それを聞きつつ、適度に受け流し、
ごみを分別し、
冬物と夏物を入れ替え、
天気がよければシーツを洗い、
冷蔵庫を点検し、
生協のカタログをにらめっこし、
買い物に出かける毎日。
それが暮らしというものだ。

そしてこの繰り返しが出来る、
我が脳の強さを褒めてあげよう。
これを頭がいい人は
(↑弟のような人種)
忘れてしまっているかもしれない。

大きな意味で
日本を支えているのは
こうした生活者の馬鹿力だ。

画像は連ドラを見ながらの
ある日の朝食。
「ひよっこ」の魅力に
ジワジワ嵌り中。(#^.^#)

【補記】
(1)毎月1日発行の一言メルマガ5/1配信
   『ONEパラダイム』
   http://archives.mag2.com/0000079336/index.html?l=sih0002de5

(2)会社のHPを5/1付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.