つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/25 銀座で三つのモリ
2024/05/14 母の日に捧げる名文
2024/05/08 今さらな話が出来る相手
2024/05/05 最高で最強のアサリとひじき
2024/04/24 風が吹き、雨が降り、花が咲く

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2016/11/23(水) ふたつよいことさてないものよ
このところ呪文のように唱えている言葉、
それは
 「ふたつよいことさてないものよ」。

これは故・河合隼雄氏
(臨床心理研究家、文化庁長官)
の著書に出ているのと
何かの講演会で実際に座右の銘として
紹介していた言葉。



”私は「法則」は好きではないが、
それでも割と好きなのが、
「ふたつよいことさてないものよ」
という法則である。”
 〜『こころの処方箋』(新潮文庫)

両親のがん問題と仕事のはざまにいる
今の私にとって
上記の言葉を唱えることで
どれだけ気持ちが鎮まることか。

河合氏は講演会で
「この言葉を紹介すると中には
『そんな〜、
もっと前向きに考えましょうよ』
とかいう人がたまにいるが
そういう人は本当の人生の機微を
味わってない人だ」とも述べていた。

確かに。
(#^.^#)

前向きとか後ろ向きとか、
そんな単純な二元論で
世の中は廻ってないわよね。

さてさて今日は酉の市。
(Facebookには
リアルタイムでもう書いたけどね)

今年は二の酉までなのと
今週は仕事を殆ど入れてなかったので
なんとか10時過ぎに着くが混んでる、混んでる。
でも私は横道を通り抜け、
通の(?)行く酉の寺に。
(毎年書いているので詳細は書かないけど
 こっちが発祥なのよ
 → http://diary.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/masako-9/?Y=2015&M=11&D=10

上述のスタンスを踏まえて
お願いでなく真摯にお酉様に
最近のことを報告した。

最後に河合氏の著書をもう少しご紹介。


”この法則の素晴らしいのは、
 「さてないものよ」と言って、
  「ふたつよいことは絶対にない」
 などとは言っていないところである。”

 そんなに固い絶対的真理を
 述べているのではないのだ。
 ふたつよいことも、けっこうあるときはあるものだ。”

たまに、あるといいわね〜。
これを読んでいるあなたにも、私にも
(*^^)v

【補記】
(1)会社のHPを11/15付で更新。
   http://oneself.life.coocan.jp/

(2)公開講座のカレンダー
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.